< >
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015. 04. 12  
昨晩公演のあと、一緒にいった友人と深夜1時半過ぎまでカフェで話しこんで帰ってきました。カフェでお茶一つで深夜まで楽しく安全に過ごせるっていうのはありがたい国。

彼女から頂いた言葉で忘れてはいけないと強く感じた言葉があったので書き留めておきます。

セラピストは、言葉にはしないモラルの部分が大事。

彼女に言われて、それね・・と重い口を開きました。私たちにはそれぞれ持ち場というものがあって、その持ち場それぞれに、これは前提になるモラルがある。あまりにも当たり前ですが。

セラピストは舞台で言えば間違いなく裏方です。裏方には裏方のモラルがある。彼女曰く、このあたりの自覚はドイツ人の方がしっかりしている、ということです。日本では容易に簡単に誰でもセラピスト、みたいな風潮を昨今感じるのですが、そして実際セラピストは誰でも簡単になれるのですが、これが信頼出来るセラピストとなるとまるで違う話になってきます。このあたりは自分で書いていて耳が痛い。でも、都合が悪いと避けて通れない。

私は施術者として、我の充足のためにやっているのか。私が救われたくてやっているのか。自己実現のためにやっているのか。

大抵セラピストになりたい人は、まず自己の救済が必要でこの世界に入ってきます。人を救うためだけに天界から降りてくる菩薩様のような方はめったにいない。それがいけないわけじゃない、それをちゃんと自覚しているか。

自分がどこまでできてどこからできないかを自覚しているか。

セラピストという持ち場についての自覚です。人をどこまで引き受けるか。どこまで助け、どこまで導けるか。そしてどこで離れるか。その人に対する自分の持ち場についての自覚がモラル。

当たり前のことなのですが、いろいろなワークショップやセミナーを開催している人を見ていると、なにかこの当たりの前提を飛ばして無邪気にやっている人が多い気がしています。どんなにいいテクニックや内容を伝授していても、それはそれで素晴らしいことでそれでいいのですが、でもその人のセラピストとしての持ち場に対する取り組み方の甘さみたいなものが透けて見えてしまうと、なにかその人に対する強い不信が残ってしまうのです。内容だけをありがたく頂いていればいいものを、なんでこんなに後味悪いんだろう、私だけのこだわりか、と思っていたのですが、彼女から言われてつい反応してしまいました。

これは我があってはいけないとか、手助け第一のために自己は脇に追いやる、みたいなルールを自分に課す、というのとは違います。どうもこういう世界は相手をコントロールしたいというパワーゲームに陥ったり、自己犠牲や共依存のパターンを繰り返したり、ということに陥ってややこしくなることも多いので。

セラピストとして、というか人間としてシンプルにいられるために大事なことを教えてもらいました。

自分が「頂いている、生かされている」という実感がもてたらそれがすべて。今、この瞬間、その実感とともにいられたら、すべてが単純で、楽になる。この感謝の気持ちはすぐに忘れてしまうのだけど。

言われてハッとしたのですが、同感です。これだけお導きとしか思えないことばかりで出来上がっている人生を歩んでいながら、言われないとすぐ忘れて、「〜しなきゃ」ともがいてしまうのだけど。自分を見失っている時って、この感謝の気持ちをどこかに忘れています。あとから振り返るとどうでもいいことであがいている。そのときは全然その状態が見えていないので、あらためて第3者からはっと気づかせてもらえるって本当にありがたいと思います。



スポンサーサイト
NEXT Entry
フランクフルトの郊外に住む
NEW Topics

ホメオパシートーク(風邪とインフルの予防と対策)のお知らせ
地球に着地を促す・・・ オーク
手放す時・・ エメラルド
カルマを暴き浄化する・・・ レインボー
Comment
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Re: No title
>  興味深く拝読しました。この世で人と絡み合っていくときには真芯まで触れ合う時や、破壊しながらの関係もあるのでしょうね。それぞれ人種の歴史で培われた誕生から死にいたるまでの思い込みの意識構造は人を天使や悪魔の顔と活動のシナリオをそれぞれに分け与えてくれているようです。シナリオは必然的に発生するメカ二カルな記述以外の何物でもないので、それに付随して沸き起こる何かが人をして関係性の中で立ち位置を決めているんでしょうね。
> その何かは、死んでみなければわからない、、、別れてみなければわからない、、壊してみなければわからない、、。生まれて見なければ、出会って見なければ、作ってみなければ、、わかららないことがわからない。
> ・・・とか。自分に向けてのメモで失礼します。
> 夏を楽しみにしております。

文天さま
読んでくださって、そして壮大な宇宙観をシェアしてくださってありがとうございました。そうなんです。関係性のことについて考えていました。ふたを開けてみないとわからないですね。その解らなさを楽しむ為に人間やっているのかもしれません。私もお会いするのを楽しみにしています!
Re: No title


文天さま
読んでくださって、そして壮大な宇宙観をシェアしてくださってありがとうございました。そうなんです。関係性のことについて考えていました。ふたを開けてみないとわからないですね。その解らなさを楽しむ為に人間やっているのかもしれません。私もお会いするのを楽しみにしています!
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコース修了

ロルフィング
ホメオパシー
SE(トラウマ解放ワーク)
を複合したセッションで皆様のお手伝いをしています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー施術者
・ソマティックエクスペリエンス施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月26日(火)〜1月3日(水)

直傳靈氣靈授会(レメディつき)
12月31日(日)
16:30−17:30 5000円
ホメオパシー講座(インフルエンザの予防と対策)
17:30ー19:30 5000円
使用レメディはその場で別売します
    
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
12月10日(日)16:00〜18:00
12月13日(水)16:00〜18:00
12月22日(金)14:00〜16:00

今回はレメディの聖水が付きます。
靈授はみなさんのエネルギーのクレンジングをし
天とリコネクトするお手伝いを
外側からします。
レメディは内側から。

この儀式を共有できるご縁と喜びに感謝します。


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner
Somatic Experiencing® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。