< >
2012. 06. 02  
昨日でパーティ、もといトラウマワークショップ終了。今回は一日24時間全部が授業だった気もします。授業でキーワードをもらって、残りの時間で探索。絶望的に方向感覚のない「地図の読めない女」である私には、オリエンティングの駆け引きがものすごく新鮮だった。私は物事を俯瞰的に見ること(Peripheral vision)が苦手で、迷ってはパニックになる。トラウマ経験者はこの感覚には深く頷くはずです。今回はのっけのMammaMiaで運命的にdisoriented(方向感覚を失うこと)からのスタートとなり、その後もdisorientingを地でやってOrienting Responce(定位反応:まだ自分のデータにないはじめての体験をしたときの反応)を冷静に観察する絶好のチャンスに恵まれました。いつもみんなとすごくいい加減な計画ばかりして、待ち合わせには地図なし、メモなし、連絡先も控えず携帯も使わず、いいかげんな記憶と口約束ですまし、方向も行き先も定かでないのにたまたま通りかかったトラムに果敢に飛び乗り、他の乗客に助けてもらって待ち合わせ場所と目的地に行くとか、帰りの長距離列車では中央駅の電光掲示板にAusfall(運行中止)の文字を発見してのけぞっていたら行き先がばっちり同じだったイゾルデが女神のように現れて結局事なきを得るとか、普段ならプチパニックになる状況で、別の捉え方と可能性を教えてもらいました。何かとても茶目っ気のある神の図らいを感じます。

最後のみんなとの集合写真↓
IMG_5526.jpg

IMG_5523.jpg

1番目の写真に写っている前方左がLael。何故か古代のシャーマンをいつも連想させる彼女は、一瞬でものすごい情報をキャッチするのにただ驚いた。対象を見た瞬間コンマ一秒くらいでボディリーディングを終えている。この道30年選手は多かれ少なかれこうなのだけれど、彼女はさらに深い層をこの眼で見てる。彼女の目はとても不思議な目で、なにか表現のしようのない深さを湛えています。それに彼女のリスニング能力も本当に驚きで、重心のシフトや広がり、呼吸、パルス、フローなどの通常の情報に加えて、中医学の先生が手首でとるようなものすごく微細なレベルの脈拍と脈動を、身体のあらゆる部分で瞬時に感じ取っているように思えた。しかもやってもらって驚いたのが、なにやら私自身が気づくほんの少し前に気づいているようで、まるで脈動の変化のプリムーブメントを読み取っているように思えて本当に不思議でした。日野先生の予備運動を消す動きについて説明したら、それは絶対にない、人間が予備運動を消すことは神経学的に決してできない、と断固否定されました。来年の続くトレーニングまでに、来月初旬の日野先生への弟子入りでにわか稽古する「予備運動なしの動き」で来年もう一度勝負に挑みます。(笑)Laelが日野先生のボディリーディングとセッションしたら面白いだろうなあ~~。

2番目の写真の一番左に写っている黒い服を着たのがアナトミートレインTom Myersの元奥さんのジゼル。頭が切れてセクシーで、愛にあふれたものすごくかっこいい大人の女。

赤い服を着た私の隣にいるのが生物数学博士のミヒャエル。昔のホリーハンター主演のThe Pianoの主題曲を情緒たっぷりにめちゃくちゃ上手に弾く彼からは、私はいつも目が離せない。経歴も性格もまるで違うし接点はロルファーであるということだけなのだけど、何故か彼は私にとって一番安全で気楽な人です。

後方に立つ男性2人は椅子に立っているのではありません(笑)私の後ろに立つクラウスは身長2メートルくらい、足のサイズ48(29センチ)で本業農夫。彼ともロルフィングがなければ絶対に出会えなかった。とにかく単にお互い物珍しい(笑)というのが第一印象だったけれど、話してすごく楽しいのでこれもびっくり。

参加者が役者ぞろいだったのでひとりひとり書きたいくらいなのだけれどきりがない。こういうまったくあさっての方向の人たちをひとつにまとめてしまうのがロルフィングのすごさでLaelの魅力です。今回は本当におもしろかった。神経学と心理学の膨大な背景についてこれからの復習がまたすごい量。。。でも今週いっぱいは妻業と母業に専心して今月末からはパオラ、それに引き続き日野先生の武道のワークショップへの準備が必要、などと言い訳してあとに延ばすのがみえみえです。今回Orientingを本来の意味でなく自分の都合のいいように解釈した私は、今後も真面目に復習・予習などするつもりはなく、行き当たりばったりでやっていくのだろうなと妙に開き直っています。私はトラウマ解放に成功したのだろうか??







スポンサーサイト
NEXT Entry
The Polyvagal Theory: ロルフィングとトラウマ 7
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR