< >
2015. 07. 15  
言ってはいけない、してはいけないことばかりしてしまう人。この痛い言動は憐れみや共感、同情心や親切心を呼び起こすので、世の中にはきっと必要な役回りなのだ、と最近自分のことを客観視するようになりました。このブログも書かなきゃよかったとあとで後悔することばかり書いているので、基本過去記事は読みません。日野先生はいかに自分がアホだかを知る為に書くとおっしゃっていましたが、つくづくその通りだと思います。このブログは都合よく忘れた過去を後で指摘していただく為に書いてきたのかもしれない。

こういう深い洞察をしみじみしながら今後は静かに過ごそうと思っていた矢先、大塚さんが不意打ちでその格式高いブログに私のことを書いてしまい、まだ若干ロルファー4年の若輩でありながら知ったようなことをいい、10シリーズとはかけはなれた変則セッションを日常的に行っている、しかも英語で、ということが白日の目に晒されることになりました。

ロルファー5年までは10シリーズに固執しろ、ということを優れたロルファーや指導者は必ずいうのです。基礎こそが大事、それを身につけるのには何年も何十年も1人生どころでなく必要だ、という当たり前の事実が見えてきて、ああ軽率だったな、わかってなかったな、と思っていた矢先。

ところが一昨日荒和尚さんとお会いして、今日高田圭二さんとお会いして、このお二人が揃ってそんなに時間は必要ないとおっしゃったのに驚きました。彼らは実際そのとおりの進化スピードなのです。1年前とまるで違う。道に入った人間は同時間かけなきゃ先人の域には達せられないと納得したとたんに、またその前提が崩れてしまいました。

常人と違うと思わせる方というのはとにかく時間を無駄にしない。目標がどれだけ遠いかを知っているけれど、いつもそこから目を逸らさない。彼らはおそらく睡眠中も含め文字通り24時間「それ」を追求しています。圭二さんもカズさんも、気がつくと無意識に手が練習している。日野先生も奥様の和子先生も、稽古の動作が癖になっているのが印象的だったのですが、日常一瞬一瞬が稽古というのはこういうことかと、彼らを見ていて思います。たぶん私は40年かかることでも、彼らは本人のいうとおりその4分の1くらいの時間でやるんだろう。

私はこういう人たちを見るにつけこの域にはいかないだろうなとあっさり思いますが、大塚さんとの出会いは大きな発見でした。非の打ち所のない経歴と貴公子のような品のよさを醸し出す大塚さんが、バックグラウンドだけ見たら絶対に道を誤ったと人に思わせるロルフィングに身を置くことになった経緯に、アメリカで受ける予定だったフェイズ3もヨーロッパに残るよう強く引き止め、当時ロルファーを目指してはいなかった彼に同僚になってほしいとお願いした私の存在も絡んでいるかもしれません。

ロルフィングには道と違う一側面があるのです。サイエンティストとしての立場を貫いたIdaと大塚さんはかなり似たところがあるのです。サイエンティストでありつづけることで守りつづけた別の側面。

いまロルファーの間でロルフィング10シリーズはチャネリングで降ろされたという話題が持ち上がっていて、これをやっぱりと思い、直傳靈氣といいロルフィングといい、出来過ぎた体系のルーツはひとつだと密かに確信してきたその裏づけが立て続けに与えられている今、このタイミングで大塚さんのことを書くのは面白い流れだなと思います。

大塚さん曰く、ロルフィングはタロットと同じなのだそうです。その一言でなぜ彼が今ロルファーでいることを選んだのか分かってしまいました。タロットを展開してもらって、その側面を目の当たりにしました。

・・・という、大塚さんが決してご本人では触れないであろうダイジェストの焼き直しをしてみました。

ところで直傳靈氣の交流会は25日(土)3時から6時、そしてその後打ち上げの予定にしたところ、何を押してもこれにだけは参加するという方の多さに驚いています。たぶん今年私が日本に来た大きな理由の一つがこれ。私はたぶん面白い方々のご縁繋ぎをするお役目を仰せつかっているんだろうなと思います。

スポンサーサイト
NEXT Entry
大塚英文さん〜ニュートラルである強さ
NEW Topics

100パーセント「今ここ」でつながる・・ピーターから学んでいること 
ホメオパシートーク、直傳靈氣講習会、タロット講座を終えて
タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR