< >
2016. 10. 03  
手術は事故のトラウマに含まれるのですが、ここは該当する方が多いので改めて独立した項にしてみます。

手術はしばしば、もともとの病巣あるいは事故そのものより、トラウマになります。ひとつの要因が麻酔。これは非常に危険を伴うプロセスで、
  • 身動きが取れない
  • 感覚の麻痺
  • 無力感、絶望感
  • 逃れようのない攻撃
  • 臨死体験
  • 感覚の乖離(altered state)
  • ここはどこ、私は誰
  • 酸欠
こういう体験となり、これを身体が無意識のまま記憶することがあります。もちろんひとえに個人の感受性にかかっていて、大きな手術を受けても全くトラウマとして記憶しない人もいれば、小さな手術が大きなトラウマになる人もいるので、一概には言えません。

ロルフィングは身体の深層部分に踏み込むので、セッション中クライアントさんのこういう記憶に遭遇する機会が幾度もあります。

・・・突如蘇る記憶。麻酔薬の臭い、冷たさ、色が部屋に充満し、酸欠になり、逃げなきゃいけないのに身体が動かない、というパニックのなか、聞こえなかったはずの手術中のドクター達の会話が蘇る。これは誰の記憶?これは一体何???説明のつかない、でも生々しい感覚に圧倒される。そして麻酔が切れた後の思いがけない痛みと、目が覚めた時の孤独、それを訴えた時の冷たい扱い、こういったものに対する怒りや絶望が蘇る・・。

こういった体験は顕在意識では記憶していません。当然です。大脳新皮質を通して言語化できる記憶は一割にも満たない。でも細胞ひとつひとつは記憶しているのです。

麻酔がかかっていても、手術台に横たわる患者は医療関係者の声を聞いています。身体の記憶が蘇ると、聞こえていなかったはずの会話も蘇ったりする。とくにその会話に傷つき、ひどいショックとして細胞に残っていた場合は。

昔は驚くべきことに、乳幼児は痛みを感じないからと信じる医師の元、新生児に対して麻酔なしで手術をしていたことがありました。新生児はもちろん大人と同様に痛みを感じています。それを大人に表明できないだけで。乳幼児の痛みに対する研究結果は今更のように知られるようになりましたが、こんな当たり前のことがわからなかった医師達に与えられたトラウマに長く苦しむ人たちの存在は、まだそれほど知られてはいません。生まれて間もないこの暴力に対するショックは、その後の人生において、アレルギーや神経過敏、精神疾患につながると言われています。

60年代までは、麻酔にはエーテルが使われていました。このエーテルそのものがひどい代物で、ちょうど以前紹介したThe Cider House Rulesでラーチ医師が堕胎手術に使い、自身もそれで命を落としたものとして描かれています。ひどい臭い。頭痛、酸欠、幻覚をひきおこします。60年代までに手術を受けた経験のある方で、「理由もない」偏頭痛に苦しむ人に SEのアプローチは非常に有効でした。さらに付け加えるなら、ホメオパシー治療ではもっと踏み込めるだろうなと感じています。


手術については、次に重要なのが、準備。身体にメスを入れるという出来事は、思いがけず大きなインパクトになりうる。何がどういう手順を踏んで行われるのか、予後はどうか、痛みはあるのか、こういったことを、なるべく細部に至るまであらかじめ情報として持っておかれることをお勧めします。目覚めた時に傍にいて欲しい人、退院時に迎えに来てもらう人の手配は必須です。また病室がなるべく居心地のいい場になるよう、いつもの生活の続きになるようなものを用意してください。お気に入りのお茶、お気に入りのお菓子、精油、花、ぬいぐるみ、まくら、音楽や本など。そして、手術の予行練習を丁寧にしてください。SEプラクティショナーはこのあたりに詳しいので、不安であれば一度ご相談されるといいでしょう。


スポンサーサイト
NEXT Entry
昆虫人間
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR