FC2ブログ
< >
2020. 02. 23  
年末年始日本で過ごして1ヶ月も経たないうちに、また日本に行って戻って来ました。エネルギーボディを直接施術するためのトレーニング。これから何年かかるかわからないけれど、やらないといけない道です。

使命に生きる。天命を全うする。
人生の後半への転換期と地球の転換期がちょうど重なる私の今生の人生はとても面白いのかもしれない。
こういう表現しかできないくらい、使命に生きるって悲惨。
周り見ていても、使命を課された人の人生て本当に壮絶で
誰が好き好んで飛び込むかこんなもんに、と思いつつ
かかとを地面にめり込ませながらズルズルと引きずられ召し出され、
あーあ、また会っちゃったね、
抵抗しても抵抗しても結局無理だったね、
抗えなかったね、
とにっこり静かに再会を祝う。
今会っている人たちは、本当に毎日をとにかく生き延びるだけで精一杯だった
というくらいエネルギーに翻弄された経験を持った人たちが多い。

今必要なのは100匹目の猿現象。
今までは一人でやらないといけなかったけれど、
もう地球は待った無しのところまで来ているから、
ここからは横にもしっかり繋がって
同時進行すべき時。
使命を感じている人はしっかり立ち上がるとき。

私が今ドイツにいるのは業です。
業を払い切る必要があるから。
コロナウィルス騒動、AfDの血も凍るようなデモ、シーシャカフェ襲撃事件に象徴される人種差別やヘイト思想は、人間がマインドコントロールされていく過程がわかる。分離感・・・何かが違う、という不安が恐怖にすり替えられ、恐怖により正常な判断力が鈍ったところで植え付けられた主義思想は、それを疑うわたしがどこにもいない状態でどんどん内側へと入り込み、切り離された私はいつの間にか目の前に繰り広げられる惨劇の一部になっている。

内輪揉めしてる場合じゃないんだけど。それどころじゃないんだけど。目を覚まさなきゃいけないのよ私たち、という声はどこにも届かない。ここにいて、こういうものを肌で感じて、最も苦手なものにぎゅうぎゅうと向き合わされているのは
自分の業を知るためだったからだろうと感じています。
自分が何者かを、本当にしっかり見るため。

この過去2年は本当に悲惨でした。
よく生き延びたなと言えるくらい。
自分が何者で、一体全体どうしてここに来て、どこにいけばいいか
繰り返し問いかけました。
そうせざるを得なかった。
特に去年、特に去年の年末から今年の年始は悲惨でした。

今回ご縁をいただいた方々は、エネルギーのことばっかり話す
(しか話さない)人たちばかりでした。
エネルギー、という言葉を口にしない人でも
この人はエネルギーを見てるな、と思う人ばかりでした。

だって天体は、森羅万象はエネルギーなんです。
神はエネルギー。
人間もエネルギー。
生きとし生けるもの
そうじゃないものまでエネルギー。
エネルギーのことを直接話すのは靈氣講習会だけと決めてました。
でもたぶん私はここから
エネルギーのことばっかり話すことになるかもしれない。

具体的なことを言うと、
今後エネルギーボティと呼ばれるオーラを直接施術するように鍛えてもらいます・・・。
今まで自己流でやって来ました。というより、どんなツールを身につけても
やってることは結局そこだったのです。

こういうことに対して師を持てるって幸せ。
客観的にツールとして渡していただけるのは幸せ。
その前に、私のエネルギー体が壊滅的な瀕死状態になっているのを察知し
がっつり私の首根っこを捕まえ、治療し
神の御前に差し出してくれた大切なソウルメイトたちに感謝。

どんなに頑張ってもどうしても負のサイクルから抜けられない時ありますよね。
傷ついた記憶、古い感情はエネルギーボティに残っていて、
これが自分の可能性や才能を邪魔するのだそうです。
理屈じゃわかってるんだが、じゃあどうすればそこをクレンジングできるか
具体的にhowのところになると手も足も出ない。
面白いことに、ここは必ず人の手を借りないとできない。
ホメオパシーもそうで、エネルギーボディ(周波数で表される)の手当には
第3者が必要みたいです。
人のことはできても自分のことはできない。

エネルギーが極限まで落ちる、という体験を経て
たくさん失いましたが、こういう状態にならないと得られなかった気づきもありました。

このしばらくの学びは、ああ私もう一人じゃダメだ、とわかったこと。
降参して、それぞれ大変なのに溺れかかっていた私に救いの手を差し伸べてくれた人の手をぎゅっと握り返して
ありがとう、と受け取って、そしてそれを、私も別の形で別の方にお返ししていくこと。

スポンサーサイト



NEXT Entry
宮崎・日向〜美々津〜諸塚神社の太神楽〜高千穂〜桂
NEW Topics
エネルギーについてのお話会(ウェビナー)へのお誘い:6月27日土曜日20時から22時まで
覚醒の道 3
覚醒の道 2
覚醒への道 1
大事な転換期
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
ホメオパス(RSHom)でもあります。

ロルフィング
ホメオパシー
SE(トラウマ解放ワーク)
エネルギーワーク
を複合したセッションで皆様のお手伝いをしています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・英国登録ホメオパス(RSHom)
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー施術者
・ソマティックエクスペリエンス施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com


・・・・・・・・・

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR