< >
2012. 05. 10  
今日でサマースクール終了。今回のクラスメートたちとの絆はとても強い。それぞれが、一人でなく複数と、深くつながっていると感じたようでした。私は、むしろここを故郷のように感じて離れることが寂しいのに驚いています。ここからが私の新たなスタートです。運命の絆を感じたクラスメートとは一旦遠くに離れるけれど、今後またプロジェクトで、カンファレンスで、ワークショップで、きっとまた会うことになるでしょう。

連日、特に後半は極度の集中状態が続いて、英語が母国語の人も最後は頭が回らなくなっていたけれど、誰も音をあげなかった。よくみんなここまで頑張ったと思います。私はもう頭がショート寸前だったので最後はランナーズハイの境地でした。最後の最後に、コンサルでのキーワードへの嗅覚がぐっと冴えた気がして、何かつかみかけた時に、終了。。残念。

夕暮れに一人で散歩して、今回学んだことを整理していきました。サンカランのセンセーションメソッドは、一見とてもシンプルで便利に思えるけれど、落とし穴がありすぎて、基礎をとことん頭に入れないと決して使ってはいけない。これをどうやってモノにしていくか。今の私にはあまりにも高級すぎる洗練されたメソッドだけど、これは日本人に非常に有効だと思っています。私は私のやり方を追求していくけれど、サンカランは必ず取り入れる。生か死の状況の時には、私たちは当然救急病院に行きます。生死を分ける危急の時には、日本にはありがたいことに医療システムがきちんと機能しているので、そういう人に対する処方などはいらない。医療システムがきちんと整った、衛生状態の良い日本。そして、心療内科(精神科)にかかることに極度の後ろめたさを感じ、カウンセリングがなじまない日本。感情の起伏を見せないように訓練し、感情を口に出すという習慣のまるでない日本人男性。これらを考慮すると、日本でのホメオパシーの役割は、現代医療の落とし穴になっている不定愁訴と慢性病、その奥にある人間のコアの部分の傷に切り込むことになると思います。いわゆる通常のカウンセリングのように個人のパーソナルヒストリーやプライバシーを根掘り葉掘り聞き出す必要もないこの洗練されたメソッドなら、これらに切りこむブレークスルーになるのではないか。

まずは危急の課題は英語です。まず膨大な語彙が必要。英語に関する研ぎ澄まされたセンスが必要。語られない部分を見るのが得意な私の得意分野にあえて頼らず、言葉にとことんこだわることの大切さ。日本ではまず聞いたことがないけれど、実はホメオパスには英語のセンスがないとお話にならない。。。なぜなら、キーワードがすべて英語だから。キーワードにいかに正確に早く到達するかがホメオパスの役割。キーワードにつながりそうな部分を察知して、キーワードを引き出す。だからキーワードの含有するスピリットを、全角度からつかんでいないといけない。これを無視して、なんだか普通の医者のやる処方を、お手軽にホメオパシーのレメディに代えているだけのプロがあまりにも多いのは問題です。かくいう私も、この安易なやり方にとらわれてずいぶん勘違いをしてきてしまった。日本語で書かれたホメオパシーの本を読むとなんだかすっごく簡単でお手軽に思えてしまうけれど、大きな勘違い。根本的な意識改革が必要。長い道のりになりそうです。
スポンサーサイト
NEXT Entry
ロルフィングとトラウマ
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR