< >
2016. 10. 29  
完璧に晴れた週末。ヨーロッパの秋は思いの外短くて、圧倒するようなあでやかな紅葉を一瞬見せてくれた後は色のないどんよりした長い長い冬に向かう。目の前のイチョウの黄色、もみじの紅、もみの木の深緑、その奥にならぶ一軒家の白い壁と黒いレンガ、赤い煙突、その背景に広がる青い空とそこにぽっかり浮かぶ白い雲・・晴れた日は天国のような色彩。窓を大きく開けて太陽の光を浴びて、溜まった日本の新聞をななめよみする。手に取ったのが今年の7月1日の日経。もう役に立つ記事はほとんどない、と思いながら目に留まったのが川上弘美の連載小説「森へ行きましょう」。

かねてから気になっていましたが、渡辺淳一の「失楽園」といい、毎朝一面の次にこれにかぶりつくおじさまたちの需要を垣間見た気分。

川上弘美「森へ行きましょう」からの引用:

女にもてることは、あんがいたやすい。見目はさほど関係ない。ただ、女の話をよく聞き、身をほどほどに清潔に保ち、欲望をきれいにくるんで見せないようにし、けれど同時に女への欲望をちらりとみせもする、ということができればいいのである。・・・けれど、それはその女のことを真に好きでない場合に限る・・。

心の底から一人の女のことが好きで、その女に執着すればするほど、男はもてなくなる。執着する女以外の女は目に入らないのだから、不特定多数の女からもてないのは当然だし、おまけに、執着している等の相手からも、さほどはもてない。

・・・女にもてるのは、女のことを適当にいなすことのできる男なのだ。


いつも思いますがこの人本当にうまいこと言う。本当にねっとりした女の視点。頭のてっぺんからつま先まで女。女じゃないと書けない実感をうまく書くという点で、おじさまたちには得難い逸材なのかもしれない。

私の実感から言っても秀逸な観察だと思いました。

  1. 見目はさほど関係ない。
  2. 女の話をよく聞き、
  3. 身をほどほどに清潔に保ち、
  4. 欲望をきれいにくるんで見せないようにし、
  5. けれど同時に女への欲望をちらりとみせもする
いや本当にその通り。最後の

6、一人に執着しない、

というのも大きな要素。

ちなみに女の話をよく聞き、というところはキーです。みんな、自分のこと聞いてもらいたい。誘った女に対して大昔の武勇伝を披露する男性などは最も痛々しい。xx(自分のバックグラウンド、トラウマ)のせいで女性と会話ができない、ということを気にしている男性にも、別にあなたが喋る必要はない、と言ってあげたい。適当に、そう、すごいね、そう、それは大変だね、と言っていれば女性との会話は成立するのです。女はそれで勝手に喋って勝手に機嫌よくなります。別に気の利いたコメントや知識、鋭い洞察、解決策を披露する必要もない。

モテるためには会話が弾まないといけない、と、女を喜ばせるべく「自分が」面白いと思うネタをたくさん集めている人がいますが、それを押し付けられる方は疲れます。もっとも、それが下心もなく過剰なサービス精神でもなく、単に自分の好きな話題に熱中している、という人に対しては評価が分かれて、こういう人に惹かれる女性がいるのも事実。

女を喜ばせたかったら褒めるといい。外見を。そのためにはしっかり目の前の女を見る必要があるのですが・・・。何かひとつ目に付いたもので、いいなと思ったことを、口に出す。そこで拒絶の反応がとっさに返ってこなければそこから先は相当簡単です。この先は各自にお任せします。good luck.
スポンサーサイト
NEXT Entry
Cocoon Dance: No Body but Me
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR