< >
2015. 09. 13  
プレゼントにいただいた「ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人!」という本を読みました。人気ブロガーねずさんのブログ記事をもとに本にしたもので、メッセージは一貫して日本の心を伝えたい、自信を失っている私たちに、日本人としての誇りを取り戻そう、と呼びかけているものです。

日本の歴史をまともなぞると日本の心は全く学べないどころか学んだ人に真逆の印象を与える、ということを、「正史」とメディアから日本像を推測する外人がこんなふうに日本を捉えていたのかと見せつけられショックを受けていたところでした。見方によって歴史がこんなに変わるのか、と本当にびっくりしました。

この本では書かれていませんが、日本の心は正史には書かれません。なぜなら正史は権力者が自分の行いを正当化するために作るもの、そして日本の心は権力欲と真逆のところにあるからです。

正史では侵略と謀略、簒奪にまみれた日本の歴史ですが、こういうのはもともと外来の概念です。この本でも書いてありますが、日本の「征服」は話し合いによる統治で、日本の植民地支配は、他国の植民地支配と根本的に違います。日本は搾取、強奪によって侵略するというより、相手を取り込み同化することを目的にします。教育制度を設け、治水灌漑設備を整え、人々が暮らしやすいように配慮します。その結果、日本の「侵略」をうけた当事国がその後どうなったかは、すこし調べるとすぐわかります。

太平洋戦争で東南アジアに「侵略」を繰り返していた日本軍は、敵國と現地住民にそのモラルの高さを印象付けました。本当に極限まで追い詰められたときには、人間普通なら理性がとんで隠していた鬼の心が顔を出すはず。でも敗戦の色が日々濃くなる中で日本軍人はパニックになって戦線を離脱したり、支給物資が途絶えても現地住民の強奪に走ったりしない。神風特攻隊の存在は列強を震撼させました。なんでこんなことができるのか。

没自我。日本人のこの要素は過去に外国人を何度も驚愕させてきました。日本の植民地化を狙う外国人が、日本に足を踏み入れて驚いたのが市民の善良さと治安の良さでした。そして普通ならとびつくはずの飴をちらつかせても取引に乗らない一部の日本人の存在が恐怖でした。そこになにか自分たちの価値観を上回るものを垣間見る気がして。御し易いものを取り込んでバックアップし、この恐怖の種を陰謀で抹殺する。抹殺されたものたちの依っていた価値観が、すなわち日本の心です。だから日本の心は表には出てこない。戦後GHQが廃止した修身は、日本人の底知れぬ強さはそこにあると踏んでいたから。

日本の心は、冤罪を着せられて失脚させられたり非業の死を遂げた人々に現れています。そして死んでもなお私たちが慕う人たち。たぶん私だったら真っ先にとりあげるのは西郷隆盛ですが。


ねずさんは菅原道真の遣唐使を廃止した背景を、もうかる外国交易を道真公が廃止したのは「民の生活の安穏」にある、つまり交易によって入り込んだ外人が社会悪をもたらして人民が迷惑していて、引き続きもうけにあやかりたい施政者の金満主義と、民意をくむ施政者の道徳主義が対立していた、そして道真公の勇断により鎖国をすることにより道徳主義が勝利した、としています。そして儲かる商売を奪われた者による術策で中央を追われてしまったが、金満でなく天満を選んだから人民から天満天神様と呼ばれるようになった、としています。

私は菅原道真の遣唐使廃止の理由は滅亡間近のすでに衰えている唐にわざわざ公船を使っていく必要がなかったからだと思っていました。あと、鎖国は道真公でなくて江戸幕府によるものだと。遣唐使以外にも当時は民間船でさかんに交易は行われていて、遣唐使を廃止しても鎖国にはなっていなかったはずです。そして菅原道真の左遷は藤原時平との個人的+政治的な確執によるもので、品行も頭も悪い時平が、頭がよく宇多天皇の信頼をしっかり得ている道真に嫉妬して無実の罪を着せたから、と。この罪状は曖昧ですが、本人がその後あれほど怨念を持つというのは冤罪だったはずです。

ねずさんは道真公が天皇の皇民を預かっているという立場を徹底した、と言っていますが、道真は律令制を提案した人です。律令制は外来のシステムで、実際史書ではむしろ天皇制廃止を企てたと糾弾されています。それに道真公の政策は極めて理知的で、その後怨霊となって時平本人だけでなく関係者全員根こそぎにしようと朝廷を呪い続ける念の強さからいっても、人民から慕われるような人だったか疑問を感じます。北野天神天満というのは、祟りがあまりにも強烈なことに慄え上がった朝廷が鎮魂のために次々に復位、贈位を続け、死後80年以上たって与えた称号です。道真を知る人々はその頃もれなく鬼籍に入っています。誰がお慕いする気持ちで天満天神様と呼べるのでしょう。ちなみに天満宮は3回姿を変えていて、いまの太宰府天満宮になったのはそれからさらに時がたって幕末の廃仏毀釈のときに神社になってからです。歴史の裏側を司る太宰府が、解釈によっては日本人の心を代表するものになるんだ・・と思いました。

ちなみにねずさんによると、後醍醐天皇も「とっても責任感がお強く、また男気の強い(ということはある意味、お人好しな)、人間味豊かなお方であったろう」とのことです。

この本を読んでやっぱり感じたのは、日本人が心の拠り所として大切にしているのが道義心だということでした。そして神を、天皇を、敬うことに理由も、条件もつけない。これが 「当たり前だ」ということが世界的にものすごく特異なのです。私たちはなにか偉大な存在を敬う姿勢が根底にあって、それが長くは目に見えない存在だったから、「現人神であられる天皇」にも西洋人のする服従とか崇拝とかではない、条件なしの畏敬をもつことができる。そして民意の低い国では絶対的に有効な「罰せられるから」という恐怖心を煽られなくても、自然に、道義心から、秩序をもった行動をとることができる。日本人にとっては相手を思いやる、ということが、当たり前の行動基準なのです。

日本人にとってあたりまえの信仰心と、道義心とかおもいやりは、西洋人にとっては一瞬考えてしまう理念です。conscience, good will, bon sens, sympathy・・・彼らにとってはどれもなにか今ひとつとってつけた感じで、命を落としてまで追求したい魅力的なものではない。たぶん日本人がこれから発信していくべき日本の心は、この部分にあるような気がします。
スポンサーサイト
NEXT Entry
エントロピーのマイナスによって見えてくる秩序
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR