< >
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016. 05. 15  
courage(勇気)という言葉は、よく見ると中にrage(怒り)が入ってますね。フランス語ではもともと心に沸き起こった怒りを表すこの言葉は、その怒りを奮い起こして次に進むための推進力にすることを勇気と定義しました。なるほどなと思います。

いつもセッションルームにかけた靈氣の五戒を見ながらセッションしているのですが、ここに書いてあるのは

今日丈けは
怒るな 心配すな
感謝して
業に励けめ
人に親切に

靈氣創始者の臼井甕男先生は、病気治療をして快癒した患者がしばらくするとまた戻って来ることを憂い、人は心を変えないと本当に元気にはならないと考えこの五戒を導入したそうです。

私たちが病に陥る最大の原因を、臼井先生は怒り心配としたのが面白い。毎日毎日、祈りながら私もこの2つと向き合います。古今東西だいたい共通するのです。ひとつひとつ玉ねぎの皮をむくように心のなかを探っていくと、絞りに絞って最後に残るのは心配、そして怒り。これらに出会って竦然とするのは、でも同時に治癒への大きな一歩。

先に、終わらせる。
そうすると、次がやってくる。
次にやってくる者は、とても近い。
そしていまよりうんと少ない。

ネガティブな感情を持つことを恐れないでください。
終わらせる時には、エネルギーが必要です。
その原動力は怒り。
怒りをネガティブだと思って怖がらないでください。
それがなければ勇気は持てないのです。
スポンサーサイト
NEXT Entry
ロルフィング体験談 YSさん セッション1
NEW Topics

Rough Lines
愛着、承認欲求、不足感、分離感、罪悪感・・
エネルギーの法則と人間関係
触ること、触られること〜性の問題について
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式ロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com


・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(東京):

前期12月29日(金)18:00〜21:00
  12月30日(土) 9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期12月31日(日)9:30〜16:00
        
      

直傳靈氣交流会(フランクフルト)




直傳靈氣交流会(東京)


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。