< >
2012. 09. 11  
Fさんはセッション7にむけて、あるきっかけを元に古くからの心の傷の蓋を開けることになりました。トラウマは誘惑です。トラウマの持つ負のスパイラルに引き込まれるのは辛いのにも関わらず、それは同時に抗いようのない魅力なのです。このスパイラルを、逃げるのでなく、溺れるのでなく、どう卒業するか。

以下トラウマ決別に向けたFさんの心の動きについての往復書簡です。


「どんな自分でも許せるかどうか?」答えはNo!!!どうしてもどうしても許せない。涙が溢れて頭痛がするほど泣いても駄目。涙は酷い結果から出るのではなくて「自分を許せない自分」に出ていて、許さなくてはいけないけどどうしても許せない。どうしても、どうしても許せない。どんな自分でも許そうと思っていたのに、心の底まで傷つかない強い自分をめざしていたのに全く駄目。結果よりも自分を許せない心の狭すぎる自分に嫌気がさしてしまいました。・・・自分はどうして生きているんだろう?こんな自分はこの世に必要無いんじゃないか!と自分の存在価値まで否定してこの世から消えたくなりました。煙みたいにすーっと空に溶けて行けたらいいのにと思いました。けどこの命は大切にすると誓ったから絶対に死にたいとは言えませんでした。思っていても声に出しては言いませんでした。それは頑張ったと思えます。本当は言いたかったから…。本当は自分の身体も傷ついて欲しかったけど我慢出来たから…。

自分を許すことはできないけど許せなくてもいいかな、なんて思えました。そんな自分でいいのかなと思えました。私はどうあるべきなんだろう?心の底まで傷つかないように強い自分になりたかったけどなれそうにもないと分かりました。でも他の誰か自分に関係した人がハッピーなら心が軽くなれます。誰かが救われたらそれで嬉しい。それでいいのかな?自分も深く傷つかないと他の人の痛みはわからない、それが私の持論です。何でもできて何でも思い通りになる人には、出来なくて希望を打ち砕かれて傷つく人の心が理解できないと思っています。そんな人は他の人の心を本当に救うことはできないとも思っています。初めて人生で躓いたこと、それは今でも心の痛みですがそんな痛みを知っているから優しくなれる傷ついた人を理解出来る本当に思いやってあげられると思っています。だから弱くてもいいのかな?自分自身を傷つけない強さだけは、死にたいって言わなくなった強さだけは身につけられたから。私の傷ついた心に沿ってくれた人達に感謝しています。この感謝の気持ちを忘れずに自分も他の人にそっと寄り添える優しさとその人が傷つかない強さを渡してあげられたらいいなと思いました。それが今回の感謝に対するお礼だと今は考えています。


とても生の声を聞かせていただいて嬉しかったです。
大きくジャンプするためには一度とても深くしゃがまないといけないのと同じで、次に進む前に自分のことをしっかり見ることがとても必要だと思っています。今までのパタンを、否定的な解釈で固めず、美しく脚色せず、そのまま感じきる、経験しきるそしてここから、今までのなれたパタンと決別するのです。

今までとちがって死にたいって言わなくなったこと。
身体を痛めたいという衝動に負けなかったこと。

ここをまずうんとうんと褒めてあげる。過去からのパタンから抜けられたね!!って。

ものすごく感じやすいことは弱いことじゃないと日野先生が書いていて目からウロコだったことを思い出しています。敏感なのは弱いことじゃない。

周りの人にそっと寄り添って強さを与えてあげる、まさにそのことをこれからはまず自分にしてあげる練習をFさんは今しているのです。

まず自分に優しくなる。傷ついた自分に寄り添ってあげる。Fさんの神様はまず、Fさんのためにいるのです。いつも。

私も同じです。私は自分に関しては粗探しばかりしているみたいです。まだだめ、まだまだ、って。だからFさんのこの出来事における心の動きは手に取るようにわかりました。

ところでロルフィングはとても大きなプロセスです。いろいろ感じるのはチャンスです。でもだいじょうぶ。ひどいツボを押すのは(笑)ここまでです。私もここミュンヘンでものすごく濃い時間を過ごしていますが、ロルフィングで体験できるこの濃さを本当に感謝してます。感じることのできる感受性を持っていてよかったと思っています。優れた人たちに囲まれて自分の未熟さを知るたびに、本当に頭を抱えてお布団かぶって寝てしまいたい、逃げ出したい、と思うこともしょっちゅうですが、でも逃げずにやろうと思ってます。最初に大きくジャンプは無理なのですこしずつ、すこしずつ、自分のペースでやろうと思ってます。

ロルフィング日記、続けていてくださいね。そしてまたよかったらシェアしてくださいませ。今の心の動きは全部これからの栄養になっています。頑張ってください!!私も一緒に頑張っています。ミュンヘンより愛をこめて

そう、今まで悩みに悩んで得た答えは私にとって間違いではありませんでした。大きな心の傷みを伴って導き出した答えが間違っていなくて嬉しいです。ただどうしても抑えがたかった衝動「自分の身体を痛めつけて心身ともにどん底まで落ちる」からは決別できたようです。

身体の傷というか負傷した部分が過去に向かって再度傷んでいたのと同じ様に心の傷も再度出てきている気がします。心が傷ついた時にどうやってそれを克服したのか?それを再確認させられている気がします。いろいろな心の傷を克服して乗り越えて現在の私が出来上がっているのですが忘れていた古傷をもう一度再確認するのは重たい作業です。でもきっと今きちんと整理しておくことが重要なのかな?と真摯に向き合っています。克服出来た時の全ての助力に感謝しつつ。。。

そういえば、ロルフィングのセッションをしていただいていつの頃からかソリの会わない人の言動で心を痛めることが無くなってきたように思います。昔は全ての人の言動がきになってしまい小さなことにクヨクヨと悩んでいたのですが、気にならなくなってきたように思われます。いつもクヨクヨと悩まずに済むことは心が軽くなりとても楽になりました。ありがとうございます。今の目標は私なりの得意技を習得することです。何かひとつ、…何でもいいので得意があると強いと学びました。頑張ります。


Fさんの、今まで悩んだことは無駄じゃなかったという気づき。
ずっと守ってくださった方が離れていったことを、寂しく思うのでなく、感謝と共に旅立ちを応援している、ということ。

これがいかに大きいことかわかりますか?

トラウマというのは誘惑なのです。過去の負のスパイラルは、誘惑の仕業です。決して気持ちのいいものでないのにも関わらず、逃げても逃げてもその誘惑に誘われて、同じドラマを繰り返すのです。



命の大切さ

弱い自分でもいいこと

弱いから優しくなれること

コツコツと努力するといつかは実を結ぶというのが、Fさんのらしさであり長所だということ

泣きたい時には泣いて、それが本当の自分なんだからいいんだよと自分を受け入れられたこと

ソリの会わない人の言動で心を痛めることが無くなってきたこと(ロルフィング後は、言いたいことをいってやりたいことをやる人に変身する方が多い)

お月様であるご自分のよさがわかったこと(私は自分が燦々と輝く太陽より月に惹かれます)

これだけの気づきがありました。そう、身体が開くと共に、心の傷も開きましたが、ここを克服したプロセスを見つめるという重たい作業を乗り越えて卒業にむかっているのです。とことん納得した卒業に。

ここからは、いまの気づき、Fさんのこれからの資源になるこれらの部分にフォーカスを移す作業が始まります。ひとつひとつ、確かめて、味わっていってください。自分にないものを求めたり、トラウマの誘惑に惹かれて負のスパイラルを繰り返すのではなくて、今のこの瞬間のご自分の資源、これだけの資源をこれからは見つめるのです。ここからスタートするのです。
スポンサーサイト
NEXT Entry
トラウマとの付き合い方
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR