< >
--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017. 12. 09  
今日は吹雪。
明日のホメオパシートークのための資料を仕上げ、レメディの準備も終え、ご法座で浄化しています。明日は直傳靈氣の交流会をトークに引き続きできることになり、靈授のあとで、全てのチャクラを開くレインボーレメディを溶かした聖水をとっていただくのが楽しみ。靈授はみなさんの天と繋がるアンテナをお掃除して、ソースに再び直接繋がれるようにする儀式ですが、レメディは体の内側の細胞一つ一つの記憶を目覚めさせるような仕事をしてくれます。特にチャクラレメディ、ジェムレメディは靈授と似ています。靈授は外側からですがレメディは内側から導きだすので、この2つを組み合わせたいといつも思っていました。明日は初のその試み。とてもたのしみです

ところで私はプラクティカルホメオパスからは批判の対象になっているコテコテのケンティアンであるミーシャノーランドについてクラシカルホメオパシーを学びました。アドバンスプラクティショナーコースを終えるまでに足掛け8年・・というかホメオパシーを学び始めてからは実に15年にもなり、卒業にこれだけ時間がかかってしまった人間はまあいないだろうなと思ってます。(普通はとっくに諦めてる・・。)思えばヨガの教師になるのもアドバンスロルファーになるのもものすごい量の学びを必死にやってやっとなったクチです。人が易々と超えるところで必ず無様に躓き、置いていかれてぽつねんといつまでも格闘するのが私。よりによって一番大変な学校の一番大変なコースになんで舞い込んでしまったんだろうと自分の引きを呪い後悔の暴風雨にさらされながらも今更どこにも引き返せないし、色々あって最後は悟りの境地でした・・。

ということでタイトルはクラシカル中のクラシカルホメオパスなのですが、やっていることは他のタイトルと同様、かなりのフュージョンです。私はどこまでも何者でもないみたいなところにいることを選んでいるのかもしれない。

ケンティアンは精神に作用する高ポーテンシーのレメディを1つだけ処方し長く待つ、と定義されます。でも実はミーシャ自身、このスタイルに惹かれたからこれを選んだとさらっと流し、実際は相当フュージョンです。この学校を出た人もかなりフュージョン。要は効けばいいということ。私も本当にそれに尽きると思ってます。

さてこの立場であることを明確にした上で・・・

私の処方の基準をいうとしたら、カスタマイズに尽きる、ということ。状況に応じてはコンビネーションレメディも使うし、オーガノセラピー(臓器療法)も使うし、ニューレメディも処方します。こういう処方が必要な人がいるからです。ケンティアンの手法が現代人には効かないというのははっきり誤解だと断言します。この手法で、つまりレメディ1粒で何十年にも渡る疾患が奇跡的な治癒に向かった例をたくさん見届けてきたので。その一方、医原病にさらされた人、特にホルモン系の治療を長く続けた人に対しては、これが間に合わないというのはその通りで、実感しています。これに関しては臓器療法やニューレメディも取り入れて対応しています。

ちなみに世界ではデータが不十分と敬遠されがちなニューレメディ(メディテーションプルービングによるレメディ、チャクラレメディ、ジェムレメディ、星座レメディ、惑星レメディ、カラーレメディ、アレルギーや病気、アロパシー医薬品レメディ・・・)などはせっせとプルービングをしてきました。実感していることは、これらは病名がつけられない、処方された薬が効かないという方にかなりの可能性がある。

例えばゆとり世代や悟り世代。彼らと接していると、今の世界に対する彼らの独特の反応を大人の発達障害みたいな形で病気にしてしまった前世代の私たちの責任を感じます。定められた仕事や日常生活に対するモチーベーションがどうしても上がらず、求められた成果があげられない、生きづらい、と感じた時に例えばADHDについて読んだら誰もが自分はそれに当てはまると思う。ドクターを訪れ、病名を得て当面の社会的保証をもらう。でもその結果、中毒性のある薬の副作用で身体的にも経済的にもさらなる窮地に追い込まれるなんてその時誰が予想できる?そもそも誰が見てもおかしいとしか思えない社会に適合しないことが発達障害?

エネルギーは示しています。組成が地球のものとは違うなと思える方々がいる。だいたいこういう方々は消化にいつも大変な困難があります。地球の物質を体内に取り込むことが本当にきつい。だから周りに対して(食べ物にも、環境に対しても)アレルギーがひどい。治療しようとしても石油由来の薬で治癒に向かわせるのは・・結果は推して知るべし、やれることは仕方なく抑えつけるだけ。こういう方にはむしろエネルギー治療の方が体が素直に受け入れられたりします。

実感でいうと、ニューレメディは私を根底から救ってくれました。靈授には今でもすごく助けられています。特に今年は。でもコスミックレメディやチャクラレメディは内部にちょっとしたビックバンをもたらし(言語矛盾ですが・・)次元の違うところに持って行ってくれる。この2つは相補的。この2つのサポートを内外から同時に受けられることができる環境に恵まれてよかった。エネルギー体にとても敏感な人は、ソースポイントセラピーが非常に効果的なのですが、ニューレメディ(オゾン、太陽、月、惑星、星座、チャクラ、虹・・・)がもともと私たちが細胞ひとつ一つに持っていたソースとの交信の記憶を呼び起こし、ガーディアンを呼びエネルギーの修復をみるみる行うのを体験するのはとても刺激的。

注)これらは必ず専門家にかかってからお試しください。
スポンサーサイト
NEXT Entry
平沢進〜歩くお祓い
NEW Topics

別れの極意
ホメオパシートーク(風邪とインフルの予防と対策)のお知らせ
地球に着地を促す・・・ オーク
手放す時・・ エメラルド
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコース修了

ロルフィング
ホメオパシー
SE(トラウマ解放ワーク)
を複合したセッションで皆様のお手伝いをしています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー施術者
・ソマティックエクスペリエンス施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2018年夏 東京セッション









参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner
Somatic Experiencing® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。