< >
2014. 09. 15  
この3日間でドイツでも日本に続き施術者一期生が誕生しました。

靈授を受けると人生の歯車が一気にまわりだすのですが(これは本来の自分にブレーキをかけるネガティブエネルギーのお掃除をするから)、これは靈授をしている側もおこぼれに預かれるという特典がありまして、私もこの数日はそういうことの連続です。みんなの注目を一気にあつめていた不調にもだえるAさん、ミュンヘンからはるばる参加くださったMさん・・みなさんも今きっとこんな感じなのかな、と思っています。ここ数日目覚ましのなるまえにピカピカ、と光るものに起こされていて、寝不足なんだよーなどとは申さず粛々と早起きしているのですが、複数の参加者が似た光に起こされたと口にしたのにはびっくりしました。

みなさんの煙突掃除がすすむうちに、本来の行に目覚めて光が戻った目を見るのは楽しい。ロルフィングでも、セッションの後に笑いかけてくれるその目の光が見たくて私はこれをやってるんだな、と常々思うのですが、講習会だと、これが一対一でなく複数の相互作用になるのがいい。日本人はとくにお互いが気遣い合って助け合ってくれる。いつも、感動します。

菩薩行。

仏の道で言えば、如来は悟りを開いた仏陀で、
菩薩はまだ修行中の仏陀。

人間界でカルマと生老病死に苦しむ私たちは、
苦しみのない世界をもとめて涙をながすけれど、

悟りを開き、もうこの荒い人間界から解脱してしまった阿弥陀如来は
私たちを救いたいけれど
この世界はあまりにも荒すぎて直接声を届けることができない
と涙を流す。

この慈悲の涙から生み出された千手観音菩薩は、
私たちを直接救えるようにあえてもう一度不浄を身にまとい
菩薩に降りてきた如来。

仏教は深い内容をわかりやすく教えてくれて、感動する話が多い。日本の宗教はこれに神道が加わって土着化して人々に愛されているのですが、いまこのタイミングで、こういう信仰をもつ私たちのルーツを見つめる機会を与えてもらったのはありがたい。講習会の内容はこのあたりが深く関係するのです。

臼井甕男という人は、その人生をかけて菩薩行をやったわけです。そして、その内容を、本当にだれにでもわかるように、それも、自分や他の聖者のような辛い修行をすることなしに、だれでも即座にできるような形にして、残して行ってくれたのです。講習会を開くたびに、このパッケージに愛を感じるのは私だけじゃないと思います。いつもいつも、それを強く感じます。

ロルフィングは魂の問題に身体から切り込みます。アイダロルフは、あくまでも解剖生理学とアナトミーを前面に置いていましたが、彼女の関心はいつも魂にありました。

勉強中のホメオパシーも、身体に現れた症状を手がかりに、魂の救済に切り込む一粒を選ぶ。

直傳靈氣も、前期ではまず身体の手当に終始します。身体の不調を奇跡のように取り除く。

でも、意図は本当は魂の救済なのです。その内容が後期。

私たちは結局魂が救われないと、救われない。
どんなに高級なものを買えても、恵まれた暮らしをしても
人のうらやむ地位を手に入れても。

変な外人に変わったことをされたら、痛みがとれてしまった。
エリートの医者や専門家を渡り歩いて失望したエリートたちが、こうやって私のところに来てくださるようになって、彼らが身体の回復をとおして、ふとインナーチャイルドの記憶や、懐かしい感情などをシェアしてくれるようになると今度はメンタルの開放に関心が行くのを見て、そうするとやっぱり、身体は魂の器だなと、感じるのです。

臼井甕男という人を通して私たちに降ろされた、私たちのルーツ。ロルフィング10セッションを終えた方が今度はメンタルの開放をしたいともう1ラウンドリクエストされるときには、それなら靈氣!とお勧めしたいのですが、これがすんなり通じるようになるのにはまだもう少し準備がいるんだろうな、と思います。
スポンサーサイト
NEXT Entry
占いとの付き合い方
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR