< >
2012. 09. 14  
ロルフィングのハイライトとも言えるセッション7はクラニアル(頭蓋)と首の内蔵と呼ばれる首の側面と前面のワークです。ここまで順番にほどいていき、土台が固まってきた下半身~肩の上に、最後にストンと頭がのる状態にします。

私はセッション7の内容については、個人的な苦い経験から強い関心があり、勉強してきました。たとえば幼児期からはじめる歯科矯正と脊柱側湾症の相関関係。手術を伴う顎関節症治療。舌小帯短縮症や癒着症(チアノーゼやいびき、アデノイド、睡眠時無呼吸症候群で悩む方始め、ほとんどの人が該当する)のための頤舌筋のレーザー手術。慢性鼻炎治療のための鼻腔拡張手術。これらの手術の代替はないのか。ロルフィングでどこまでできるか。

セッション7ではクラニオセイクラル(頭蓋仙骨療法)やロルフィング独自のクラニアルワークで、頭蓋骨のつなぎ目で負担のかかっているところを緩め、背骨を伝って仙骨に続くラインを整えます。ワークする範囲は主に首から上だけなので、今までのダイナミックなワークに比べると退屈だと甘く見られたり、逆に鼻へのワーク(鼻の穴に指をいれる)を過剰に恐れられたり、と誤解されやすいセッションなのですが、このセッションの深さと広がりは、アイダも「すべてのセッションがこの7に向かってくる」と言っていたように、本当に重要です。偏頭痛、顎関節症、頚椎ヘルニア、いびき、鼻の通りの悪さ、声の響きにくさ、呼吸の浅さ、これらの改善につながるのは想像できるのですが、肩こり・腰痛の思いがけない改善にもつながる、本当に重要なセッションです。

ロルフィングのハイライトとも言えるセッション7をするにあたり、Fさんをお迎えした時、ホッとしました。6回目後はあえてバランスの崩れた状態でいていただき、そこで起きるであろうこととじっくり向き合えるよう、相談の結果、間隔を3週間あけました。コアセッション中、特にセッション6後は過去の古傷(古い痛みや感情)が浮上したり、さらに新たな痛みまでやってきたりして不安に陥れられる方がとても多いです。この間身体は再構築をせっせとおこなっていて、今までと違う動き方や違うポジショニングが一時的に違和感や新たな痛みを引き起こす事があるのですが、このことを知らないと訳が分からずとても不安に駆られます。とくに長年の痛みを抱えてこられた方は、絶対治したいと勇む気持ちも加わって、新たな痛みの出現にプチパニックに陥ったりもします。この波を乗り越えると、なにか吹っ切れたような軽い感じになり、同時に地に足のついた印象になるのですが。Fさんもまさにその印象でした。

今回大きく変わったのが歩き方。ご本人もドシドシ、エラそうな歩き方に変わったとおっしゃっていましたが全くその通りで、かかとからのランディング~つま先からのプッシュアップがダイナミックになって、以前よりうんと大股になった印象です。

Fさんの場合、身体の数々の不調は頚椎のズレから始まったパタンなので、私はセッションのたびごとにかなり年季の入ったこのお首と対話しながら、ここにたどり着く日を待っていました。いよいよ準備完了とみて感無量。

以下、セッション7を終えたFさんの様子です。

今回のセッションでは、鼻のセッション中に額の部分が凄く痛かったのですが、記憶にないような幼い頃によく気管支炎をしていて苦しかったのを想い出していました。第3の目の部分と説明して下さいましたが、そんな小さな記憶にも残っていない頃に第3の目が閉じてしまった気がしました。長い間開かなかった目は癒着していて開くのが困難、それを無理矢理こじ開ける時の傷みの様な感じがしていました。

口内のセッション中は口というよりも首に神経がいっていました。右に片寄り右側に曲がっていた首筋が次第に真っすぐに伸びてきて首の中を真っすぐなものがたくさん通っていった感じです。曲がっていた頭がまっすぐに起こされて身体の中心線をまっすぐ頭のてっぺんから背骨を通って骨盤の真ん中を通り地面に垂直に感じます。頭の真ん中から串で刺したら串がまっすに地面に立つ感じです。

歩き方が足の裏の安定によりどっしりとした(偉そうな!?)歩き方になったのですが、そこに重心が真っすぐにかかるようになったので更にノシノシ、ドシドシ、踵からしっかり地面を捉えてつま先まで地面を捉えるしっかりした歩き方に変わりました。(もっと偉そう!?)首が真っすぐになった時に一瞬 左股関節が傷みましたが今は何ともないです。どうやら右首の歪みを左股関節が背負っていてくれた感じです。足をセッションして頂いた時に足から真っすぐに喉に何かが通り少しエヘン虫がいましたが、エヘン虫が通り過ぎるとすっきりしました。まだ新しい重心になれずフラフラしています。曲がっていた道路が真っすぐなスッキリした道路になり軽くなった右首も慣れないポジションに戸惑いと傷みが少しあります。右首を乗せている右肩もです。首はいつになくよくポキポキなります。腰も膝も身体全体が新しい重心に慣れるのにはもう少し時間が必要なようです。右首の開通で全体的に右首という影が無くなった身体は明るくなりましたが。今後もう少し変化するようです。

今回のセッション中は傷みもありましたが、普通は傷み=悲しみの私の回路がなぜが傷み=平和な穏やかさとなっていて痛い身体は死体のように魂にはなにも情報を送って来ませんでした。なので心は穏やか気分で今まで私に穏やかな空気を運んでくれた人々を平和に思い浮かべていました。前回のように自分と魂との会話はなくただただ穏やか空気に包まれていました。そんな感じの今日です。
(これは本当に大きな達成ですよね!!これを伺って本当に嬉しくなりました。)

そうそう舌は魂が抜かれるような気がしてちょっと恐怖感がありました。それで閻魔様が思い浮かんだのですが、終わったときの安堵感は大きくリラックスできたのと魂の部屋がちょっと大きくなってゆとりが出来た感じがしました。

柔軟体操をするときにカーペットの上に仰向けに寝るのですがロルフィングのセッション前には平べったいお尻が気にならなかったのに今はおしりに膨らみがあってウエストのラインが浮くのが少し気になっています。柔軟体操にもベットの上でも問題はないのですが、枕のお話で思い出しました。

仰向けになった時にウエストラインが浮くようになったのは素晴らしいことですね!背骨に自然なカーブが戻ってきたのです。(後傾だった骨盤が揃って、お尻が上がったのです。)本来は仰向けになったときウエストラインは自然にすこし浮き上がるものです。ちなみにこれは藤本靖さんがおっしゃってますが蝶形骨(頭蓋骨の真ん中の骨)が自由になると横隔膜~骨盤に続く筋膜のシートに影響し、前屈もしやすくなります。セッション7後に柔軟性が高まる方、腰のカーブが変わる方は多いです。

一昨日まで首筋に少し傷みがあったのですが、自動車運転時の左後方確認は首の左後方可動域が広くなった為楽でした。昨日は傷みがなくなりました。首が真っすぐになったことに身体は最初は戸惑っていて慣れた今までのバランスがいいかなー??真っすぐがいいかなー??状態だったのですが真っすぐの方が安定感があると分かったようでバランスの良い真っすぐの首を受け入れ喜んでいます。真っすぐの身体を受け入れた今、身体中の細胞は外部からエネルギ―を集め充実してきています。

身体がエネルギッシュになったので練習場でいつもよりたくさんゴルフボールを打ちました。終わってから考えてみると驚くほどたくさんでした。いつも身体と相談しながら練習量は決めているのですが、体へのダメージが少なかったので凄い練習量になったようです。今日は筋肉痛かと思ったのですが何ともありません。いつの頃からか筋肉に柔軟性がでて身体が柔らかくなっています。もともと関節は柔らかかったのですが、加齢のためと長期間(20年以上!)スポーツをしていなかったため筋肉は固くなっていました。その筋肉が柔らかくなって柔軟体操が楽々できるようになったのでびっくりしています。

バランスが変わったことで神経を集中していないととんでもない球を打っていますが、当たった時の球は素晴らしくなっています。ゴルフは身体の軸がぶれないように打つことが重要とよく言われますが、この軸が真っすぐになったのが良かったのでしょうか。これがいつもではないのが残念なのですが、身体という条件を整えていただいたので後は自分の努力次第!頑張って練習します。天高い秋の青空に高く遠く吸い込まれるように飛ぶ球は美しいです。

天高い秋の青空に高く遠く吸い込まれるように飛ぶ球、この素敵な表現が、Fさんの解放された魂を表現しているように思えました。



スポンサーサイト
NEXT Entry
Young Living
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR