< >
2015. 11. 22  
上原ひろみさんのトリオプロジェクトが新曲を掲げたヨーロッパツアーを行っていて、最終日の昨日がケルンフィルハーモニー。チャンスとばかり行ってきました。

2200人を収容するという設備も音響もすばらしく整ったこのホールでの公演に、チケットは発売後すぐ完売。3年前は完売ではなかったそうなので、この3年での彼らの名声がどれだけドイツ国民に浸透してきたかを垣間見ることになりました。ジャズでこれだけの会場を満席にするってすごいことみたいです。

フランクフルトとは全然違う洗練された大都市の洗練されたホール。見渡すとカクテルドレスに身を包んだガールフレンドの横で目を泳がす男性や、オペラの鑑賞に参りましたみたいな優雅さでシャンパンを傾ける老夫婦が目に入る。確かに日本人比率は他のプログラムよりは多いはずだけれど、予想していた客層と全然違う。年配富裕層が目立つ。ノリノリロック調の若者を勝手にイメージしてたのですが。なんだか来るところ間違えたかと思って席に着くまで落ち着きませんでした。

さて演奏は・・
この世のものとは思えないエネルギー。すごい集中力。
生身の人間の生のパフォーマンスでここまで完璧にできるんだとびっくりしました。

当たり前ですが、音楽もコネクトなのですね。youtubeでも上原ひろみさんとアンソニージャクソンのアイコンタクトは印象的ですが、彼らの目線が直接見えないところにいても、彼らが人間同士のチューニングを合わせているのが感じられる。演奏が始まると二人はまるで一人の人間みたいに見えました。

上原ひろみさんてすっごく笑顔が可愛くて色が白くて陶器のように肌がきれい。なんだかアグレッシブな楽曲の印象と違って、のんびりした話し方をする、ふわっとした佇まいの人。演奏になると、この人天才なんだなとつくづく感じます。もう常人の努力で到達できる線とは別のところから始まってる。演奏だけじゃなくて、楽曲全部一人で作っているというところがすでに常人でない。

このヨーロッパツアーのスケジュールがそもそも壮絶。まったく休みなく移動、準備、演奏、というサイクルでヨーロッパを横断し、しかも間にレコーディングを入れていたそうなのです。ものすごい距離の移動、休む間もなく準備、本番、というのを繰り返し、このエネルギーの凝縮した完璧な演奏を続ける。一回たりともレベル落ちない。少なくとも最後の2日は睡眠時間2、3時間。それなのにテンパる様子もなく全然疲れた様子もなく、まるで日常の続きみたいにふわっとしたあたりまえの佇まいで観客を楽しませ、合間にはスタッフや観客への心遣いで八面六臂。音楽やる人ってエネルギー回すから若いなとはよく感じるのですが、彼女は真性超人だと思いました。

サイモンフィリップスはすごく小柄な人だったのでびっくりしました。私はジャズドラマーのスタンダードを知らないのでロックとジャズの区別がつかず、サイモンのドラムは私にはロックに聞こえてしまうのですがそんなことはどうでもよくて、TOTOが大好きだったのでどこかそこを彷彿させる器用なドラムは最高に爽快でした。変拍子をあんなにノリノリに持っていけるのは上原ひろみとのコンビならではなのかも。願わくは本当はおとなしく座っていないで立って動きたかった。前方の紳士達の薄毛の頭がリズムに合わせて揺れているのを見て、あなたたちも同じ気持ちなのね〜と感じました。最後ご本人と握手できてめちゃめちゃ嬉しかったです。

ところでベースっていうのはあんなに細かく音を刻めるものなのですね。ベースとピアノが猛烈なスピードで一緒に音を刻むのを初めて見ました。というかベースがピアノみたいってどういうこと。アンソニージャクソンのベースというのはピアノもドラムも兼ねてるのか。

私はトリオの中心に座るアンソニージャクソンの正面にあたる位置に座っていたのですが、彼は舞台での安藤洋子さんによく似てると感じました。場をホールドしている。一種監督みたい。洋子さんは、「この私をどうアピールするか」ではなくて、いつも他の人がどう動いているかにばかり関心がある。アンソニーも自分を見てもらいたいということはたぶんこれっぽちも考えていなくて、ただ淡々とほかの人のために正確に音を刻むことだけに全身全霊を捧げているんだろうなと。ベースだけソロがなかったのが残念でした。神様と言われる域に達すると欲がなくなるのかも。というかそういう欲がないから神様になるのか。

演奏が終わった後、会場は総立ちで盛大な拍手。私も涙が溢れました。日本人すごい〜!と日の丸振りたい気分だった。舞台の片付けに入っても観客が諦めずに呼び出しの拍手を続けていたのが印象的でした。普段よくしつけられているドイツ人だけに、発散が許される場(サッカーとか休暇とかコンサート)で彼らの素の姿をみるのは大好きです。昨日のコンサートは聴衆本当に喜んでいた。ドイツでも次回のコンサートはますますチケットの入手が難しくなるかもしれません。
スポンサーサイト
NEXT Entry
Somatic Experiencing Training Intermediate I-II
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR