< >
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016. 06. 11  
今週前半まではもう体力の限界を感じる大変さが続いて、後半はもう完全に伸びきりました。今月はホメオパシーに全力投球のつもりだったので本当はこの時間もケース分析とレポートの作成に費やしている予定だったのですが・・・ダメ、休息必要。

今せっせとハーブや野菜を育てていて感じるのですが、植物育てようと思うと本当に難しい。気候や土地に合ったものだと放っておいても雑草のようにぐんぐん育つのに、自分の食べたいものを食べたいように育てようと思うともうそれはそれは手がかかるし、やっと出来上がっても何か強さが足りず、味も本来と違ったりする。

紫蘇が大好きなのでちりめんしその種を蒔いて、一ヶ月それはそれはたのしみに発芽を待っていたのですが、2ヶ月近く経って全くひとつも芽を出さず、そのままそこはシソのお墓になりました。昨日傷心のままその上にミントとメリッサとシナモンの苗を植えました。冷奴の薬味にペパーミント。身土不二ってこういうこと・・。

本当は昨日オーガニックのワサビの苗も見つけたので、手にとってしばらく悩んだのです。これをシソのお墓に植えたい。でもどんなに手をかけてもどんどんカラカラに干からびて小さくしぼんでいく姿が目に浮かび、寂しく棚に戻しました。

逆に街を歩いていて感じるのです。いまそこここで満開に咲き誇るバラの強さ。日本では病気に弱くて手のかかる植物の代表であるあのバラ。手をかけられているバラもありますが、家の持ち主が変わって野生化したバラもあって、これを見るのが本当に面白い。コンクリートの裂け目から不屈に這い上がり、不自然に茎をねじらせながら日当たり最高の位置を確保した暁には、毎年大輪の花を咲かせ続けるこの生命力、この王者の主張。ちなみにもちろんホメオパシーでもバッチフラワーでも古くからレメディになっています。

ホメオパシーだとHelleborus niger(Christmas rose) :
ハーネマン時代から使われている、最重要レメディの一つ。脳脊髄、中枢神経系の疾患、つまり髄膜炎、脳炎、脳震盪、昏睡、といった非常に重篤危篤な症状から、無反応、ぼーっとしている、痴呆などに対して処方されます。

バッチフラワーだとWild rose :
一言で言うと、幸せになることを諦めている人。何があっても不平不満を言わず、でも改善させようなどという意欲は持たず、起こるままに、されるがままに、ただ漂っている人。

精油でもローズはダントツ1位の周波数で、用途は広く、高価なブレンドには必ず入っています。本来これだけの力(一次作用)を持つものが、その逆に振れたときの状態(二次作用)は相当だなというのは容易に想像がつきます。


血液型にお国柄があるように、ホメオパシーレメディでも地域性やお国柄があるなとは以前から思っていました。たとえば中国、インド、メキシコはB型の国、アメリカとアフリカはO型の国、日本とドイツはA型の国です。なんだかよくわからない人が多いと思っていたフランスはAB型、側からは似ているように思われるけれどこの唐突な距離の詰め方は無理、その言動は痛い、と思うことが多い韓国はO型の国。これはホメオパシーでも言えるなと思っていました。

レメディは大きく分けて鉱物、植物、動物に分けられます。これを本当に乱暴に一言でいうと、鉱物は文字通りかたぶつ、植物は流されすく、動物は他人vs私。これが最も一般的な紹介の仕方。それぞれについて話し出したら一晩じゃきかないので、今は本当に一言だけ。

たとえば動物レメディの人は少ないのですが、動物の人は目立つ。自分が動物であることをアピールするからです。目力が強く、主張が強く、アニマル柄を好んで着たりして、他人をおおーっと思わせることが好きです。動物(病原菌や細菌類もこれに入れます)は、コンサルの時にもっとも面白い反応をします。

日本は植物のレメディが仕事する人が多いなと感じます。植物の大きな特徴は、動物のようなgo getter(やり手=自ら資源を獲得しにいくタイプ)ではないので、周りの環境に順応する、しなければいけない。植物は環境にどう順応するかということが死活問題なので、環境に振り回されやすい人は植物の可能性があります。

植物って一見弱そうですよね。なすすべもなく踏みにじられるだけの私、私自身は何もできず、太陽に、水に命を委ねる私、みたいな。でも実はそう見えて結構しぶといのが植物。実はかなり生息の範囲が広い。泥水からこの世のものとは思えない花を咲かす蓮とか、まったくほとんど水のない不毛の土地で風に吹かれ、倒れるようにゆすられながらも結構そのまま生き続けるプルサティーラ、ジメジメした湿地帯で他の追従を許さず繁殖しつづけるコケ類、etc、みかけによらずしぶとく強いのが植物の特徴。

日本の野菜類をうまく育てられずに傷心の日々を送りつつ、日本人の処方のことを考えていました。今の日本人の多くは、本来自分が住む土地じゃないところで無理やり育てられている外来種の種みたいな人が多い気がします。本来一人一人には持ち場というものがあって、適材適所にうまく収まるとものすごく力を発揮する。本来超しぶといからです。でも無理やり自分の持ち場じゃないところで一生懸命仕事をしても、エネルギーが発揮できずにどんどん空回りしていきます。A型に癌が多いのは偶然じゃなくて、他人の土俵でも頑張ってしまうその完璧主義とか自己否定が癌のエネルギーを増強している。求められた、あるいは「あるべき型」に無理やり自分を当てはめようと「真面目に」頑張る、この真面目な頑張りこそが命取りなのですが。

日本は植物かもしれないけれど、A型かもしれないけれど、住む私たちは動物です。私には足があって、自分で資源を獲得しに行けるし、自分のことを主張することができるし、自分に合ったものを自分で選ぶことができる。私はノーと言える。こういうところから始めればいいかもしれません。
スポンサーサイト
NEXT Entry
Jan Scholtenのこと 井戸の底で出会うもの
NEW Topics

Rough Lines
愛着、承認欲求、不足感、分離感、罪悪感・・
エネルギーの法則と人間関係
触ること、触られること〜性の問題について
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式ロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com


・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(東京):

前期12月29日(金)18:00〜21:00
  12月30日(土) 9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期12月31日(日)9:30〜16:00
        
      

直傳靈氣交流会(フランクフルト)




直傳靈氣交流会(東京)


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。