< >
2014. 09. 06  
毎度直前のアナウンスですみません。来週、お待たせしていました直傳靈氣講習会を行います。

前期
9月12日(金)14:00〜17:00
9月13日(土)9:30〜12:30、14:00〜17:00
後期
9月14日(日)9:30〜12:30、14:00〜17:00

前期後期それぞれ規定により350ユーロ、合計700ユーロです。
再受講は
前期150ユーロ
後期100ユーロ
です。

受講後は施術者として認定され、直傳靈氣研究会から日本語と英語の修了証が発行されます。
この修了証により、世界中で施術者として独立開業できるようになります。

日本発祥の靈氣は日本より海外の方が文字通り100倍有名で、ここドイツでもReikiという単語は普通に通じます。それくらい知名度が高く従事者が多いのですが、そのほとんどが本家から離れたものです。最近、本家である直傳靈氣の知名度が上がってきて、世界各国(とくにドイツが熱心)からティーチャーが日本に熱心に習いにくるようになってきました。

私はドイツで初めて日本人の師範になり、前期後期の講習会を同時開催出来ることになりました。今後は英語で講習会を行うことになると思いますが、日本の文化と日本語の解る日本人の方にお渡しするのを本当はいちばんやりたいのです。

どの宗教にも属していなくて、どのエネルギーワークとも競わない、すべてのハンズオンワークのベースになるものです。5回の靈授を受ける講習会修了後、みなさんはいわゆるヒーリングエネルギーが出せるようになるのですがそれはもともと私たちが持っているのに眠らせていた能力の開花です。

前期の内容は盛りだくさんですが、おもに:

1)直傳靈氣の歴史(靈氣が日本に降ろされるに至った時代背景。これが実は大事)

2)治癒の仕組み(ホメオパシーの治癒の法則もいれて説明します)

2)具体的な治療の仕方:病腺治療と言われる靈氣の本質、頭痛、発熱、痛み、けが、やけど等々に対する対処、といった家庭の救急箱としてのノウハウ、治療の心得など

3)特別なテクニック:血液交換法(というとぎょっとされるでしょうが、血液循環の改善法です。ロルフィングテクニックの一部を伝授)

その他、守るべき戒律など、修身に繋がる靈氣の極意を教えます。

後期では

1)遠隔治療(には呪文やマジックが少々入ります)

2)性癖治療(セクシュアルな意味ではなく、ネガティブ思考の改善です。現代では自律神経失調症や精神疾患の手当に。)

講習をひとことでいうと、
本来の私を生きるために、足かせになっているものを一掃する儀式。

講習会で私が意図していることは、本来の私を曇らせているネガティブエネルギーのお掃除です。(代表者の一人フランクペッターさんは我々は煙突掃除夫だと言ってました。)最近はエネルギーのまわり方から言って煙突掃除というよりは駆逐、という感じになっていて、前に進めないように足かせになっていたことや、ずっと引きずってきたことが振り払われた結果、人生の歯車が一気にまわりだす人が多い。これは受講者の多くの人が実感されていることで、ご本人だけでなくて一緒に受講された方が目の当たりにして唖然とする。そして、以前より今の方がその歯車の回転数の上がり方が格段に速い。

今回日本での受講者はプロが多かったですが、プロに限らずみなさんすごい吸収力で、すばらしい盛り上がりようでした。同期受講者はその後歯車の回転が同期することが多いのですが、やっぱりすごい結束になったようで、私がいなくなったあとも、みなさん方でめちゃくちゃ濃く楽しい時間を過ごされたみたいで、羨ましい。次回の帰国のときには合宿にしようという話もでています。皆様方とはその後もFacebookグループで臨床経験の疑問その他ぶつけ合っていますが、今後も末永くお付き合いしたいと思っています。

だいたい講習会ではどなたか一人がすごく体調が悪い状態で参加されるのですが、今回も講習会の直前に人生最悪の体調になり救急車で病院に運ばれ、そのまま這うようにして参加された方がいて、その後靈授と手当で一気に蘇生して、翌日会った方々が一瞬誰だか解らなかったと言うほど変貌しました。ちなみにその方にはまだまだ続きがあって、今も次々に人生の大転換が起こっています。
「孝美さんのエネルギーワーク、そして言葉は、いつもすばやく私の現実にカタチをあらわすので、そういえば・・と振り返って驚くことが一度ならずあります。孝美さん・・ほんとなにものなんでしょう〜」と先日ご本人から連絡頂きました。他にも急に自分のやりたかった方面の仕事が舞い込んだり、自分でも知らなかった自分の特技や適性がわかってしまったり、迷いが晴れて道が見えてきたり、etc., という方が続いています。

これ種明かしすると、別に私が凄い訳ではなくて、私は場を提供しているだけで、たまたま人生の転機にいらっしゃる方が導かれてその場にいらっしゃるのです。なにかみなさんをみていると契約みたいなものを感じます。

本当によくあることなので説明に私がよく使うのが

チョロQの法則。

人生最大に落ちれば落ちるほど、その後の浮上力がすごい。

ひっぱられてひっぱられて、その反動で自己治癒力の発動がめちゃくちゃあがる人が多いからで、だからよりによって受講前にこうなってしまうかみたいな目に会ったら、それは、ビンゴだ神様からのギフトだと思って小躍りしてください。参り方が大きければ大きいほど蘇生のパワーがUPします。靈授を受けて手当ができるようになった他の皆さん達も、臨床のチャンスを与えられて一石二鳥。

もちろん我々で扱えない症状もありますのでドクターの診断は大事ですが、どうぞ講習会でもロルフィングでも、直前ににひどいことが起きたときには是非チョロQの法則を思い出してください。

ちょうど同僚がこの法則をロルファー用語で
チョロQ=パリントニシティ(2方向性)
八つ裂き=テンセグリティ(多方向への引っ張り合い)
とうまくまとめてくれました。
ニッチさとクレイジーさにかけては私ものけぞるものを持っていて、妙に親近感を感じてしまう東京のロルファー小圷如子(こあくつゆきこ)さん。その地が面白いのに、妙にそれをおとなしくまとめようとしてなかなかHPが作れずにいる彼女に一言:
往生際が悪い。はやくHP作って!
スポンサーサイト
NEXT Entry
スーパームーン
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR