< >
2014. 12. 28  
昨夜ハリーポッターの4作目(ハリーポッターと炎のゴブレット)を観ました。たぶんシリーズがすでにヒットして制作者側に気負いがあったからか全編終始ヒステリックで、なんだか観ていて疲れた。(あとで知りましたが、監督しょっちゅう変わってたのですね。どおりで4作目はどうも雰囲気が他と違って好きじゃない。)例によって大人はみな脇役、信用出来ないし当てに出来ない中で、子どもたちが勝手にしっかりしていく様子が面白かった。ハーマイオニー役の女の子のしっかりさが際立っていて、以前からすごいな〜と思っていたのですが、彼女は実際秀才でしっかりしているみたいですね。

この映画、たぶんいろいろ見方があるのでしょうが、私が面白いと思ったのが、俳優と役柄が同じペースで歳をとっていくところ。制作者側の都合で代役をたてず、俳優をずっと固定して、とくに思春期で声も身体も大きく変わる時期を、生で記録しているところ。

ハリーポッター役のダニエルラドクリフ、もう最初みたときはあまりの可憐さに、この男の子可愛い〜!!と連呼していたのですが、14歳になって、もうおそらくこの頃はすでにスターとして扱われるようになっていて、最初の頃の素人っぽい素直な地より、スターとしての強さとか男っぽさが求められていて、本人いっぱいいっぱい、という感じがにじみ出ていて、それが何とも痛々しかった。

これ映画にするには絶対筋が複雑すぎる( 娘:「そんなに複雑じゃない」)ふだん使わない単語を使いすぎる(娘:「語彙なさすぎ」)と感じていたのですが、たぶんこれこそがイギリス人のこだわりで、彼らにしたらこれが面白さのポイントなのだろうから、と諦めて、昨日からは字幕をつけることにしました。字幕つけてもさっぱりわからないことが多いけれど(娘:「理解力に問題がある」)。イギリス人て、自分たちだけがわかるひねった設定が好きなのです。古城というのは彼らにとって権謀術数、怨念に満ちたマジックの舞台。古びた魔術書を調べるシーンがたくさんあるけれど、これらあながち単なる作者のファンタジーで片付けられないかもしれない。

作者がどこまで本当にマジックの世界にかかわっているか解りませんが、原書にはその辺のキーがちりばめられているかもしれない。たぶんアメリカ語翻訳ではなくて、イギリス語で読まないと拾えないと思いますが。

私のロルフィングの同僚モニカが、motor imagery trainingという独自の手法で何十年も四肢麻痺だった人を復活させた実績は数々のメディアでも紹介され有名ですが、彼女がとても強調しているのが、イメージングなのです。先日Facebookでたまたま彼女のシェアした記事をシェアしましたが、筋肉を使っているとイメージングすることで、実際にジムで筋肉を鍛えるのと同じ効果があるという大学の研究結果が発表されました。ご存知イメージトレーニングの大事さを強調しています。

モニカとはムーブメントのトレーニング中よく一緒に組んでいたのですが、ハリーポッターを観ていたらどうも彼女のことを思い出すのです。彼女は見るからに魔女なのですが、でも彼女の賢いところはこれを魔術に持って行かず、モーターニューロンという極めて科学的な分野を味方に付けたところ。私からしたら、魔術も同じ仕組みに思えます。すぐれた魔法使いになるには、どれだけ一瞬の間にイメージングをくっきりはっきり細部まで正確に再現出来るかにかかってる気がする。

私たちにはそれぞれイメージングすることによって、それを現実に持って行く力があります。その再現力にはやっぱり個人差があって、集中力にも個人差があるのですが、トレーニングで可能です。最近は見えない世界とか、ありえない世界、と言われていたもののしくみがだんだん明らかになってきて、マジックの世界にも実はあまり特別な想いを抱かなくなった。実は我々の目に映る世界と、マジックの世界には、あまり大きな垣根はない。私たちがただ、信じることを止めてしまっただけ。



スポンサーサイト
NEXT Entry
ハリーポッター 5巻 不死鳥の騎士団
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR