< >
2017. 02. 04  
Session 10

<セッション前>
前夜は思った通りS10へ向けての緊張(?)で、目が冴える。パッキングもせず、逃げまくりで、夜中2時頃ベッドへもぐる。もぐった 瞬間に、あ、もっと早くもぐればよかった(笑)と思う。ベッドのあったかさは最高。 そして4時にアラームが鳴る。ね、ねむい。雀も鳩も烏もまだ寝てるのに、、、。 暗い、雨降り、寒い、大荷物、超走る、身体も重い、 あ"あ"あ"。電車に乗り込み、座ったまま、フテ寝。パンをかじる、またフテ寝。

オーバーウアゼルに着く。お気に入りのタイ料理屋さんで、期待通り(超えの)の激辛とりそぼろ料理炒めを食べ、その他もろもろ どーでも良くなる。嗚呼、カプサイシン。唐辛子っていいね。辛いし塩っぱいしタンは絡むし、ジンジャーティーは熱いし辛いし(な んでラッシーにしなかったのか私)、おなかパンパンで、タイ人のママさん達とニコニコミラーし合いながら、いつものカフェへ。

カフェに着くなり、荷物が邪魔してドアを開けるだけの事にどたばたしていると、忙しく豆を炒っている店長(?)がささっとドアを開 けてくれる。日替わりコーヒーのUgandaにすっかり癒される。苦みと酸味が丁度良く調和されている。メモ帳にセッション前の状態 をちまちまと書き始める。文字が前よりととのってきたかなと思う。しかし、書きながらふとしたキッカケで、たちまちぐにゃりとし てくる。これがトラウマにアクセスするという事なのかしら??なるべく読みにくいようにしたいのかしら私??ほんと、書きながら 5分前と文字が違うからビックリする。情緒不安定とはちょっと違う気がするが、不安定な状態で感じている事だから、これこそ情緒 不安定の醍醐味なのか??スケジュール詰め込みすぎで、気をはっているだけか??

ふと気がつくと、近くにいるフランス人のおばさま2人が微笑んでいる。目線の先は、忙しくコーヒー豆を炒る店長と炒られてゆく豆 たち。ふと私も微笑みに"帰る"。なんとなくそれもおばさま2人に伝わったらしい。で、2人も2人のあいだで、微笑む。ふむふ む、ここに来る人達は、店内で淡々と豆が炒られてゆく日常が、何とも素敵な非日常でもあり、ここが好きなのかしら~と思う。

<セッション中>
ラストセッションだ、という意識が強いせいか、始めのS1からの身体感覚の記憶とそれに伴った心の記憶が逐一蘇ってくる。 あ、S1では霊化して(その後"霊化"と名付け)、カーテンと同じくらい半透明の気分だったな、とか、脇の下がピザ生地のように伸 びた事もあったな、とか、まるで掃除機のような手におなかを吸い上げられた事もあったな、とか、(注:あくまでも、これらは私の 身体感覚を表すための個人的な表現である。) 走馬灯のように蘇ってくる。 右肩はさいごまで"最後の砦"として存在しているらしい。4回脱臼したしね。 色々あった道のりがいよいよ終わっちゃうのかぁ、と思う。が、不安な感じはしない。

おじぎについて。以前、セッション2の際に、バフバフと何回もおじぎをするという行為は、相手への敬意、畏怖、自己テリトリーの 確保が転じて、無意識に押し相撲をしているのではないだろうか、と書いたが、では、有難すぎてどうしようもなくて、頭を垂れざる を得ない時はどうなのか?エネルギーは高い所から低い所へと落ちる。もしや、"私めをお清め下さいませ"なのか??御利益下さ い?どうか外から別のエネルギーで洗い流してくださいという感じか?滝効果?!ばくぜんとした敬意と畏怖を感じさせる相手、その 相手からのエネルギーを自分にも流してみよう=流してもらったら、自分も相手と同じにレベルになれる=じゃあ、もう怖くないじゃ ん。という事なのか??若干、想像膨らまし過ぎだとは思うが。(笑) ただ、"おじぎ"という行為は日本人特有の事ではないような気もする。普段おじぎをするような間柄ではない外国人の知り合いに、 何となしにおじぎしたくなって、しっかりとおじぎしたことがあるのだが、何となしに向こうもそれがしっくりきたようで、ほぼ同時 にしっかりとおじぎを返してくれた。そしてそれは、見よう見まねの「ドウモアリガット~」では全くなかった。単なるミラーという 感じでもなかった。 結局のところ、お互いが通じ合う、という事がみそなのか。通じ合わないもんだから半永久的にバフバフしてしまうのか。

<セッション直後>
胸が開く。肩関節につながる部分の大胸筋がしかるべき所(私自身がそう感じる所)にスタンバイしてくれている。嬉しい。 そう、私は長い間"ここ"に身体をもって行きたかった(在りたかった)、やっとここに来れた、という感覚。 すっきりして、違和感無し。気持ちも心地も良い。心身共に納得。

長い道のりが完結したと同時に、やっとスタート地点に立てた気分。
すがすがしく且つわくわく。とにかく、私の身体が私と共に私で居ることが楽である。しっくりきている。
達成感ハンパなく、ここに来るまでの道のりを見守ってくれた孝美さんには、只ただ感謝の気持ちが湧き出るのと、これからの日々がとても楽しみでしょうがない。

S10.jpeg
スポンサーサイト
NEXT Entry
ヨーロッパのロルフィングトレーニングの様子
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR