< >
2015. 12. 03  
清水の舞台から飛び降りるってこういうことを言うんでしょうか。
来年の予定を立てながら、今年見送ったSEのケルンでのトレーニング再開のための手続きをしているうちに呼吸が浅くなり震えてきました。 SEに絡むといつもこう。クラスメートにもジゼルにも惜しまれ戻ってきてと言われたのを振り切って今年のロンドンでのトレーニングを見送って半年。半分このまま横目でチラチラみながらもそのまま通り過ぎてしまおうかとさえ思っていました。最近辛い状態が続いていて、この状況でいまこういうことやっていいんだろうかと。

思い返すと2013年にSEのトレーニングを始める時も心底ビビっていたことを思い出します。結果は、人生で3本の指に入る、もう信じられない濃い体験で、行ってよかったと心から思ったのだけど。でもあの時は友達が一緒だった。彼女とまた一緒に学べる機会を自分で断ち切ったのです。ここからは一人で、しかも半分ドイツ語。

どのトレーニングでも、言語の壁は他の参加者よりはるかに高いことは重々承知しています。私は勉強量に比べて圧倒的にアウトプットが苦手なので、知り合ったばかりの人にこんなやつ大丈夫かと思われるのは常で、慣れている。そういうことを気にしないほど強くはないのでいちいちまじめに凹んで要領悪く実りのない努力を地味に続けるのが私のやりかただとも、分かっている。で、それでいままで結局なんとかなってきた。

でも、そうはいっても、今回はやっぱり数々の修羅を越えてきた経験をもってしても横綱級のビビリです。教師の英語をドイツ語に通訳して授業が行われるので、要するに生徒はドイツ語しかしゃべらないということで・・こんななかに一人異質な人間が入って大丈夫なんだろうか。私と組んでくれる人はいるんだろうか・・・・。SEトレイニーは概して閉じた人が多いうえにさらに気難しいドイツ人。そこに途中から加わる惨めさを想像しただけで足はすくむし涙がにじむ。

勇気ある撤退も時には必要。高額のトレーニング費を払い、好きでもないセッションを受け、将来役立つあてのないトレーニングをいま受ける必要がそもそもあるか。順序としてはHomeopathyの卒業とRolfing Advanced trainingのほうが先でしょう。飛びつきたいのはいま枠がひとつしか残っていないSharonのクラニオセイクラルのWS。なのに何でこれか。こういう決断をやけくそでやっていいのか。

と、理性は諭すのですが、結局いまから申し込むのです。いつもそうなのですが、私はこういうとき何かに動かされている。これからひどい目に会うぞ、と分かっているのですが、そういうものを蹴散らすなにかが働いていて、そういうときには黙って従うしかない。ひどい目にあったと思ったらそれこそが貴重な学びだったと後からわかることも多いし。きっと今回もそれか?大変のキャパの幅を拡大するチャンスを頂きに行くわけね。あぁ、つくづくM・・。

もう自分でなんでこの行動をしようとしているのかわからないのですが、でもわからないままやるのです。半泣きで、なんの保証もないまま。でもいつもそうなのですが、どんなに辛い状況にあってもたいていなにかひとつは救いがある。だいたいどのトレーニングでも一人だけ親友になれる人と出会うのです。今回もそういう人に出会えますように。
スポンサーサイト
NEXT Entry
リューデスハイム観光
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR