< >
2017. 04. 24  
Art of Rolfingに引き続き行われたBone Workshopには、スペインやスイスなどヨーロッパ各地からかけつけたロルファーも加わり、11人の参加者で行われました。現在ロルフィングトレーニングのメインストリームにはいないシャロンですが、シャロンのファンはヨーロッパには多く、毎年数回はヨーロッパの各地で彼女のワークショップが行われています。同じワークショップに毎年通い続けるロルファーもいて、これは深く頷けます。私も彼女のメニューを一巡したら同じことをするつもりだから。要するにシャロンに会い続けたい。 Bone Workshopはシャロンのメニューの中でも評価が高く、効果の高さや具体性の高さから言っても一押しで、待ち続けた甲斐がありました。私にとってはベーシックトレーニングをやり直したくらいのインパクトがありました。シャロンは先にティシューワークありき、というスタンスですが、私はこのワークショップ参加後はボーンワークのテクニックがほとんどベースになったような感覚さえあります。いろいろなワークショップに参加した後はエッセンスをチラチラと加えてきましたが、ここまで一気に影響をうけたことは初めて。この部分をこうするにはどうしたらいいんだろうと常々試行錯誤していたことへの答えをもらえたから。取捨選択のコツをつかんだので、たぶん今は1時間でいままでの1、5時間分やっているはず。

ボーンワークというのは、シャロンの商標みたいになっていますが実はドクターロルフがやっていたことだそうです。ドクターロルフは間違いなく骨にダイレクトにアプローチしていたし、骨の形を変えていたのを見たというシャロン。骨折後の整形、関節のカルシフィケーション、外反母趾、踵骨棘(かかとの骨に棘のようなものができて歩くと痛い)、変形性ひざ関節症など、骨そのものの問題、骨同士のミスアライメントにたいし直接アプローチする方法です。(40肩、50肩については原因はそこにはないのでボーンワークだけでは無理ですが、ボーンワークを加えるとぐっと効率が上がる。)

アプローチに対しては基本2種類があり、1つがbone rolling、もうひとつがbone changeといい、まあ名称などはどうでもよくて、何が起こるかというと骨そのものの形を変えるのです。関節ではない、骨そのものの形が変わる。もちろん一瞬で変わるものではないので何度か必要で、しかもかなり体力を使う手技なので一時間ずっと同じところだけをやり続けることは不可能ですが、一回のセッションでかなり実感していただける。見た目で明らかに変わることもあるし、見た目でさほど変わらなくても、動かした時に違いに驚きます。

たとえば骨折した後飛び出たり形がいびつになったり肥大化したところを触ってじっとしているといつのまにか勝手に骨が動き出して形を変え、収まるべきところに帰っていく、という手技は、インチキかマジックかどちらかに思われるでしょうが、極めて理にかなった誰でもできる手法です。いちばん簡単なのは膝と肘。難しいのは鎖骨と大腿骨。ニーズがとても高い外反母趾ですが、残念ながら手術をしてしまった外反母趾に対しては期待薄で、外反母趾全般に対してもボーンワークだけでは十分でないと言わなければなりませんが。でも膝に対してはお勧め。膝に対してはもっとも有効。

シャロンは人間の関節の中でもっとも大事なのは膝だと断言していました。まあ腰も関節ですが、腰に関してはボーンワークだけでは無理です。腰の場合腰椎や仙腸関節だけを一度調整しただけで治療終了とはまずならない。ボーンワークを持ってもしかり。でも膝に関してはボーンワーク一回だけで相当なポジションに持って来れます。これは早い。ワークショップ後、実際いろいろ試してみてこれは卓越と感じています。

骨というのは、硬く密集したものというイメージですが、実際は違う。実際はご存知スポンジ状で、手により形成可能なのです。顕微鏡で見ると、結晶が糸で繋がれているような構造だそうで、その結晶と結晶の隙間は水で満たされている。エミリーコンラッドが人間の90%は水と言っていましたが、骨までこういう構造とするとなにか人体の完全無欠さを感じます。タッチのアプローチを変えると、骨までパン生地のように成形可能になってしまうのです。このテクニックを覚えてからはもう面白くて面白くて、寝ても覚めてもあの骨に対する手のポジションはなどとやっていて、本当に先日夢の中で啓示を受けて喜んでいました。

ちなみに、スカーワークやクラニオセイクラル、SEと違い、ボーンワークだけのセッションは残念ながら提供できません。体にたいする影響が甚大なので、必ずティシューワークと組み合わせ、統合をしっかりしないと大変なことになります。あくまでもロルフィングテクニックの1つ、という位置付けですのでご了承ください。体験された方に、孝美さんはいままでは包丁一本で全部料理するイメージだったけれど、いまはいろんな工具をもっていてそれをさっさっと使い分けてるイメージと言われました。なるほどーと思いました。新しい工具、どうぞお楽しみに。
スポンサーサイト
NEXT Entry
触ること、触られること〜性の問題について
NEW Topics

Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Homeopathyを語る会開催のお知らせ
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

直傳靈氣交流会(東京)


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR