< >
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016. 06. 19  
先にもちらっと紹介したJeremy Sheerは, ホメオパシーの金字塔になる人物の一人で、現在はアフリカで現代医療と協力(*1)してエイズ最先端の治療を行っています。先日30分そこらで慢性病のコアを引き出し分析、区別、確認作業を終え、コンサル終了とともにレメディを差し出すなどということをするホメオパスがいると言いましたが、それはジェレミーのことです。頭の回転が早く行動力のある人なのですが、なにより彼の膨大な臨床経験による賜物で、芸当の領域です。通常慢性病のケースはこんな風には決して行きません。

今も日々臨床や講師業で多忙な彼ですが、その傍ら非常に重要なレメディを次々とプルービング(*2)しています。ミーシャがSOHでプルービングしたFalco-p(はやぶさ)のレメディは現代では臨床によく登場する重要なレメディの一つになりましたが、ジェレミーは他にもチョコレート、ダイヤモンド、ネオン、ハイドロジェン、ゲルマニウム、ヘリウム、プルトニウム、さそり、ひきがえる、ポラリス、オゾンなど、ものすごく魅力的なレメディたちを次々と世に送り出してきました。これらのレメディたちはものすごく面白いのでいつか一つづつ紹介していこうとおもいます。

*1)ホメオパシーは現代医療と共存協力可能です。喘息はステロイドで完全に制御できているからお腹の不調だけをホメオパシーで治療してくれと言われたら、そういう処方はできます。現実問題、そういう患者さんは多く、いちいち現代医療の瑕疵についてとうとうと説明し改宗を迫るなどということはしません。たとえばドイツでは現代医療とホメオパシーは一般の人が気づかないくらい融合しています。ただし、前にも説明したように、この場合の治癒は根治ではなく一時的な緩和にとどまります。でも、一時的な緩和でもってもそのバランスがその時その人にとっては最も心地いいものであれば、それで治療は終了です。

*2)新しいレメディを作り出すために、治験作業を行うこと。大勢の人間が関わることや色々な条件が必要なことがあって、組織力と政治力が必要な作業。

ジェレミーの講義はもう本当に芸術で大好きで、私にとっては全部永久保存版ですが、その中でちらっとホメオパシーは陰の仕事と言っていたのがとても面白かったので、そのことについて。

先にホメオパシーは異端と書きましたが、それは実は正確ではないと自分でもわかっていて、陰と言ったジェレミーの方が正確。

「アロパシー(対処医療)は陽の力。病院、お金、薬局、保険会社、戦術、政治家、侵襲、全部陽です。

ホメオパシーはすべて陰。ただ座って何もせず話を聞いて、待って、人にボトルを渡すだけでしょう?ケースについて聞いている時も何をするわけでなく、ただことが起こる任せ、それぞれがそれぞれの役割を演じるに任せ、好転反応を受け入れる。すべてが受容です。すべてを受け入れ、聴き、委ねる、というのがホメオパシーのすべて。同種のものが同種を癒すというのも、これもゆだねることの一つ。立ち向かって叩き壊す姿勢ではない。これがなぜホメオパシーに力があるか、なぜホメオパシーは見えないかの理由です。だからアロパシー(現代医療)はホメオパシーを引き継ぎ、ホメオパシーを隠し、その力を盗んだ。でもそれは長くは続かない。なぜならこの陰の力は強いから。ホメオパスが組織力を持ち、病院をもち、学校や大学、ファンドを持ち始めたら、次第にまた力をつけることになる。

受容は弱い、という幻想があります。実際受容は弱くない。受容には力がある。太極拳というのは最も強力な武道の一つですが、あれは全部受容(受け身)。陰には陰の、独立した力がある。」


物事をいいわるいでなくて陰と陽で捉える考え方は、もともとアジア人の私たちの得意とするところでした。いつのまにか禅とか陰陽とか、こういう概念が西洋から逆輸入されていますが。私たちはいつから受け身が弱いと思うようになったのでしょう。たまたまホメオパシーを陰として語っていたけれど、ホメオパシーのところを別の単語に置き換えれば、本当にたくさんのところで応用のできる捉え方。私の力は受け身にある、陰には独立した力がある、という捉え方は本当に支えになる。
スポンサーサイト
NEXT Entry
NHK スペシャル 2016年6月19日 キラーストレス 2回目
NEW Topics

ホメオパシートーク(風邪とインフルの予防と対策)のお知らせ
地球に着地を促す・・・ オーク
手放す時・・ エメラルド
カルマを暴き浄化する・・・ レインボー
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコース修了

ロルフィング
ホメオパシー
SE(トラウマ解放ワーク)
を複合したセッションで皆様のお手伝いをしています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー施術者
・ソマティックエクスペリエンス施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月26日(火)〜1月3日(水)

直傳靈氣靈授会(レメディつき)
12月31日(日)
16:30−17:30 5000円
ホメオパシー講座(インフルエンザの予防と対策)
17:30ー19:30 5000円
使用レメディはその場で別売します
    
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
12月10日(日)16:00〜18:00
12月13日(水)16:00〜18:00
12月22日(金)14:00〜16:00

今回はレメディの聖水が付きます。
靈授はみなさんのエネルギーのクレンジングをし
天とリコネクトするお手伝いを
外側からします。
レメディは内側から。

この儀式を共有できるご縁と喜びに感謝します。


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner
Somatic Experiencing® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。