< >
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015. 02. 14  
良くなったと思ったら一転して思いがけないことが起こってまた悪化、というのを年始から3回つづけているBさんの続きです。(私のこと誰かの役にたった?と言われましたが、解らない、と答えています。)

セッション後はあぁ楽になった、蘇生した、といって帰られる。1週間後、ベッドのスプリングをいいものに買い替えたらそれがきっかけで再び激痛(その選択をご本人は呪っていた)。それも手当てにより復活したあと、だめ押しの3度目。一週間に一度、激痛の発作に襲われるのです。今回の再発にはさすがの私も驚きました。

激痛を経験したときに気をつけなければいけないのが、中枢神経系の侵害受容ニューロンの過敏化(central sensitization=CS)です。痛みのショックによってある神経系が過度に反応する回路を作ってしまい、原因となる構造や機能が改善された後も、その回路がいつもハイパーになった状態が続いてしまい、ちょっとの刺激で過度に反応する状態を言うのですが、やっかいなことにこのCSはショックな痛みを経験して30分後にはもう構築されてしまうというリサーチ結果もあります。

実はこの例は多くて、というよりほとんどで、慢性の痛みを抱えている方はまずこれを持っている。長年の偏頭痛に悩まされて来た方は、頭痛のわずかな予兆に過敏に反応します。長年の腰痛に悩んで来た方は、一歩踏み出すたびに、痛みの場所に全神経を集中させている。まるで再発をいまかいまかと始終息を詰めて待っているかのように。

Bさんは痛みを無理に耐えた結果更なる悲劇を引き起こしてしまった過去への反省から、今回は即助けを求める作戦に変えました。とにかく副作用云々は後回しでまず痛み止めを注射してCSを防ぐ。その後ロルフィングで蘇生。以前の超強力な痛み止めはその後の副作用に懲りて拒否したところ、今回再び訪れた神経外科医で処方されたのはコルチゾンでした。それで痛みは収まりました。

今回いらしたときの主訴は、痛みはなくなったけれど前腕のしびれをどうにかしてほしい、ということ。

ご本人には申し訳ないですが前腕はまた無視しました。
問題は胸椎4番。

胸椎4番がねじれると、首がまわらなくなるのです。いつもヨガで、首はここから始まってるからここを緩めて、と押さえてまわっているあの部分ですが、このときのBさんも、首に不自然な制限がありました。加えて、麻痺を気にしてしきりに抑えている肘も、昨日から動かないという肩甲骨(肘を上に上げる動作ができない)も、胸椎4番の捻れが関係していることの証明。

頭蓋骨を調整し迷走神経を整え、腕神経叢を救済し、胸椎4番の捻れを取っても、引き続きBさんは首がどうしようもなく辛い、起き上がれない、腕もまったく力が入らない、とおっしゃいます。

こういう場合に行うのが「記憶の塗り替え作業」。
ロルフムーブメントのトリックです。

精油を10本くらい試してもらい、気に入ったというEndoFlexを甲状腺と首筋に塗ったとたんに、首が瞬時に緩み、すべてが楽になりました。そのまま座るように誘導。

ーこれ何?
ー大事な人に、大事な一言が言えなかったんでしょう?
ーそう。
ーあなたは腕に力が入らない、痺れて弱過ぎる、というけれど、これを見て。(彼女が無意識にボクサーのファイティングポジションをしてしまう癖を指摘。)逆なのよ。力が入りすぎているからこれ以上動かせない。動かすには緩めた方がいい。

そして問題の胸椎4番に誘導。

ーここをどうしても閉じたいのよね。ここに戻りたいのよね。(良くなりかけるとすぐ悪くなるパタンを持つ人によくある。)ここに凍り付いたハート*がある。

*ちなみに凍り付いたハートというのはドイツ語だとVersteinerung(石になった心臓)と表現するそうです。凍り付いただけなら溶ける希望がもてるけど、石化したらもう絶望じゃないの。同様に冷たい人はHerz aus Stein(the heart of stone). zum Stein erweichen(石を柔らかくする)といったら、これはもう絶望的に不可能だという意味だそうです。なんて絶望的な国。

ーここをこう持ってくるとどうなる?ここ(腰椎3、4番)も楽になるでしょ?腕はどう?

ー信じられない。ものすごく楽になった。腕にこんなに強さが戻って来た。首も肩もこんなにまわるようになった。

ー大事なものがあるのはわかる。でもあなたはいまのあなたでいることもできるのよ。


ここからは強制的に一ヶ月セッションが空くことになります。休暇をとり旅行に向かった彼女が存分に自然を楽しんで元気で帰って来てくれることを祈っています。
スポンサーサイト
NEXT Entry
日野先生のワークショップ@Forsythe Company
NEW Topics

Rough Lines
愛着、承認欲求、不足感、分離感、罪悪感・・
エネルギーの法則と人間関係
触ること、触られること〜性の問題について
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式ロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com


・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(東京):

前期12月29日(金)18:00〜21:00
  12月30日(土) 9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期12月31日(日)9:30〜16:00
        
      

直傳靈氣交流会(フランクフルト)




直傳靈氣交流会(東京)


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。