< >
2016. 04. 06  
なんだか変な天気が続いたイースターですが、クロッカスやフリージアはきちんと咲き誇ってくれて、日本のお花見のニュースに心揺すられ郷愁をかりたてられながらも、なんとか庭の花やアムゼルの鳴き声で春を感じているこの頃です。

たぶんロルファーになって以来ピュアにセッションをし続けたという点で一番猛烈で、その合間にホメオパシーに没頭という毎日が続いた3月は、ランナーズハイをずっと感じ続けていたような毎日でした。ブログはもう書けないなと思っていました。

ただでさえワークロードが重くて有名なスクールオブホメオパシーのアドバンスプラクティショナーコースに進み、同級生がどんどん卒業し開業していく中で一人取り残され後悔雨嵐だったこの数年、やっと私ももう一息というところまで来ました。実はアドバンスの内容に入った途端、キーになるパズルのピースがダダダダっとはまるという体験が続き、身体中の鱗が落ちた暁にはべつの生物になりそうと思えるほどでした。読んでると筋肉痛になる2キロくらいの本を興奮と感動で貪り読むっていう体験、そうそうない。

たぶんこういう時は色々シンクロするもので、この体験はロルフィングに確実に影響したし、このタイミングでまさに今の私でないと扱えなかったと思えるセッションが続きました。何かに動かされていた感じで、振り返ると何が起こっていたんだろう、と不思議に思います。

5、6年前はロルフィングがこういう状態だったと思います。とにかく渾身、没頭、という感じでセッションしていた。あのころはまだ全体像を把握するのが遅くて、雑音をたくさん拾ってしまったし、無駄なタッチが多かったから時間もうんとかかったし、自分勝手なことしてたし、全くなってなかったな、と思いますが、でもとにかく一心に聴いて、一心に祈っていた。あの頃のセッションは、何はともあれ渾身でエネルギーを回していたので、だから結果が出たのかもしれない。

ホメオパシーではいまがこの状態です。まだまだ全体像を把握するのがなってなくて、知識に振り回されるし優先順位がわからないし、雑音を拾ってセンターを見逃し、熟練のホメオパスなら5分で掴むところをさんざん迷って回り道して、何時間かけてもなかなかたどりつけない。でもとにかく最初はみなこうだし、ここを抜けないとショートカットをばっと掴む世界には到達できないし、いまは時間かかってかかってしかたないけれど、この不器用さはしばらく許していただくしかないと思っています。でもとにかく一生懸命にやっているのだけは確かなので、しばらくは初心者の要領の悪さをお許しください。

ロルフィングより前に始めたホメオパシーの勉強は、思えばロルフィングセッションに大きな影響を与えていて当然でした。ホメオパシーを通してとにかく身体に叩き込んできたのが、その人のセンターを掴む、ということ。たぶん私はずっと昔から、私たちの真ん中にある最もしんとした部分、そこに到達したい、そこであなたと出会いたい、という思いがあって、それだけをやってきた気がします。

私たちは日常ではほとんど意識の表面的なところでしか生きていない。男性の思考回路はロジカルで、表現はだいたい論理を逸脱しないもの(=事実の羅列)です。女性は一歩本性に踏み込んだところで生きていますが表現は感情レベルに終始する。サンカランは意識を7段階に分け、感情をさらに深く掘り下げるとその奥にはさらに無意識の4つの層があるのをつきとめました。
1名称
2事実
3感情
4妄想
5センセーション(無意識レベルの身体の経験)
6エネルギー
7集合意識、宇宙意識

サンカランがホメオパシーで人の真の治癒に到達する処方をするにはレベル5以降にまで到達することが必要と言っていることが、いまものすごく腑に落ちます。ロルフィングとSEを実践するいまでなければたぶんこれを実感できなかったかもしれない。感情は一時的なもので、妄想も変わる。水面に立ち上がった泥につい惑わされてしまうけれど、海底には表面とは違うしんとした世界がある。本来のしんとしたところに揺るぎなく向かうツールを科学として世に出してくれたくれたサンカランはものすごい仕事をした人だと思います。

などと書いているとまた時間がいくらあっても足りなくなるので、続きはまた。
スポンサーサイト
NEXT Entry
Kaspar Hauser
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR