< >
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016. 05. 30  
Session 3 18.05.2016 @Oberursel 4pm

<セッション前>
コンディションは、目のかゆみ、目やに、喉のイガイガ、生理痛、だるい。 朝食は、クロワッサン、Käsetörtechen、ローズペタル入り緑ウーロン。

電車が着く前から低血糖でいたたまれない。Frankfurt am Main 駅で、素うどん的な味のシンプルなものを食べたくてアジアイン ビスに行くが、やはり添加物、防腐剤、その他の味におののき、余計に気持ち悪くなる。グルタマート摂取後の特有の火照りと心拍数 上昇を感じる。ま、1回食べたくらいでさほど害はないし、死ぬわけでもないし、血糖値回復したんだし大丈夫!と暗示をかけてみる が、胃曰く、なめてんのかふざけんな。、、、、次からおにぎりでも持ってきます。 Oberurselに着き、良さげなカフェを見つけ、お腹はまったくすいていないが最後の頼みの綱的に休憩。Decafe Capuccino&Eggtartをさらに食べ、少しだけハッピーになる。そして10分後、気持ち悪さ改悪。身体の感覚から逃れるように、 頭の中で呪文を唱えながら移動。きもちわるいわるいわるいわるいわるいわるいしにそうじゃにけどしにそうだうだうだうだうだるい だるいだるいだるいだるいうげーうげーすんげーきもちわるいわるいわるいわるいわるい 30分も早くによろよろと孝美さんの所へ到着。

<セッション中>
調子はどうかと聞かれ、絶不調です、おなか痛いし吐き気がしますと言うと、肘の内側にホメオパシーのレメディーの女性ホルモンを塗ってくれた。お花のいい香りがした。セッションが終わる頃までには不調なんかどこかへ行ってくれる予感がした。

まずはあおむけになる。孝美さんが台の周りをゆっくり歩き、ところどころ止まる(四方?)。???何かを確認されているようないないような???

横向きになる。右側の施術。腕を頭の上までまっすぐのばした状態でリラックス。うで/肩をゆだねる事がなかなかできない。 過去4回脱臼した右肩は靭帯も関節包もゆるゆるだ。たとえゆっくりでも脱臼しそうな稼働域に達すると、無意識のうちに怖いからか 肩関節をキュッと軽く固める癖がある。 施術されるにつれ、脇の下はピザ生地のようにとにかくのびのびで、千切れそうで千切れない所で伸び続けている。でも冷たい感じは しない。左側の時も動揺に伸びるが、右よりも怖い感じはしない。

右太もも側面をなぞられる。TFLかITBがモーレツに痛い。怪我をした部分に、まだ多少のしこり/平たいけど固いところが残ってい る。とはいえ、どうも筋肉ひとふさ全体の繊維が整っていない気がしてならない。櫛が通らないこんがらがった髪の毛のごとく。 そういえは髪の毛もまだ良く抜ける。すぐにオイリー頭皮になる。 お尻の部分、Piriformisはさらに手に負えない感じだったのだろうか。とくに滞りまくっているのが分かった。ダンストレーニング (特にバレエ)を行うとよくここが凝る。

脇の下と肩甲骨の2点からのアクセス。何かの流れのラインを感じる(その2点間)。 理科:金属を溶かす実験か。肩甲骨側の触るポイントが変わると、金属の種類も変わる。溶けやすいのとにくいの。 右側の時、心臓が一瞬きゅっと言った。左側の時は別の臓器が何か言ったが思い出せず。 右の時は右側の小腸大腸がこぽこぽ。左の時は左側の小腸大腸がこぽこぽ。流れを通すパイプラインが一直線に配管されました、とい う感じ。
心臓はほどくと一つの血管のパイプなんです。by孝美さん

あおむけになる。頭と頸骨をもたれると、まもなくして、目玉が霊化。視界は閉じたまま。四肢の霊化との違いは、暖かいまま透き 通っていくという事。 仙骨の下に手のひらを置かれる。普通に暖かくて気持ちがいい。何となく、骨盤右下付近の臓器か筋肉かに何かの根源があるような気 がした。Iliacusかappendixか右のOvaryか神経科か、、、それをどうにかしてあげられれば体調は変わるのではという気がした。

椅子に座る。背骨ー座骨ー膝ー足で体重を落とすのだが、どうしても座骨部分がすり抜ける。生理中は骨盤が緩くなるから、つかみづ らいのかも知れませんねという事だ。”座骨を重ーくする感じ”という指示のもとでトライしやっと少しマシになる。

Erector spinaeをなぞられ、左右の違いを感じる。厚み、弾力、繊維の整い方、骨との仲の良さ悪さ。
Sacroiliac jointをなぞられたが、痛い。腹側、卵巣に響いたりもする。なるほど。

<セッション後> 施術後はAIBO。かっしゃんかっしゃん。Patellaが緩く軽い。木彫りのよう。ひざかっくんで歩く人。多少、膝のすぐ上と横のもも が重く感じる。施術前の気持ち悪さ、生理痛、だるさ、重さは微塵も無い。

<セッション後翌日以降> 単調なパズルゲームにハマる。アレルギー性鼻炎が続く。匂いと音にさらに過敏になる。匂い:他人のPerfume、電車、鳥、犬、 汗、食べ物。音:自他ともに声の音量と質、電気製品のノイズ、雨の音。


さてここから先ですが、セッション4以降は本当にパーソナルなテーマが浮上してくることが多いです。そこで自分の境界線をしっかり保ち、安全にダイブしていただくことを最優先にしていただくよう、以下を提案させていただきました。

「今後、自分のためだけのメモが必要になるかもしれません。そして私とだけシェアしたいことも出てくるはず。だから、今後メモの公開は気が進まなかったら一部だけ、あるいはなくても構いませんので、どうぞご負担にならないよう。何よりもこの10シリーズはまず自分のための大きなプレゼントとして存分にダイブしてくださいね。」

今後の日記はどういう形の公開になるかはわかりませんが、YSさんのプロセスを応援してくださる方がいらしたら、そのお声は届けさせていただきます。

以下ノートです。クリックすると拡大してご覧いただけます。

S3-1.jpeg
S3-2.jpeg
S3-3.jpeg
スポンサーサイト
NEXT Entry
取り出された非自己がもたらすその後
NEW Topics

Rough Lines
愛着、承認欲求、不足感、分離感、罪悪感・・
エネルギーの法則と人間関係
触ること、触られること〜性の問題について
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式ロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com


・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(東京):

前期12月29日(金)18:00〜21:00
  12月30日(土) 9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期12月31日(日)9:30〜16:00
        
      

直傳靈氣交流会(フランクフルト)




直傳靈氣交流会(東京)


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。