< >
2016. 06. 19  
ホメオパシーを学んでよかったなと思うのは、物事の捉え方の尺度になるものをたくさんもらったから。ご存知ホメオパシーは西洋の概念なので、どんどん簡潔になり最後は極限までシンプルになる日本式と逆の発達の仕方をしていて、その意味ではやっぱり西洋人向けかもしれなくて、日本人は本当は靈氣だけを極めればいいという気もしますが、でもこれだけ国際化が進んだ今は、純血思想にとらわれるのも現実的じゃない。


私はコンピューターのなかった時代にホメオパスになった人たちから習ってきて、だから教材の内容も時代遅れ(基礎の基礎をながーくやるのでホットな話題を取り上げない)、課題一つ一つがものすごく考えないと書けないことばかり、私の場合他のことをかなぐり捨てて全力で取り組まないと仕上げられないので時間がかかってしかたないし、側からもそもそも語学力に問題があるとかますます肩書きが怪しくなるとかこれだけ時間がかかるのは適性がないからやめたほうがいいとか随分言われ、その途中で日本でホメオパシーバッシング事件が起こりますます肩身は狭くなり、やめるチャンスは本当に何度もあったのですが、やめなかったわずかな理由が私を支えてくれました。

コンピューターのなかった時代にこの膨大な知識体系を身につけ、それを実践している人たちに憧れてきました。ホメオパス30年選手、たとえばthe College of Homeopathyを首席で卒業しSOHの教壇に長く立つDavid Mundyなどは、もう頭の中全部コンピューターです。(日本を砒素の国と言ったのは彼。)もはや現代では芸当の域。

昔はネットがなかったから情報が少なかったはずなのに、昔の人は本当になんでも知っていた。もう亡くなってしまった方には直接会えないので、そういう古典的な系統を引き継いでいる人、そういうものを体現している人に憧れていました。りんごが落ちるのを見て万有引力の法則を引き出したニュートンとか、遠ざかる船が下の方から消えていくのを見て地球は丸いと発見したガリレオとか、こういう人たちに共通する、何かひとつの事象から普遍の法則を引き出す素質を磨いてくれるような、そういう学びがしたかった。私はここで何をしているのか、何をしたいのか、どこに行こうとしているのか、本当はいつも気にかかっているのに、気にかけないように目を背けているこういう質問に対して、道標が欲しかった。

たぶん私たち一人一人に、そういう大発見をする要素が均等に眠っているはずなのです。疑問を持たないと答えはやってこない。問いかけないと、答えはやってこないです。問いかけても、受け取る準備ができるまで答えはやってこないですが。

何を選ぶかはそれぞれのご縁なのでしょうが、たまたま私にとってはそれがホメオパシーでした。最初から「道」にすんなり入っていける人もいるのですが、私はどうもそういうタイプではなくて、うようよ迷ってとっちらかって、最後にやっと収束するタイプのようです。

Davidの言葉で心に残っているのが、本は片っ端から読んで混乱すればいい、それもケントのような超詳細な古典(ケントは医者だったので、身体症状に対する記述が詳細)から入って現代のもっと洗練されたサンカランやショルテンに向かえばいいと言っていたところ。普通は入門書から入ってだんだん専門書に向かうものですが。私は昔から厚かましくも超古典、原書にすぐに飛びつきたいところがあって、わかりもしないのにとびこんで勝手な解釈をしてとんでもない誤解をして失敗して散々回り道して、結果きれいに入門書から入るよりうんと時間がかかるというアホな経緯をたどるのですが、なんだかこの悪癖を肯定されたような。その回り道で無駄につけた知識も、いずれ芸の肥やしになるかもしれないと思える勇気付けられる言葉。これは講義の終わりでちらっと口走っただけの、彼にとってはどうでもいい内容のはずですが、私にとってはすごく大事な支えになりました。




スポンサーサイト
NEXT Entry
ホメオパスは陰の仕事 Jeremy Sheerのこと 
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR