< >
2016. 02. 18  
先日の投稿で、世代区分について不正確なところを指摘していただいたので、訂正します。ちょうど今週の週刊ダイヤモンドが「逃げ切り世代」という特集を組んでいて、世代をわかりやすく区分していました。以下抜粋します。

団塊世代:(1947−51年生まれ=64−68歳)
ポスト団塊世代:52−60年生まれ=55−63歳)
新人類世代(61−65年生まれ=50−54歳)
バブル世代(66−70年生まれ=45−49歳)
団塊ジュニア世代(71−82年生まれ=33−44歳)
さとり世代(83−94年生まれ=21−32歳)

それぞれの特徴が
団塊世代:数が多いので競争意識が強い。前世代の封建制とそれを打ち砕く革新性という相いれないものを整理のつかぬまま持つ。

ポスト団塊世代:団塊世代の反動でクール、シラケ世代。

新人類世代:(団塊世代が捕らわれた)右派や左派、革新といった思想から解き放たれた、自由な世代。ブランド好き、消費好き。

バブル世代:貯蓄よりも消費を優先する唯一の世代、苦労なく正社員になれた世代で、右肩上がり思考、ブランド思考、大風呂敷を広げる傾向が強く、万能感を持つ。

団塊ジュニア世代:就職氷河期を経験し、上の世代のツケを払わされたとの不満を抱える。格差も広がり被害者意識が強い。自己啓発や自分探しが好き。

さとり世代:幼少期から景気が悪いため、不安定な時代を生きる心の体制は強い。目標を意図的に下げているため他世代より満足度は高い。ただ将来に対する不安感は最も強く、超安定思考。

私が「今の若者」と言っていたのはさとり世代を指します。
私の感覚では団塊世代は特別にカラーが強くて、それ以降はとりたてて特徴がなく、新人類とバブル世代を合わせたGeneration Xがまた別のカラーを作った、という意識が強いです。私は自分を新人類兼バブル世代だと思ってました。実際50代前半の方々とは嗜好が似ていて、同類だと思う。実際は違ったのですね。こういう風に分類するものだったのか、と面白く思いました。

この分類によると私間違いなくバブルです。消費得意で、いつもなんの考えもなく先行投資。本人すごく真面目に生きているつもりでいるのですが、計画性とか安定志向というものが欠けているので他世代の信頼を得られない。

日本人て死ぬ時点が一番お金持ちだそうで。我慢に我慢を重ねて貯めたお金を使う機会もなく死の床について初めて人生振り返って後悔・・・ってどういう人生なんでしょう。

お金使うのが唯一得意なバブル世代だそうですが、ブランド嗜好だけが消費内容ではないです。10年くらい同じ服を着て同じ鞄をもつのは平気ですが、どうしても譲れないのが、この人に会いたい、この内容を学びたい、と思った時に即座に地球の裏側にでも出かけていけるだけの経済的余裕をもつこと。それから、そういう時に自由の利く体であること。

この半年、この社会の搾取のシステムを実体験で学ばせていただき、弱者から搾取する人たちとたくさん関わりました。あえて何にも言わずに搾取されるままに任せました。社会システムはこういう人たちにたくさん払って、私を本当に助けてくれる人には十分お礼ができない仕組みになっているんだなぁ、と思いました。で、これで学んだから自分もルールを掲げて搾取し返すか、自分も勝ち組になりたいかと問われたら、やっぱりノーです。このシステムそのものがノー。

話が逸れましたが、ポイントはいずれにしても、元気を失った世代に対する応援歌。

「死と再生」は痛みを伴うけれども、
終わりの中に新たな始まりが胎動している


というのは、作者の方の言葉。

今、まさに、この言葉がしみじみ心に沁みます。




スポンサーサイト
NEXT Entry
PPN(Pre and Peri-natal) trauma 胎児期のトラウマ・・Somatic Experiencing Intermediate Module I  2
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR