< >
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015. 11. 09  
英語学習法を私に聞くという全く気の毒な方がいらっしゃいました。英語が喋れない、英語が聞き取れない、という悩みです。この私が英語学習法について語る!面白かったので彼女への回答を以下に転載します。

・・・・・・・・

喋れないんじゃなくて、喋りたくないんだと思います。
私の場合ドイツ語で言えば、ドイツ語がうまく喋れないからこの人にバカだと思われるのが嫌で、しゃべりたくないのです。絶対にドイツ語でしか会話できない人に対してはめちゃめちゃなドイツ語を堂々と話して、なんとかなってます。変なプライドを捨てて、欲を捨てて、誰に対しても捨て身になればいい。捨て身になれず英語に逃げ込むから10年たってもこれです。

外国語学習法の基礎は語彙だそうです。
それには本を音読するんですって。
わからない単語をいちいち調べずにただ音読する。
ある日いきなり意味がわかってくるのだそうです。
耳から入れるのがいちばん、と達人はいつもいいます。

いまの仕事の環境で分かることは、どういうかより何を言うか、が大事みたい。クライアントさんたちは一生懸命この変な日本人を理解しようと集中してくれます。なぜかというと、私の話すことはものすごく彼らにとっては大事な情報だからです。
日本人は一言が本質をついているのを西洋人は知っているのです。
内容があれば流暢でなくても聞いてくれる。

友達と私たち語学の才能ないわよね〜と話していたことを思い出しました。彼女はドイツ語の語彙はさっぱりないけど、何言ってるか想像で全部わかってしまうという特技があります。そして、大事な場面では頭の固いドイツ人にむかって英語で凄みをかけると、相手が折れてしまうのだそうです。確かに彼女は存在そのものに凄みがある。もう、その存在で向き合うだけで、喋らないで相手と勝負つけられる。お堅いドイツ人の役人に対して有効なのだからすごい。

聞ける、ことも同じですか?
ニュースでも立ち話でも、何について話しているのはなんとなく分かるけど、結局何なのか結論が分からないのが常で、質問してもコレなので結局答えをつかむことができない。
この結局なんだか分からない、っていうのがイヤなのですー。
理由を根掘り葉掘り聞きたい性格が満たされないのがたぶんストレスなんじゃないか、って気がしてきて、そんな性質が自分にあったのかとちょっと驚くのですが。
質問は結構相手が組んでくれて聞きたい質問に到達することができるのですが、せっかくの答えが聞き取れない(涙)。
そしてなぜ!英語で聞く読むをすると頭に残らないのですか?!
聞いてる時は一文一文何言ってるかちゃんと分かる時もあるのに、全部の話を聞き終わった時には頭にほとんど残っていない。。。
ぜんぜん身にならない。
しゃべれる練習をするとおのずと聞けてくる、のかしら。
しゃべれなくてもいいから聞けるといいのだけど。
日本語でもなんだかだんだんしゃべるのがおっくうになってきて、しゃべれば後悔するし、根本的に”英語しゃべりたい”ってのが間違っている気がしています。


なんだかその聞く、ていうのは、腑に落ちる、に聞こえる。
あなたの聞き取り能力の問題というより、知りたいことに対して、腑に落ちる回答をしてくれる人がいないから鬱憤溜まってるんじゃない?

それを置くとまずやっぱり語彙の問題。
ドイツ語だと私も全くもって似た状況です。
ドイツ語はフランス語や英語ほどリエゾンがないから聞き取りやすいはずなのに、聞き取れないのは語彙がないからだと思ってます。

あとは耳の問題。
相手になんども言い直してもらってもドイツ語の発音の違いが聞き取れないし、自分で再現できない。
判別できない音を言われても、どうにもならないのよね〜


英語でいうと、
完全に聞き取れる人と何言ってるかわからない人がいます。
興味がバシーっとあう人間だと
100パーセント聞き取れて
何も考えなくても反射的に返してます。

何言ってるかわからない人は、
最近私だけの問題じゃない気がしてきました。
相手がそもそも何が言いたいかわかってない時もある。
英語が母国語じゃない人がたどたどしくいう方がうんと入ってくるのは、言いたいことがはっきりしてるからかも。

本質を言おうとするとどんどん詩になり、最後は沈黙になります。
英語は何でもかんでも説明しようとする文化だから、
うっとおしいのかも。
ちょっとだまれ、と思う人います。うるさい。
一流の人って、なんとも言えない静かさがあるって
聞きました。
私もどちらかというと何かをうまく表現する人を認めるというより
その人が背負っているもの、
言葉に出さない部分を読み取ってる気がします。
吉本隆明は終始、しゃべりが苦手と言っていました。
講演きくとなるほどこの人喋るの苦手だとわかります。
それでいいんじゃないかなぁ。
糸井氏の沈黙の発見は本当に面白かった。

英語はとにかく直線的にきれいにまとめる練習をします。
余白や矛盾に価値を認めない。
だから表層的で奥行きがない。
英語の量産の記事なんて読むと、
だから?so whatの世界です。

アメリカの表層的な量産文化に合わせる必要ないんじゃない?アメリカはスタンダードじゃない。いろいろ見えてくると、気の毒な教育だと思えるところもある。

「人に言わないで発している言葉」が、
   人間のいちばん幹となる部分で、
   いちばん重要なところ -吉本隆明


これを最近、しみじみ、まじまじ、感じる機会がありました。

本当は私たちいつもやっています。どれだけ矛盾なくきれいにまとまってるかなんかで人は動かされるんじゃない、そこに魂が入っているかどうかを見ている。そのものになっている人の言葉は強いです。原稿を読んでいるだけ、借り物の言葉を言っているだけの人は、上滑っているのですぐわかる。声だけでもその人がどういう人かわかってしまうのは、そういうところにあるのだと思います。

きちんと言葉に向き合ったら、最後には自分のあり方そのものがむき出しになる。その先にあるものは沈黙しかないな、と思います。
スポンサーサイト
NEXT Entry
「ゼロになって、ちゃんともがく」
NEW Topics

Rough Lines
愛着、承認欲求、不足感、分離感、罪悪感・・
エネルギーの法則と人間関係
触ること、触られること〜性の問題について
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式ロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com


・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(東京):

前期12月29日(金)18:00〜21:00
  12月30日(土) 9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期12月31日(日)9:30〜16:00
        
      

直傳靈氣交流会(フランクフルト)




直傳靈氣交流会(東京)


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。