< >
2015. 03. 24  
考えない力について考える、ってバカみたいですが。

一昔前までは若者といったら憂国の士で、寄ると触ると議論に明け暮れていたものですが、最近はなんだかこう理論武装して熱く語り合うみたいなことは流行らないのかもしれません。発散したいエネルギーのやり場がなくて抑え込んでるうちに、エネルギー量そのものが減って行っている感じ。あるいは人に向かって放つエネルギーは省エネモードにして、どんどん内向きになった結果、本当は人にぶつければいろいろダイナミックに変わって行ったであろう思考が、出口のない妄想に変わっているのかもしれない。

相手がいないから一人だけで考えるに至った私たちにあっては、頭を使う、ということが最近は即ネガティブなニュアンスを持つようになった気がしています。頭を使う=考え過ぎ=思考(エゴ)に捕われる。思考の奴隷にならずに論理明快でいるってもう大変な努力。

というのも、痛みを感じる・感じないの違いはどこから来るんだろう、とずっと思って来た私が昨日ふと、普通だったらこれは痛いだろう、という状態にもかかわらず痛みを感じないという方に何故痛みを感じないのかを訪ねたら、即「考えない、忘れる」という単純明快な人生指針を頂いたからです。

考えない力。
忘却力。

なんだかものすごく強い意志を感じます。我々の考えのほとんどが思い込み、エゴの堂々巡りなのだから、考えなければいい。That's all. 過去の嫌な経験にいつまでもいつまでも捕われるトラウマスパイラルに陥らない。忘れればいいから。

てね〜、いやそれが出来れば苦労ないんですけど〜、と思わず弱気に反論したくなりましたが、いや実際そのチョイスの結果、痛みに縛られない生活を送っているその方を前には何も言えません。

実際娘がそうなのです。彼女は、過ぎてしまったことをいつまでもくよくよ思い返しては何度でも落ちられる私が理解できません。3歳の彼女に言われたことがあるのです。「お母さんて気にするよね。私気にしないの。心が重くなるから。」娘語録の中で、これが破壊力ナンバーワンでした。これ本人見ていて解るのですが、本当にそのとおりの生き方しているのです。過去の失敗や嫌な出来事は、反芻しない。そういうことに興味が向かない。即切り捨てる。過去の後悔というのは自動的に起こるもの、トラウマというのは自然に育ってしまうもの、と当時思っていた私は、そういう生き方ありか・・と呆然としました。

もうどうにもならない痛みを抱えてドクターのところに駆け込んで診断を仰いだところ、検査結果異常なし、ストレスから来てるからストレスなくしなさい、と言われてこのドクターの存在理由を疑ったという冗談みたいな実話がありますが、娘はこれを言い放つタイプの人間。考えない力と忘却力を教えてくださった方は、天然の娘とは違ってもっと努力で築き上げた技術という気がしますが。

神経質、という単語がありますが、これよく言ったもので、神経質というのは神経がハイパーになりやすい性質を持った人のことを指します。神経がハイパーになるということは、もちろん痛みも感じやすくなる。痛みを感じやすい人は、やっぱり神経質。あとは一点集中型。目標達成型。これが悪いとは言いたくないのです、この性質を持つ人はやっぱり痛みに苦しみやすい特徴があるので、痛みが現れたら、自分の中に過剰なものがある、スローダウンしよう、と捉えるといいかと。

武者小路実篤の人生論に、痛みについての考察があります。「神経は肉体の苦痛を引き起こす。痛みが起こるのは身体が悪いからだ(=神経が悪いんじゃない)。だから(痛みを取りたかったら)健康になればいい。」ざくっというとこういう内容です。武者小路実篤はこういう身も蓋もないことを自信満々に堂々と言い放ってしまえる人で、膨大な著書で「考えない力」を見せつけてくれる。この人の破壊力には本当に楽しませていただきましたが、このおめでたさに救われる病んだ現代人て案外多いかも、と思います。

スポンサーサイト
NEXT Entry
直感-感性
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR