FC2ブログ
< >
2020. 06. 07  
長楽由里花さんは、チューニングフォークやクリスタルボールを使ったエネルギーヒーリングに30年携わってきて、それこそ24時間、365日、病気について考えてきた人。ご自分の病気の克服とと重度のアレルギー疾患を持っていた息子さんが社会に受け入れられるように、ありとあらゆることをしてきた人。彼女と私は20年来の付き合いなので、息子さんが生まれる前、生まれたあと、どれだけ大変だったか知っています。常人では耐えられないレベルの数々・・何も助けられないから、ただ見守るしかなかった。家が近所だったし夫同士も同僚、私たちも同い年で誕生日3日違い、才能ある画家でもある彼女に描いてもらった娘の肖像画が家のリビングに飾ってある、と書けば要するにめちゃくちゃ近い人だとお分かりのはずで・・・間違いなく私の人生にものすごく影響を与えている人です。

実は何を隠そう、私が直傳靈氣に出会ったきっかけも彼女なのです。彼女のある日の突然の変化に気づいた私が根掘り葉掘り原因を聞き出して、それが直傳靈氣を受講したからだったと知って、それで渡独間近の数週間前だったにも関わらずどうしてもいま受けなきゃダメだという衝動に駆られ、強引に講習のアレンジをお願いしたという経緯はブログに以前書きました。生きる事に疲れ切っていた彼女のオーラがいきなりピンク色になったので、一体全体何があったの、恋でもしたの、と聞きまくって、渋る彼女に根掘り葉掘りいろんな質問をし、私も受けたい受けたい、と講師に頼み込んでもらったことをいまでも良く覚えています。


超感覚(clairsentience)という言葉があって、これ確か18年前ルドルフシュタイナーの本で最初に出会った言葉だったはずなのですが、これを持っている、この感覚を共有できると感じたのが彼女だったのです。独特の色彩感覚があって、以前は何より大事にしていたけれど失いかけていた、私の中のものすごく大事な懐かしい感覚を呼びさませてくれる人だと少なくとも私は感じていました。その後2人ともママ生活に没頭して、お互いアメリカやらドイツやらで離れ、それぞれの課題で生きるのに必死で(文字通り必死)、それでも久しぶりに繋がるとまるで昨日の続きのように話しこむ。

彼女が久しぶりに私にコンタクトしてくるときというのは、通常時ではないのです。私のオーラを読んで、だいたいにおいて彼女ではなく私の落ちている時に連絡してくる。だから彼女から連絡があるときは、

ー孝美ちゃん大丈夫?
ーあ¨〜〜〜私からまたネガティブなものモクモクと立ち上がってるわけ?

みたいな始まりになります。

これ彼女のほうのエネルギーがきちんと整っていてしっかり繋がってくれるからできることで、これやるとすごく消耗するので申し訳なくて仕方ないのだけど、彼女は本当に優しいし本当に辛抱強いので、普段は人に助けを求めるのが苦手な(と思っているのは本人だけで、これだけ迷惑な人はいないと家族はいうが)ニーディさ全開、わがまま全開、ぐち全開で頼り切ってしまいます。

これが昨年の年末でした。臼井先生を引用してはバチが当たるかもしれませんが「もはやこれまで」というレベルにまで私の生命力は落ちていました。

彼女は知ってたよ、と言って、その場で遠隔で15分、私にエネルギーを送ってくれました。

翌日、私は本当に久しぶりに不整脈や鼓動、呼吸困難症状なしに起き上がることができました。

ヒーラーは3年しか持たない、と言われているようです。確かに人に触る仕事をしている人、人のエネルギーフィールドに敏感な人は、手当しないと数年でガタがくる。私は強靭なので大丈夫〜何かを受けるなんてないもん、と言って、全く助言を気にせず、いまでもやっぱり受けるとかプロテクトとかいうことに興味は全くありませんが、でもエーテル体はボロボロになっていたようです。思い返せば定期的に原因不明、意味不明の症状で体調を崩す時期があり、認めざるを得ない。

今年の2月、由里花さんの勧めで萩田由香里さんの登竜門というワークショップに参加したら、その後(正確にいうと受ける当日の朝から、講座を終えた後)生まれて初めて、気合の入った登山後のようなひどい筋肉痛が1週間続き歩行もまともにできずヨガも1週間完全におやすみという前代未聞の事態に陥りました。何がなんだかわからなかったけれど、いまやっと事情がわかりました。医療従事者のオーラってすごく痛んでいるようなのです。病気って、気が病んだ状態ですよね。病気の人たちと常にエーテル体を重ねているのだから、影響を受けて当然です。

でも誤解しないでください。繰り返しますが病気は悪くない。病気は悪ではない。病気はありがたい学びです。医療従事者は、自分が助けることで自分も助けられている。日常では味わえない、貴重な気づきのプロセスを共有させていただいているのだから。体を崩して初めて、症状が出て初めて、このプロセスに入れるのだから、今苦しみもがく材料がある人は幸せ、それを手伝わせていただいていい、と許可をいただけるのは本当に光栄なことなのです。私はやっぱりこの仕事をさせていただけるのをありがたく思っています。

ただ、これが非常に集中力とエネルギーを使うプロセスだということに気づき、自分のやっていることを自覚するのがとても大事。自分のケアを怠ると私のようなことになる。それを由里花さんから教えてもらって、由里花さんを救ってくれた命の恩人であり彼女にヒーリング技術を教えた師でもある由香里さんに私もこうやって救ってもらって、今見事に蘇生させていただきました。この世界で友達と師を持てることになったのは本当に幸せです。


第六感を使って人にコンタクトするのは割と普通に私たち常にやっていますが、相手の魂のSOSを毎回本当に正確に察知し、正確なタイミングで相手に繋がり、浄化に導く霊性を身につけるって、大変な魂の修行が必要です。たまたま、とか、たまに、ならできる。でも再現性と正確さを追求するとなるとそれは一生の仕事で、少なくとも私の世代だと10年以上、しかも尋常ではない特別な訓練を経ないとできない。今の若い世代の方がうんと魂が進化しているのでうんと早いとは思いますが、私の世代以前だと少なくとも数十年単位・・。

今まで本当に本当にたくさん、エネルギーの世界を知っている人に会ってきましたが、言葉を失うような、人生が転換する奇跡を引き起こすエネルギーヒーリングをする人、というのは現行の3次元での成功はしていなかったはずです。彼らの価値は貨幣価値と別のところにいつもあるから、現行の資本主義となじまない。だから本当のヒーラーは絶対に隠れていなければいけなかったし、ご本人ももちろん望まない、だから私も本当にやる人たちのことは絶対にブログに書いたりはしませんでした。

でも時代が変わった。今は緊急。1人でも多くの人にこの気づきの機会を届けないといけない。受け取るか受け取らないかは、ご本人が決めること。私はどのかたのどの選択も尊重します。自分自身、強要されるのが、コントロールされるのが何より嫌だから。ただ、届けることだけは私の使命。だから、由里花ちゃんのことも、由香里さんのことも、ご本人たちと相談して書かせていただきました。彼女たちを通して1人でも多くの方々が気づきの世界にいけるように、彼女たちを皆様にお繋ぎするのが私の使命だから。

今は気づくとき。1人でも多くの人が気づき、愛と感謝のサイクルに入れるよう、お手伝いをするとき。私が助けてもらったから。このプロセスは1人だけでやるのには無理があるし、ここからも1人じゃできない。私たち哺乳類だから。爬虫類の、サバイバル機能だけでは乗り切れません。物質世界を超えてしまったアセンデッドマスターたちの言葉を仙人のように1人で瞑想して得られる人は数千年に1人。今はそんなに待っていられない。横に繋がって加速するとき。勇気を持って手を差し伸べあうとき。日本人本来は得意なのです。フクシマのとき世界中に自然に見せた、あれです。この循環に入ると本当に、現象が次々変わって行く。現在のロックダウンが見せているものは何かに気づき、これを機にこの先何を選ぶかをしっかり決めるとき。最後が一番大変。最後は一番ジタバタする。だから今ジタバタしている人は気づきのチャンスだと喜んでください。ここを何事もなかったように過ごすこともできますが、その先は、自分の価値観、信念が次々チャレンジを受けるサイクルが待っている。一番欲しかったものを手放すというのは、過去のパターンが培った執着のパターンに絡まっているということだったと気づくと、本当に楽になれる。この次元の苦しみが終わります。
スポンサーサイト



NEXT Entry
覚醒の道 3
NEW Topics

エネルギーについてのお話会(ウェビナー)へのお誘い:6月27日土曜日20時から22時まで
覚醒の道 3
覚醒の道 2
覚醒への道 1
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
ホメオパス(RSHom)でもあります。

ロルフィング
ホメオパシー
SE(トラウマ解放ワーク)
エネルギーワーク
を複合したセッションで皆様のお手伝いをしています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・英国登録ホメオパス(RSHom)
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー施術者
・ソマティックエクスペリエンス施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com


・・・・・・・・・

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR