FC2ブログ
< >
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017. 12. 03  
師走に入りましたね。

今日は雪でスーパームーンの月光を浴びることはできませんでしたが、1年の感謝を込めてクリスタルたちを月光浴させ、最終日の地元のクリスマスマーケットに今日だけの特別のご馳走を買いに行き、中にパワーストーンを入れて音を出して天使を呼ぶというEngelsrufer(これを娘は天使をおびき寄せると訳していた・・・) ペンダントを屋台で買って娘にプレゼント。

さて、2017年もいよいよ最も夜が長い12月22日に向かってここから夜の長さが一気に加速します。地球が闇へ闇へと向かうこの時期は、私たちが心情的に最も揺れる時期でもあって、ネガティブな思いは強まり、焦燥感は増し、事故や怪我、病気を引き起こしやすくなります。12月23日から始まる光へ向け、今一度自分自身を整えることが大切。


私はこの2017年に何を得たか。
今この暗闇に向かって何を捨て
2018年に何を持っていくか。


今一度、この問いをご自分にしてみてください。
2018年に本当に一新するために。


折しも先日日本ではインフルエンザが流行り始めたとのニュースがありましたね。型はわからないけれどとりあえず選んでみた型の予防接種をして免疫を高めましょう、と早速ワクチン接種が奨励されています。


まずは、ここで立ち止まってください。
インフルエンザがこの時期に流行るのは理由があるのです。



予防接種は免疫を高める?

そもそもインフルエンザは恐ろしい?


インフルエンザ予防対策を誰より早く始め、熱心に予防接種を受ける特定の方こそがインフルエンザに弱いという事実をご存知でしたか?ここフランクフルトでは、毎年インフルエンザによる学級閉鎖に追い込まれるのは日本人学校だけという奇々怪界な現象が起こっています。インフルエンザに罹患した時も、処方をためらうドクターに悲惨な副作用を持つインフルエンザの特効薬を懇願するのも日本人・・。

インフルエンザは何故特定の人だけに猛威を振るうのでしょう。インフルは恐ろしい、予防接種は免疫を高める、この前提にトリックがないでしょうか。インフルエンザとは何か、免疫とは何か、ということを今一度きちんと理解する必要があるのではないでしょうか。


インフルエンザとはインフルエンザウィルスによる感染症ですが、
この感染症、ウィルス由来であることにご注意ください。
バクテリア=病原微生物ではありません。


ウィルスとバクテリアの違いをご存知ですか?

まず大きさに違いがあります。
バクテリアは大きいけどウィルスは小さい。
バクテリアは生物だけどウィルスは非生物
(科学者によっては生物と非生物の中間)。

これだけでは何のことだかわかりにくいですが、
要するに彼らが私たちの体でやっていることが違うのです。

まず一つにウィルスは細胞内に入り込め、
バクテリアは細胞内に入り込めない。
バクテリアは部外者ですがウィルスは内部者。
ウィルスは私たちの内部組織、構成要素の一つ。
つまりバクテリアがやっていることは外部からの侵入者として細胞を攻撃し殺すことですが、
ウィルスは内部住人としてこの核にある情報を破壊しているのです。

これは何を示すか。何でこんなことをするのか。

これは私たちの禊のプロセスなのです。
この時期に大掃除をする私たちの伝統と同じことを体内でも行なっているのです。
情報の棚卸しをして、今ここで何を捨て、次に何を持っていくかを取捨選択している。

インフルエンザは体の禊なのです。

なぜ罹患しているのか。
この罹患によって何を祓い、何を捨てたいのか。
体は何を手放したいのか。
何を変えたいのか。
しがみついて手放せないものは何か。


ウィルスはいわば私たちの一部として、
私たちが過去のいらない情報を捨てたいと思った時に
細胞の核に保存された遺伝子を破壊し、
私たちが生まれ変わるのを手伝うという役割を担っているのです。
バクテリアは私たちの遺伝子を変えることはできません。
私たちが本当に生まれ変わりたい時にはウィルスによって、
役に立たない記憶を消してもらう必要がある。
過去に失敗した、役に立たない情報ばかりを集めていたら私たちは生き残れない。
常に変わり続ける環境に適応できる情報への書き換えが必要。
これが進化です。
パソコンのアップデートとまったく同じ。

禊にはウィルスが必要なのです。
ただの風邪も、それより重篤な症状を引き起こすインフルエンザも、
実はウィルスの力を借りた私たちの内側からの生まれ変わりの儀式。
これをあたかも外から悪者が侵入してきたかのように捉え、
この儀式を必要とせざるを得なくなった自分の行状から目を背け、
もういらなくなった捨てるべき情報にしがみつき、
外部に責任転嫁しているのが私たちが実際にやっていること。


免疫の仕組みはこうです。

ウィルスもバクテリアも常に空気中にいて、
常に体の中に入って来ます。
常に体の中に入ってくるのに感染しないのには、
免疫が働いているからです。
体内にばい菌Aが入ってくると免疫細胞の遺伝子が直ちに発動し、
各々の器官が絶妙な連携でA'という抗体を作ります。
これは、かつてこのばい菌Aに対してA'という抗体を作ることができた祖先の残した情報が
遺伝子に残っていたからです。
あるばい菌に対する抗体を作れた祖先の記憶だけが残り、
作れなかった=生き残れなかった祖先の情報は消されて来た、
というのが私たちの進化の歴史です。

ところが予防接種でいきなり抗体をそのまま送り込まれるとどうなるか。
免疫システムが本来の手順を踏まないまま、いきなり抗体が出現する。
これは一体全体何者か。免疫システムは混乱します。
祖先の情報が連携し、どの動きをすればその時々の型に合わせた抗体を作れるかを試し、
役に立つ情報は保存されいらないものは消される、
この手順を踏むはずだったのに、この叡智が否定された。
私たちの進化の歴史が否定された結果、
私たちは型の情報に一喜一憂し、
当たるも八卦当たらぬも八卦でとにかく何かの抗体を埋め込んでもらうが
それでも防げない(予防接種による感染防御率のデータもトリックあり)、
という弱い立場に追いやられてしまいました。
本来だったらどうやってこの抗体を作れるかは
私たちの体が知っていたはずだったのに。
取捨選択の機会は奪われ、役に立たないものが残り、
使うべきだった機能が活躍の機会を失い退化する。
これは免疫をあげているでしょうか?
これが予防接種のやっていることです。

予防接種に含まれているものそのものにも大きな問題があります。
この先は長くなるのでカット。


またバクテリアは生き物なので抗生物質で殺すことができますが、
ウィルスは生き物ではないので生物を殺す薬では殺せない。
(できることは活動を押さえること。)
インフルエンザにも風邪にも、
抗生物質=生物を殺す薬が効かない理由はそこにあります。
できるのは、このウィルスが入って来た時に、
それを外敵として薬で殺すのではなくて、
これに打ち勝てる免疫システムをアップデートする機会を持つこと。
風邪は、インフルエンザは禊。体のアップデート、進化の機会です。

インフルエンザウィルスそのものは毎年型を変える。
つまり進化している。
私たちも同様に進化する必要があるのです。
祖先から頂いた抗体を試し、
それが効かなければそれを捨てて自分で歴史を塗り替える。
これが試されている。
内なる力を試さず、この進化の歴史から脱落したあとは退化あるのみです。

じゃあ具体的にどうすればいいのか。
どうやって免疫力をあげればいいのか。
どうやったら罹患しないで済むか
罹患してしまったら実際どうすればいいのか。

リクエストをいただきながら長らくお待たせしてしまって本当に申し訳ありませんでした。インフルエンザ予防、かかった時の手当について、ホメオパシーレメディによる手当についてお話しする会を設けたいと思います。

ホメオパシートーク 

「インフルエンザ予防と、かかった時の手当」

日時:12月9日(土) 午後2時から4時
場所:オーバーウアゼル
参加費用:30ユーロ
レメディはその場で別売いたします。個人では入手困難なレメディをセットにし、使用説明書を添付しています。


内容;
インフルエンザって?
ホメオパシーによる予防
ホメオパシーによる手当
風邪の手当にも使えるレメディ各種の説明


この週末お時間のある方はぜひご参加下さい。
ご連絡をお待ちします。
スポンサーサイト
NEXT Entry
愛に捧げた人生..... ローズクウォーツ
NEW Topics

共依存の関係って・・?
共依存という甘い罠
ヘンゼルとグレーテルは女性スピリットと男性スピリットの物語
エスワティニのこと 
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
ホメオパス(RSHom)でもあります。

ロルフィング
ホメオパシー
SE(トラウマ解放ワーク)
エネルギーワーク
を複合したセッションで皆様のお手伝いをしています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・英国登録ホメオパス(RSHom)
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー施術者
・ソマティックエクスペリエンス施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・



.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Registered Homeopath
(RSHom, SOH Advanced Practitioner)
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner
Somatic Experiencing® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。