< >
2017. 03. 05  
今週、来週と2週続けて、SE創始者ピーターのデモセッションとグループスーパービジョンに参加しています。アメリカとの時差があるので、ライブで参加するとこちらは夜から夜中にかけて。睡魔との戦い。

いままでドイツとイギリスでSEトレーニングに参加してきて、ピーター本人に会ったのはロンドンでクラニオセイクラルの学会に参加した時のみ、あとは録画でしか見たことなかったのですが、今回ライブで本国アメリカ人との生のやりとりをみて驚いたことがあります。お国柄の違い!!

ヨーロッパにいるとアメリカ人はもうどうしようもなく軽薄に見えるのですが、改めてこの人たちすごく大変なんだとわかりました。デモに参加するモデルたちのバックグラウンドを聞くと、健常者として日常生活を送るのは不可能だろうと思える凄まじいトラウマサバイバーが多いのですが、いざ現れてみるとすばらしく魅力的な笑顔をもち、すばらしく魅力的な立ち居振る舞いをする人たちばかり。え??

問診票でだいたいの全体像を掴んで準備しておくのですが、実際に会った一瞬でいただく情報は全然違う。問診票の方が正確な人と、対面の方が正確な人がいるのです。問診票と実際の人物の印象の違いは、ドイツ人においてはさほどないので油断していました。他の国の人は違う。アメリカ人はとくに全然違う。虚飾の国、ヒーロー信仰・・違う、もっと何か、根源的にカバーアップしなければやっていけないという衝動を感じる。なにかもう根源的な絶望。孤独感。

日本人のSEトレーニングはもっと全然違うものだろうと推測します。今の日本人はきつい人生を生きているけれど、なにか根源的に安全さを知っている。これだけ天災の多い国なのに。不思議なことに、欧米人のどうしようもない恐怖との戦いとガチで向かい合うと、これだけ拠って立つものが少ないはずの私の方がなにかうんと余裕に見えてしまう・・余裕なんて実際全然ない、でもよくそう言われる。

日本人に対するSEはもっとうんと繊細な微調整。私たち、世界に比べるとかなり特殊な空間で生きていると知るのはいいかもしれない。そんな簡単に絶望しないで、私たちは十分資源を持ってる。幸せに続く道への切り替えは本当に微調整でできる、と声を大にして言いたいです。


スポンサーサイト
NEXT Entry
Sharon Wheelerの Art of Rolfing
NEW Topics

Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Homeopathyを語る会開催のお知らせ
Comment
納得
ご無沙汰しております。
孝美さんのブログを読むたびに”うん、そうだよね”と思う事が多く、語彙力が落ち表現する言葉が見当たらない私に”!”と気づきを与えてもらっています。
現在、縁あってアメリカに住んでいるのですが、住み始めてからアメリカ人に関して感じていたモヤモヤ感が”虚飾の国”という言葉で一掃されました。

ドイツで暮らした時はアメリカ人のオープンマインドを懐かしく感じた事が多々あったけれども、住み直してみると表面上は変わらなくても何か奥底に覆いモノがある感じ。それを見せない為に一生懸命取り繕ってる。そうしないと生きていけない感じなんですね。アメリカ人って大変だな・・・と。

そういう私も、孝美さんのブログでSEを知り数年前に札幌でSEを受けましたが、自分でも気づかないトラウマを見つめる怖さにぶち当たり続ける事が出来ませんでした。まだまだ道のりは長そうです。
Re: 納得
onmiさま
お久しぶりです!ご連絡ありがとうございました。S Eを受けられたのですか。SEは向き合うのが怖い過去の傷を暴き出すという作業ではないはずなのですが。もっと優しい着地点になれるはず。onmiさんのいい出会いをお祈りします。孝美


> ご無沙汰しております。
> 孝美さんのブログを読むたびに”うん、そうだよね”と思う事が多く、語彙力が落ち表現する言葉が見当たらない私に”!”と気づきを与えてもらっています。
> 現在、縁あってアメリカに住んでいるのですが、住み始めてからアメリカ人に関して感じていたモヤモヤ感が”虚飾の国”という言葉で一掃されました。
>
> ドイツで暮らした時はアメリカ人のオープンマインドを懐かしく感じた事が多々あったけれども、住み直してみると表面上は変わらなくても何か奥底に覆いモノがある感じ。それを見せない為に一生懸命取り繕ってる。そうしないと生きていけない感じなんですね。アメリカ人って大変だな・・・と。
>
> そういう私も、孝美さんのブログでSEを知り数年前に札幌でSEを受けましたが、自分でも気づかないトラウマを見つめる怖さにぶち当たり続ける事が出来ませんでした。まだまだ道のりは長そうです。
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

直傳靈氣交流会(東京)


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR