< >
2012. 06. 25  
先日3回目を終えたFさんの身体の声。


体の中心、腰のラインを基礎として体に柱というか

太いしっかりした芯を入れていただいた感じです。

これで今までバラバラになっていた体の各パーツの拠り所ができて

各パーツは喜んでいます。どのように繋がって行くのかは、

まだまだ体もわかっていないようで更に自己主張、協議、

試行錯誤が続くのでしょうが、

拠り所ができたことは大きな喜びになっています。

各パーツは自分にとってよい条件を手に入れようと

そのチャンスだと張り切ってウキウキしています。

まとまるのはまだまだ、まだまだ、先のようですがハッピーです。


3回目はパリントニシティ(天地の両方向に伸びること)を最初に実現させるセッションで、要するに身体に芯を入れて足は地に、頭は天に向かわせることなのですが、3回目を終えた直後に答えを知らずして身体がすぐこれを察知してしまったFさんにまた深く感動してしまいました。

体にトラウマを抱える方は初期の段階でそこに触られることを警戒します。3回目のセッションで私が一番驚いたのが、Fさんはこの段階ですでに急所が私を呼んだこと。通常は私が安全だと分かるまで急所はずっと息を潜めているものなのですが、3回目にしてすでに蓋が開きました。蓋を開けるというのは、トラウマ的箇所に焦点が合うことです。蓋が開くときは、感情がざわざわして感情的になったり怒りっぽくなったり、とっくに忘れたはずの「些細な事件」を思い出したり、記憶の彼方だった人を急に思い出して気になったり、これらが夢に出たりします。隠れた能力が目覚めたり、自分の中の「存在」に気づいたり、過去のトラウマや前世のカルマに関係する悪夢や変な夢を見たり、etc.、ということが起こるかもしれません。下手な先入観を与えるといけないのであまりこういうことはお話しないようにしていますが、不安定な状態が立ち上がることで混乱に陥った方々を見るにつけ、これは心の準備が必要と感じ、今では必要な方にはこの辺を事前に説明するようにしています。おそらく蓋の開いたFさんにこの中心線の確立と引き換えにパーツがいろいろ痛んだり悪夢をみたりしたりするかもしれないとお伝えしておいたところ

そう、金曜日の夜から時々 左膝と両肘が痛むのと

昨日から左肩が傷みます。

でも体が重大なことと捉えていないらしく

そのまま放置されているどころか

肘は今まで毎日塗られていた薬も塗られずにいます・・・

腰は今の所冷静にみんなの様子をうかがっている感じです。

首は重荷が下りて楽になった感じです。「はっぴー♪」と喜んでいます。



悪夢は金曜日の晩に見ました。

主人が起こしてくれたので(昔から唸っていたら起こしてねと頼んであるので)

長い苦しみではありませんでした。。。

全て孝美さんの言われた通りです。


ちなみにヒーリングプロセスにはヘリングの治癒の法則(Hering's Law of Cure)というものがあって
治癒は
・悪化した順序を逆回しに
・上から下に
・中から外に(身体の中心部から遠位に・重要な臓器からそれほど重要でない臓器、例えば腎臓疾患が歯に、心臓が血液、肺や腸が皮膚、etc.に)
起こります。

Fさんの場合、中心線が整ったので後は四肢が安心して地域紛争を起こせるようになりました。これは次第に収束に向かいます。最近思うのは、身体は本当に賢くて、何もかもわかっているということ。身体の声というのは耳を傾ける価値があるのです。

ロルフィング中に古傷が痛み出すのは治癒が深いレベルに到達した証拠で、ロルフィング中あるいは10セッション終了後に湿疹が出るのは内臓がよくなった証拠です。(お掃除して出た毒が最終排泄器官である皮膚に出ている。)大事なことは、いろいろ変な症状は出ているがなんかウキウキする、ハッピーだ、元気だ、という感覚。不調は要するに「病気」、気とか魂というものが損なわれることで、実際の不快症状(あるいは臓器の病変)は、あくまでも「病気」の結果の産物なのです。症状だけにとらわれると全体を見失います。行き場所を見失っていた魂が向かう場所を見つけると、症状が出ようがはたまたひどくなろうがとにかく「元気」になります。これがスタート地点で、ここに到達することが一番大事なことだと私は思っています。ロルフィングでは回を重ねるごとに身体は目覚め、最初は頼っていた私をだんだん必要としなくなり、次第にとっとと自分で動いて私を導いてくれるようになります。目覚めるタイミングは本当に個人差があって、Fさんはかなり特別なのでこのようなわかりやすい例になっていて全ての方がこうなるとは言いませんが、ロルフィングの旅とは多かれ少なかれこういうものなのです。
スポンサーサイト
NEXT Entry
ロルフィング体験談 セッション3その後 優しさ・自己犠牲・強さ
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR