< >
2015. 12. 17  
年末の締めである直傳靈氣交流会を今日行いました。

エネルギーが大きく変わる前には、一度限りなく失う必要があるのかもしれない・・こうやってキャパを増やしているのかも、と思ってチョロQの法則などと言って茶化してきたのですが、いま講習会受講予定者が試練の只中にいるようです。

今年の年末は、靈氣をお渡ししに行く人が日本にいるんだとわかった途端いろいろなことがダダダっと動き、そして直前になってやっぱりどこかで予測していたことが立て続けに起こってしまいました。今は本当に限られた人にしか会えない、そういうことになっている、だから今これから会う人には今まで以上に心して会いなさい、その前に自分自身をよく整えておくように、という声をいただいている気がずっとしていました。日本に行く直前になり、いつもと桁が違うものが周りだし、制御装置が作動しなくなり、自分の身体を通して事の重大さを知りました。

回転性めまいを訴え、嘔吐に見舞われる人が今あまりにも多い。風邪なんだろうか、耳石、メニエール、更年期障害、全部当てはまるようでいながらどれもピンとこない。それに老若男女にもれなく起こっているし。一気にこれだけ多くの人が似たような、しかも激しい症状に見舞われるってどういうことなんだろう。

何かの大きなエネルギーシフトが関係しているかもしれない。明らかにおかしい。気をつけなさい、準備しておきなさい、という理由がうっすらわかってきた気がします。なぜなら自分の身に起こって、それを一通り経験しきって、これがどれだけ激しくどれだけ身体にダメージを与え、どう収束するか、何が効いて何が効かないか、これらを試せたから。もう相変わらず最後の最後にこう一度にこないでほしい、もう少し余裕もった準備させてください、とは思うのだけれど、1クッションいただけるだけありがたいと思うことにしています。


今日の交流会に来てくださった方は、最初にお会いした時とみなさん別人だとしみじみ感じました。

直傳靈氣は直接いただける身体になるための儀式。あなたの身体は今後直接いただける。だからそれを疑わず信じ続け、今後人との関係において等価交換を求めるのではなく、人に与えたものが後で別の形になって動き始めるのを楽しむようにしてください。と話したように記憶しています。

等価交換(ギブアンドテイク)は、利己主義に基づいた合理的考え方。
西洋式思考。
いずれそれは依存とコントロールに向かう。
本来エネルギーは廻すもの。まずは手放す。一方的に与える。
見返りを求める必要はない。あなたにはちゃんと別の源泉がある。

直傳靈氣は、大きなパワーをもらえる、夢のような奇跡が起こる、魔法が使えるようになる、というものでは全くありません。こういうものを期待していると本質を掴み損ねます。直傳靈氣は、もう当たり前に私たちが子供の頃から肌で感じてきた真実に、改めて向き合う機会を与えてくれるもの。大人になるにしたがって下手に賢くなり、身につけてしまったいろんな余分を削ぎ落とした後に向き合う、しんとした質感のようなもの。

人々を観察しながら、社会性がないと感じることが多い昨今でした。なんてことはない私自身が社会性に大きく欠けるところがある。それをつくづく自覚してきただけに、外側から見るとこういうことだったのかとよく分かる。私のような人間が今後は社会的に生きるということを使命としてしっかり自覚する経験をさせていただけたのは意味があったのだな、ありがたかったな、と思っています。

今週になって今更、ドイツのカレンダーでは連休にあたっている25日、26日、27日が、日本では連休ではないことを知ってしまいました。相変わらずの勘違い大賞。ただでさえ年の瀬、しかも平日。こんなスケジュールなのにもかかわらずお越しくださる方、本当にありがとうございます。(でも私もそのために今回日本に参ります。)

改めましていままでご縁をいただいた皆様、本当にありがとうございました。ここまで来れたのも、皆様のお陰です。感謝しています。まだまだ道の途中で、これからもたくさん失敗するし慌てるし取り乱すと思いますが、どうぞ暖かく見守ってください。これからお会いする皆様、いままでこうやってひとつひとつ血肉にしてきたものをお渡しします。

一足先になりますが、おそらくこれが年内最後のポストになる気がします。
どうぞ素敵なクリスマス、年末、新年をお迎えください。
2016年がみなさまにとりまして、喜びに包まれた大きな飛躍の年になりますよう、心からお祈りいたします。
来年もどうぞ宜しくお願い致します。




スポンサーサイト
NEXT Entry
あけましておめでとうございます〜まずは失う、終わらせる
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR