< >
2015. 05. 01  
バルコニーを伝う藤の花が満開で、素晴らしい芳香とすっかり濃くなった緑、アムゼルの鳴き声でまるで天国のようなドイツの春です。冬はもう人生終わりだみたいに落ち込むけど、春になるとまた性懲りもなく浮き上がる。この国の人たちがこれほど春と日光に憧れてやまないのを年々実感するようになってきました。

久々にロルフィング体験談のご紹介です。1年前に10シリーズを終えられたMさん。ご本人が書いてらっしゃいますが、ちょうど去年のゴールデンウィークを利用し、日本から集中セッションを受けに来てくださいました。連続セッションの後すこし間をあけ、その後、私が夏に日本に行ったときに残りを終えて10シリーズ完了*注)、その後直傳靈氣講習会を修了されました。あれから一年。今や大きな変容を遂げた彼女から、一連のことを体験談として書くことによってあの体験を昇華させたい、と、12ページに渡る大作の体験談を送っていただきました。ご本人の了承のもとに、ここに掲載させていただきます。

ロルフィングプロセスでは多くの場合、本人の最も急所に当たる部分の揺り動かしが起こります。だから勢い体験談もかなり立ち入ったことをシェアしただくことになるのですが、みなさん自らご好意でこれをしてくださっています。私から体験談をお願いすることはまずないのですが、溢れるものがある場合、書くことがひとつの大きな気づきをもたらすことがあるのは事実で、そしてそれをシェアすることによってあらたな展開が広がることがあるというのも事実です。ロルフィングという貴重な体験を現在なさっている方、これからされる予定の方は、ロルフィング日記をつけるということをひとつ、是非心に留めておかれるといいと思います。だれかのお役に立つなら、とシェアをしてくださる方の体験談は、これからもありがたくここに掲載させていただきます。

*注)ロルフィングは2週間に1回、10回で完結、というのが一般ですが、私の場合、一回のセッション代の何倍もの交通費や宿泊費をかけ国境を越え海を越え来てくださる方々に対してとにかく結果を出すことで恩返しをしているという事情がありまして、2−3週間に渡る集中セッションで10シリーズ、連続セッションの間に何回かのお休み期間を設け数年かけて終了、あるいは単発でランダム、などという変則的なセッションも提供しています。今のところそれで一年後、2年後にチェックした際、テーマに対する結果は持続しているので、あまり原則にこだわる必要はないと結論づけています。今後変わるかもしれませんが。たぶん色々な要素が絡んでいますが、「いまそのとき」というのは間違いなくキーのひとつだろうと思っています。

以下にご紹介するMさんは、去年の夏に東京でお別れしてからも私の講習会修了者を対象にした直傳靈氣のグループメールや個人的なメールでおつきあいさせていますが、たぶんめちゃくちゃ変身されたんだろうということがお便りの行間から伝わってきます。私とは違って奇抜なところのない、極めてきちんとしていてどこに行っても人から間違いのない人と信頼されるであろう雰囲気をお持ちだったMさんが、私のところにいらして以降、眠っていた本人の資質が目覚めたか私の悪影響か、かなり思い切ったことをする人になりました。いやあ、感無量です。以下、体験談を書き終えた後のご本人の生の声:

あ〜!
本当に、去年の今頃の私を考えると、今の自分が信じられないです。

これからほんとどうなるので しょう。
私も自分自身を楽しみにしていたいと思います。


諸々のハードルを具体的にどうやって対処するのかは
今はわかりません。


どうなるのかわからないけど、今、私はこれらをやりたいのでやります。

違うと思ったらその時は、その時です。

そんな感じです。


読ませていただいた後の私の感想:

強さを感じます。しっかりした芯と、しっかりした目線。
ロルフィングで変えてもらった私、ではなくて
ロルフィングを利用して変わった私、からの目線。

残念ながら撮ったはずのビフォーアフター写真が失われてしまい、解剖学的にも大きな変化があったのをご紹介出来ず残念ですが、たぶんお読みのみなさまも文面からその変化はお分かりになると思います。以下、Mさんの体験記です。

なお、やっぱり痛い痛いという連呼が印象に残ってしまうのですが・・いや痛くないセッションもしてます、使い分けてます、むしろ聞いていたほど痛くなかったと言われることの方が最近は多いのです〜〜信じてください!

担当ロルファーを変えることについては私は最もだと思います。最終的にはご縁だと思いますが、各ロルファーの個性をいろいろ体験されるのは面白いと思います。ロルフィングは各ロルファーの個性によってまるで違う体験になるのです。それぞれ別のバックグラウンドがあり、得意不得意の分野があるので、ロルフィング後検討中の方はぜひそのあたりを選択の基準にされるといいと思います。ちなみに私は別の地域に住むロルファーと1人を手分けしてセッションしたり引き継ぎし合うということもよく行っています。
スポンサーサイト
NEXT Entry
ロルフィング&直傳靈氣体験談 Mさん 1
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR