FC2ブログ
< >
2019. 01. 11  
向かった先は信州の穂高、白馬を背後に抱いた信州内観研修所。天然温泉、毎日完全手作りの酵素玄米菜食付きの7日間に渡る合宿です。今回は10名の参加者に対し、中野節子先生、毎日炊いてくださった酵素玄米の他研修所の切り盛りを一手に引き受けてくださっている神田真介さん、そして普段は海外を飛び回って年末年始とゴールデンウィークの内観合宿しか来ていただけない石井光先生の3名が代わる代わる面接して下さいました。
naikan15.jpg

改めましてここで初めて、内観とは。

内観とは文字通り自分の内側を観ること。私たちは普段物事を外観しているそうです。つまり、自分を中心とし、自分の色メガネを通して、自分の先入観でもって、自分の都合のいいように物事を捉えている。たとえばお母さんだったらこうしてくれるはず、という先入観が先にあって、お母さん自身をみず、自分の期待するお母さん像と実際のお母さんのギャップに勝手に腹を立てていたりする。

この合宿では、非日常空間で1週間時間を止めて、自分の人生を別の角度から振り返るということをします。この一方的なものの見方から離れて、自分中心のものの見方を別の視点をもつ見方に変えて行くために。

(だからこんなに抵抗が強かったわけね・・・・・)

では実際に何をするかというと、自分が周りの人に対してどうだったか、ということを3つの質問を通して調べて行きます。

それは、自分にとって最も近い人、つまり母、父、祖父母、兄弟、パートナー、子供、という順番で、その人に対し

1)していただいたこと
2)して差し上げたこと
3)迷惑をかけたこと

を(おそらく年齢に応じて)一定の期間、例えば生まれてから小学校入学まで、小学生時代、中学生時代、などというように区切って、それぞれについて1時間から2時間かけて調べていくというもの。これを7日間ただ延々と続けるだけなのですが、知られている効果は甚大で、体験者の多くが人生の大きな転換になったと言っています。(実際わたしもその一人)現在石井先生の功績でドイツにも10の研修所があるのですが、囚人の改心(刑務所で実際に実施され効果が出ている)や依存症からの脱却への効果がよく知られていて、他にも

・うつ病
・依存症
・不登校
・引きこもり
・摂食障害
・恋愛問題
・膠原病

などに対する効果が報告されているようです。


なんでこんな単純なことをするだけでそんなことが起こるのか。

この質問は実は私たちの視点を変えるための、盲点をつくものなのです。

普段私たちは「してもらわなかったこと」ばかりを覚えている。特に身内、母親などには、xxしてもらって当然と思っているから、取り立てて母にしてもらったことなど記憶に残らない。つまり、私たちはしてもらわなかったこと=妄想の世界にいて、実際の行為としてしてもらったこと=事実の世界を見ていないのです。

これは面白くて、ホメオパシーはまさにその逆なのです。本人のこだわり=苦悩と病気の源は事実とは違う妄想の世界にある、という着眼点は同じなのですが、ホメオパシーでは個々の妄想の世界にフォーカスして、その妄想の核を取り出してレメディで映し出す作業です。

Somatic Experiencingでは感情や抑えきれない体の動き(混乱した神経系)にフォーカスして、制御不能になった感情や神経を鎮めることを目的とします。

でも内観は違う。ホメオパシーやSEが何より大事に扱うこの2つのトピックを「埒があかないから」と葬り去る。かつてドイツ人に日本(の仏教)は感情を軽視すると言われ、それについていつも考えてきたのですが、今なら日本人としてこう答えられます。

「そう、埒があかないから。」

日本は実践的。

この内観では、事実を話すことを求められます。つまり、お母さんが実際の行為としてわたしに何をしてくれたか、そしてわたしが実際の具体的行為として何をして差し上げたか。そこに、わたしがこう思ったとか、こう感じたとか、そういうことは一切必要ありません。

これやろうとして愕然としたのですが、わたしは一言言おうとすると
・・・というのは、とか
なぜなら・・・とか、
・・・と思った、とか、
・・・と感じた、とか、
すぐに付け足してしまいます。

これを取り払った行為だけの世界を口に出すと愕然・・・・・わたしが体験していたことは、事実とまるで違ったことが見えてしまう。これには愕然としました・・・・・。


ドイツを拠点にするようになってから日本を外側から見るようになり、年々痛感しているのですが、日本は欧米で1000ページ、100時間費やす内容をほんの1ページ、一言で言ってしまうところがある。直傳靈氣を習った時も衝撃だったのですが、いちいち言語化していないだけで、背後に整然とした知識体系がある。そして、物腰は柔らかいのだけれど実は問題の切り口は鋭くて、問題の核心に直接行く。実践的。速い。

日本、恐るべし。

スポンサーサイト
NEXT Entry
信州内観合宿体験記 3 初日
NEW Topics

内観は生命力が上がる
信州内観合宿体験記 8 内観は自分を調べる時間
信州内観合宿体験記 6 自分の機嫌は自分で決めている
信州内観合宿体験記 7 内観は日日是好日
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
ホメオパス(RSHom)でもあります。

ロルフィング
ホメオパシー
SE(トラウマ解放ワーク)
エネルギーワーク
を複合したセッションで皆様のお手伝いをしています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・英国登録ホメオパス(RSHom)
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー施術者
・ソマティックエクスペリエンス施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・



.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Registered Homeopath
(RSHom, SOH Advanced Practitioner)
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner
Somatic Experiencing® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR