< >
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. 09. 20  
風水騒動をきっかけに、己を振り返ったこの数日。

風水鑑定には土地の地形や方角、部屋の間取りだけじゃなくて、生年月日から割り出す運命盤(四柱推命)が必要だそうで、それでつい自分の運命盤を見ることに。これ別に初めてじゃなくて、思春期に誰でも一度はハマる占いブームの時に知ったわけですが、他の占いと違ってあまりにも絶望的な正確さと容赦ない宣告で凍り付いたのを覚えています。

気の毒なのは、命式の説明の例に上げられている有名人。これ機密事項じゃないの、ていうことがガンガン暴かれてる。成功している人ならめちゃくちゃ得意になるでしょうが、逆パターンとして紹介された暁には、どうやって立ち直ったらいいの。

風水も四柱推命も気学なので、5行のバランスを重視します。
(ついでに靈氣も東洋医学も気学です。)
5行をつかうと、相性占いどころか病気の傾向やら人体や国の成り立ちに至るまで、ありとあらゆることが説明出来てしまう。5行がうまく流れるようにすれば生命力があがり、運気も上がるし、病気は良くなるし、悩みは全部解決する。5行が相生関係にある人とは相性がいい。要するに5行がうまく流れるようにバランスを整えればいい。

これは筋が通っている、真理だ、と思って自分の命式とやらを作ってみて愕然。

・・・偏っている。しかも半端なく。

救われたくてだんだん深みにはまり、特殊命式を詳しく解説する専門書に行き着いてついに自分と瓜二つな例を見つけたときの喜び。偏っていても生きてていいのね、みたいな安堵でした。

四柱推命ほかホロスコープもhuman designも命式だけみてもピンと来ないので解説に頼るしかなくて、そうなると鑑定者の価値観をそのまんま受けることになる。鑑定者が思いやりのある人ならいいけれど、そうでない人だともうネガティブな告知が死刑宣告になってしまい、気にするとよけいそこにどんどんエネルギーを注ぎ、ネガティブ思考の現実化に加担することになる。

私みたいにすぐ人から影響をうける人間にとっては、占い=コントロール。

変えようのない運命の傾向というのは、自分が生まれる前に「この行をやって参ります!」とよいしょと背負った業で、これを知るのは自分の行を知る助けになるのですが、これは本人にそこそこ準備ができた状態になってはじめて開示されるのがいいんだろうなと思います。星占いとか血液型占いとか、他愛ないレベルで楽しんでいればいいけど、自分の判断力が鈍ったときに占いにたよったら完全にコントロール下に置かれてしまう。危険。

でも気になるんだよな〜。
いや、正直気にするまいと思えば思うほど気になる。
だから人の価値観を影響をうけないですむように、もっとも当たっていそうな四柱推命とホロスコープは気が済むまで独学しました。これらの持つメッセージがわかるまで。エネルギーの法則がわかると、なんのことはない。超偏っている人は、この偏りがひとつのバランスで、もう開き直ってこの偏りを貫けばいい訳で、これをを均して一般的バランスを求める必要はない、と解りましたが、これが解るまで時間がかかった・・・。

風水も、もう引っ越して来てしまい、部屋の用途も家具の配置も全部決めてからやるものではない、というのが今回の結論。そもそも家の中心のとりかた、方角の出し方という前提からして間違ってたし。あやうくもっとも住みやすい動線をくずしてへんてこな配置にしたりカーテン変えて変な色の置物をそこかしこに置くみたいな世界に行くところだった。ある風水師さんに、「家と人間は共鳴する」と言っていただいて、ホッとしました。私が家から影響をうけるんじゃなくて、私が家に影響を与えればいい。

ちなみに蛇足ですが、四柱推命をちょっとかじったおかげで、人の5行がわかるようになりました。全ての人は無理ですが、だいたい当たる。

例えば壬の人。五行でいうと水+。一般的な解説を無視して私流に解釈すると、芸術家。独特の世界をまとっていて(その世界を一言でいうとindulgence)ものすごく魅力的で、人に夢を与える。手塚治虫が火の鳥で描く変幻自在なムーピーがまさにそれ。個人的に壬の人にはめちゃくちゃ魅力を感じるので、彼らに共通する色を考えていてピンと来て調べたら全員壬だったのでやっぱりと思った。

芸能人だと
小田和正
ぺヨンジュン
福山雅治

この人たちを同列に並べてしまって、
それぞれのファンの方達、本当にすみません。
いや私も好きなんです。

共通しているのが:
自分は相手に夢を与える存在なのだと解っていて、自己主張するんじゃなくて相手の期待を満たすようにサービスしたいという気持ちがある。だから:

穏やかでつかみどころがない
非難しようがない
醜聞がたたない
自己管理が徹底している
で、たぶん超美意識が高く理想が高いから
作品の質がいい。

日本に行ったとき連夜遊びに行って話し込んでいた友達が好きでずっとかけていたhumanを聴いたとき、え、これ福山雅治?とびっくりしました。曲も、歌い方も、声も、以前とまるで違う。これは昭和の元祖フォークロック。アイドルじゃなくて、職人。楽器のこと良く知らないけれど、ギター、弦楽器、キーボード、ベース・・ところどころに入る効果音一つに至るまで完膚なきまでに完璧な曲ばっかり。すっごい〜〜〜!彼がスーパースターだと今頃知って遅ればせながら遡って他の曲も聴いてみたら

squall


同年代だからツボが同じなんだわ。泣いた。とくに蛍。これから一生この曲だけ聴き続けて死にたいと思ったほど歌詞から声から演奏の細部に至るまで何もかも好き。

風水の話していていつのまにか福山雅治のファン宣言みたいになってしまいました。

ちなみに壬って私とは相性最悪です。彼らのまとう雰囲気が私にとってとてつもなく魅力的に思えるのは、私にはこの要素が全くないから憧れてるからなんだろうな、と寂しく納得してます・・・。



スポンサーサイト
NEXT Entry
DECREATION
NEW Topics

Rough Lines
愛着、承認欲求、不足感、分離感、罪悪感・・
エネルギーの法則と人間関係
触ること、触られること〜性の問題について
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式ロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com


・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(東京):

前期12月29日(金)18:00〜21:00
  12月30日(土) 9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期12月31日(日)9:30〜16:00
        
      

直傳靈氣交流会(フランクフルト)




直傳靈氣交流会(東京)


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。