< >
2015. 11. 10  
「落ち込むには才能がいる」と言われて、自分の甘さを感じていたところでした。落ち込むにはエネルギーを使うので、なかなか落ち込みの原因と真正面に向き合って落ち込むことはできない。

私がやっていたのは、きちんと落ち込まず、自分のつくったストーリーの中に逃げ込んでいたことでした。いつも居心地のいいそのストーリーの中に逃げ込んで、もたらされた問題ときちんと向き合っていない。

失敗は数え切れないくらいしてきた。
戻りたい過去はひとつもない。
でも、この失敗の宝庫から私は何を学んできたのかしら。

安藤洋子さんが、失敗しない人には魅力がない、と言っていました。
彼女もウィリアムフォーサイスに言われたそうです。
失敗した、と言えるのは、やったからだ、と。
俺をみろ、いつも失敗してるじゃないかと。
確かに、彼は常に実験的なことばかりして、常に失敗してきました。
やらない人は失敗できない。説得力があります。

そうしたら、また飛び込んできたのが
糸井氏の「ゼロになって、ちゃんともがく」というコピー。
いただいたリンクを見て、見事さに笑ってしまった。

断捨離も断食もどうしてもできない私。
ちゃんとゼロになることもなく、
ちゃんともがかないうちに浮上している。

宮沢りえx糸井重里「試練という栄養。」シリーズ、とても面白かったです。

宮沢りえの、褒められるとどうしても疑っちゃう、という言葉に、偉いと思いました。私は即刻有頂天になります。

舞台に立つ人って、褒められると次の公演はきまってよくないのだそうです。だから舞台人は常に「褒められる」というノイズを越えていかなきゃいけない。それが劣等感でも疑いでもいいけれど、この姿勢は大事なんだそうです。これ、舞台人だけじゃなくて、自分の仕事にも当てはまると思いました。こういう厳しさを自分に対して持ち続けていられるか。

宮沢りえを久しぶりに見たら、凄みと存在感にびっくりしました。

わたし、試練はごほうびだと思ってるんです。
苦しみとか悲しみを知っている人のほうが、
豊かな気がするんです。


その言葉をそのまま体現している。

でも、ダウンはします。はさらに面白かったです。

ダウンはします。
「ダウンしていない!」ってやってると、
あとでクラクラッとくるから。
「ダウンしましたー!」というときは、
ちゃんとダウンして、
それで手当をして、
それから立ち直ろうじゃないか。
というところがあります。

まあでも、結局、
自分を動かすものは自分でしかないし、
自分を立たせるものも自分しかないんでしょうね。


糸井氏って引き出すのがうまいんだなと思いました。宮沢りえの強さとか芯は誰もが感じるものだけど、それを本人がこういう風に話せるように持って行くのはさすが。

それにしても宮沢りえは舞台に立つ時には毎回オーディションというのは驚きました。宮沢りえ印で仕事が降ってくるわけではない?大きな代役を2日で仕上げて大喝采をあびたエピソードとか、華々しい受賞歴の陰にはそんなに生々しい努力があったのかと。クリントイーストウッドが未だに映画製作するに際して売り込みのプレゼンテーションをする話といい、一線で活躍する人たちの、陰のすごく基本的なところでの努力を垣間見るのは、しみじみ思うところがあります。
スポンサーサイト
NEXT Entry
上原ひろみ ザ・トリオ・プロジェクト in Köln
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR