< >
2016. 12. 21  
ロルフィングで扱う筋膜は身体中をもれなく走るウェブ。ウェブというのは「つながり」。人々はいままでの人生で纏った古いパターン、振り払って楽になりたい記憶を捨てようと私のところに来ます。私は絡まりぎゅっとこり固まったそれをほどく。でも解かれたそれは、また新たな繋がりを求めてその手を伸ばす。なぜならつながりこそがこの筋膜の本質だから。この地球で哺乳類として生まれた私たちの宿命だから。

社会に含まれないと生きられない私たちが病む根源の一つが"disconnection"。大いなるわたし(=根源、宇宙)とのつながりを断たれた状態。遡って原初の記憶を絶って受胎した時、母とのへその緒を切られた時、社会に出て仲間はずれや失恋、裏切りなどでつながりを断たれたと感じた時です。多くの人がここで学ぶのは、この根源的ショックを二度と受けないように防衛する手段です。傷つかないように、バリアを幾重にも張り巡らせる、一定以上人を近づけないようにする、選択肢・替えをいくつも用意する・・。

私たちがこの世界を生きているのは、一度切ったつながりをもう一度つなぎ直すため。リコネクション。

いちど断たないと、つながる経験を実感できないから。断たれた状態が身を焼かれるような辛い経験であればあるほど、リコネクトした時の至福が味わえるから。

人間のコアを失わせるのは簡単だよ、というある精神科医の言葉:

「その人の境界線をちょっとだけ超えて、立ち去る。次の日、またやってきてもうちょっと超える、そして立ち去る。次の日、さらにもうちょっと超えて、立ち去る。3回やればその人はもうガタガタだよ。」

臨床を長く続けた人が発した言葉。人のコアなんてこんなに脆い。バリアーを幾重にも張り巡らせて、身長より高い石の壁を高く積み上げても、その先にたたずむ私はこんなに脆い。

こんなショックうけるくらいなら、外界とは関わらないほうがいい、と思う。閉じていたほうが安全だし、その閉じた空間に、好きなものだけを集めて悠々と過ごしたほうがいい。ファンタジーは現実よりはるかに魅力的。


でも筋膜を聴いていると、私たちはそれでもつながりを渇望しているとしか思えない。いま捨てるのは、新しい出会いを求めているから。いま終えるのは、新しい関係を求めているから。いま拒絶するのは、それでも超えてきてくれる人を求めているから。それでも受け入れてくれる人を求めているから。

大塚さんの自分軸講座を受けて、私は本当に他人軸、あなたあっての私、で生きてきたなとわかって、自分が人生においてどうやってガタガタになってきたかを一つ一つ思い出して、ああ、disconnectionだ、頭でわかっても体が納得していなかったとわかりました。血も凍るような体験が、もう生体反応を引き起こさずに自然に傍観できるようになるところまではSEを通してできるようになった。これらの体験で培った「学び」という呪縛、過剰に膨らんだ飛躍と妄想をとりだして、それは妄想だよ気づく作業はホメオパシーの奇跡に任せている。同時に日々できることが、この妄想を、一つ一つ意識して、新しいパターンにシフトさせる作業。稼働までをしっかり意識して見届けることが大事。そうでないと無意識の過去のループに入る(大塚さんのいう自動操縦状態に戻る)ようで・・・。

私はなにをそんなに寂しがっているんだろう。何を失うのがこわいんだろう。コアってなんだったんだろう。つながりについて考えるとき、ひとつだったものが分離したときのとてつもない喪失感に気が狂いそうになります。手塚治虫の火の鳥の「望郷編」に描かれている、ただただ愛していた人と2人で地球を捨ててある星に移住して、そこでその人を失ってからその子供達となんども交配を続ける女性の話。私たち(少なくとも私)はずっとこれをやっている。その片割れをずっとずっと恋い焦がれリコネクションを渇望するわたし。

こういうことを一つ一つ取り出して意識する作業はとても夢中になる魅力的な作業。

スポンサーサイト
NEXT Entry
この世は私の想いのなかに〜Café Society,君の名は
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR