FC2ブログ
< >
2015. 05. 29  
エネルギーワークについて、意外と書いてこなかったみたいです。直傳靈氣とソースポイントの使い分けについて。

私は

直傳靈氣はダウジング
ソースポイントはテンプル作り(場作り)

として使っています。

施術者はテクニックや知識をどれだけ持っているかに関心が行きやすいけれど、それは最重要ではないと思っています。相手に何が必要か、それを知るのがまず先。

自分の何が問題かを分かっている人は、ほとんどいない。確かにスーパークリアな人はプロに多いですが、そのプロをもってしても、その問題の解決に第3者の助けを求めるのです。大方の私たちは無意識、盲点の塊です。第3者の視点があって初めて見えることも多い。

盲点、無意識のニーズを探ること、これを
ロルフィングやクラニオセイクラルではリスニングといって、
ソースポイントではスキャニングというけれど、
これ要するにダウジングです。

ダウジングは何と言っても靈氣が早い。
講習前期のハイライトはこのダウジングです。
今の講習会は、忙しい現代人に合わせ、答えだけを教えることになりましたが、かつてはこれこそが習得にもっとも時間のかかる、靈氣治療のコアとなるものでした。
とにかくどこを触ろうが、一瞬で問題の箇所に連れて行かれるので、これが何よりの強み。私が急所ばかりピンポイントでいくのはたぶん靈氣のせいだと思ってます。
長い間ヒーリングに携わってきたフランクペッターさんは、本当に触った瞬間にあそこだと病腺をあてて、その速さにびっくりしました。

でもこれはフィジカルボディの話。

エーテル体以降になるとソースポイントはめっぽう強い。
仕組みが味方についてるから。

この2つを比較するとものすごく面白いので、また書きます。
スポンサーサイト



NEXT Entry
航路図(マッパムンディ)
NEW Topics
新年明けましたおめでとうございます
2019年冬 東京セッションのお知らせ
直傳靈氣交流会のお知らせ

内観合宿から2ヶ月を経て・・・ああ業の深い主観の世界・・・
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
ホメオパス(RSHom)でもあります。

ロルフィング
ホメオパシー
SE(トラウマ解放ワーク)
エネルギーワーク
を複合したセッションで皆様のお手伝いをしています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・英国登録ホメオパス(RSHom)
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー施術者
・ソマティックエクスペリエンス施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com


・・・・・・・・・

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR