< >
2012. 09. 27  
セッション8のためにFさんをお迎えした瞬間、あまりの印象の変化に驚きました。ご本人も自覚されていたようですが、「らしさ」が全面に出てきたら、むしろ男性的ともいえるすごい存在感。柳のフリしてた杉の大木だったんですね〜〜〜!と思わず言ってしまいました。ご本人はこれは都合が悪いのだけど、としぶってらっしゃるのですが’、かつてバレンタインで紙袋一杯にチョコを集めてた方が実はFさんでした。

セッション8を終えたFさんの様子です。

今日のセッションをしていただくまでの前回からの2週間は身体の変化が激しくて身体に心がついていけずかなりしんどい2週間でした。第1回目からのセッションを早送りで総復習しているような感じもありトラウマ克服ももちろんもう1回でした。しかしトラウマ克服時の「悲しさ」は全くなく同じ様なシチュエーション、いえもっと酷いシチュエーションをもう一度だったのですが心は鈍感で何も感じずただただ流れる涙によって更に負の世界へと導かれることはありませんでした。私にとって心がずたずたになってしまうような出来事でも平気な人強い心を持った人、心が傷つかない人の様子が分かった気がしました。その事実だけを見つめそこから負へと流されない強い心を前回のトラウマ克服で身に付けたことを確認できました。

その後の仲間の優しさはとても心にしみました。同じ様に心を痛めてくれた人、もう一度同じ場面を作り1つ1つ大丈夫だよと一緒に確認してくれる人自分はもっともっと駄目なことがあったよと力説してくれる人…本当にみなさん優しくて心がたくさんの栄養をもらって大きく温かく膨れました。その昔に頑張って頑張ってそれでもどうにもならなくて心がくじけそうな時に他の人に「もっと頑張れ!」と言われてもう頑張れなくなって酷く落ち込み立ち直れなくなった。という経験談を聞き今までとてもよい言葉だと思っていた「頑張れ」が残酷な言葉でもあると知りショックを受けたことがあります。、ドイツ語には「頑張れ」とうい言葉はなく辞書にのっている頑張れは「辛いことを一所懸命しなさい」という意味であり他の人には言わない方がよい言葉と習ったことを思い出しました。励ましてくれた人々はみんな今のままの私で大丈夫、今のままでいいんだよ。と言っていました。頑張って変われば大丈夫とは誰もいいませんでした。今のままの私で素晴らしいからそのままでいいよと言われ今のままの私を受け入れ今のままの私を一所懸命励ましてくれた仲間にとても感謝しています。相手を思いやることについて多くを学びました。


ドイツ語に頑張れがない、というのは言われてみれば驚きでした。たしかに、そう。辛い思いをしている人にStreng dich an!などというのは配慮にかけて思いやりがない。もっともMach's gut!とも言いますが、じゃあ頑張ってね〜、バイバイ〜というノリです。英語だとこの様子はhang in there!にあたるとは思いますが、ここまで突き放した印象ではない。ちなみに英語で頑張れというときにはYou can do it!とよく言います。大好きな言葉です。

そして今日、第8回目のセッションは腕の身体への影響の大きさを痛感させられたセッションでした。心臓からも遠く身体本体からも離れている腕がこんなにも重要とは思ってもいませんでした。左腕の時には腕から肩へ首へと力が伸びて行き更に腰からつま先までおよび左半身が右半身とは別の人の身体になったようでした。腕から何かがじわじわと細胞の中を通っていき栄養を満たし充実してく感じです。次の利き手の右腕の時には肘から円を描くように波紋のように全身に何かが広がっていきました。前回真っすぐにしていただいた首の中の管に充実したものをどんどん送りそれが頭のてっぺんまでいっぱいになり首も肩もいっぱいになり反対の腕、両足までも満たされました。利き腕の力強さが全身に送り届けられた感じです。そのエネルギーにより本来の姿形に体型が修正されたようです。

更に肩を開いていただき曲がっていると言われた肩甲骨の間の背骨が今までの窮屈さがなくなり居心地の良さを感じました。呼吸もしっかりとして充実感があります。更にその居心地の良さは首へも伝わり首が軽く更に真っすぐにシャンと立った感じです。しかもエネルギーで満たされているのでしっかりした身体が出来上がった感じでした。身体の重さを足の裏でしっかり実感できて歩くのに安定感があります。しっかり歩けている感じです。歩き方がノシノシ偉そうになった上に肩が開き肩で風を切って歩くこの感じは何様!なんですが^^;非常にリラックスできて気持ちの良い姿勢です。

この偉そうな姿勢にリラックスできるのは心が強くなれて周囲の小さなことにいちいち動じなくなったので安心していられるからだと思います。内面を磨き充実させてからその内面に見合ったというか内面を反映できる姿勢にするというのは素晴らしい順番だと感心しました。もしも内面が弱かったら私の姿勢はまた内に籠る様に猫背になっていくことでしょう。そんなことを感じた今日のセッションでした。強い心を発見させていただき本当に感謝いたしております。ありがとうございます。

肩甲骨の間の背骨は今まで幅広のリボンが捻じれてしまったイメージがありました。それを昨日ほどいて真っすぐにしていただき今はその皺が伸びて真っすぐなピンとした綺麗な幅広のリボンに戻る感じがしています。そしてそこにはたくさんのエネルギーが通うようになり肩甲骨に羽が生えた感じがしています。昨日は新しいバランスになった身体でバランス感覚が悪かったのですが、片足だちで靴下を履くときにフラフラする体を肩甲骨の所の羽を広げバランスをとるイメージにするとグラグラがおさまりバランスよく立てました。不思議で楽しかったです。いつも疲れ目で夜には目が重たいのですが昨日は軽くてさっぱりしていました。腫れぼったかった目の腫れが引いてちょっと目がクリアーに大きくなった感じです。

利き腕の右腕は誰かの利き腕になるではありませんが私を守る強い腕であると感じました。対外的に活躍している父親の感じです。それに対して左腕は細やかに心を支えたりエネルギ―を補充したり私を抱きしめてくれる優しさのある母親の様な感じを受けました。身体はそれぞれに役割がありとても精密にそして全てが関連してできてい
て素晴らしいなと思いました。

この連日の雨、やはり孝美さんも浄化の雨と感じていたのですね。いつも雨が降ると悲しくなる私なのですが、今回の雨は特別で過去の辛い経験酷い経験など負の経験で汚れてしまった私をまっさらに綺麗に洗い流してくれていると感じています。「負」の部分を洗いながしていただけるなんて、どれだけ感謝してもし足りないです。ありがたいことです。


目と腕は遠いようでとても関連があります。腕は小さいパーツに思えますが、呼吸と首、頭に大きな影響を与えます。腕が解放されていくときのねじれのほどけていく様子は、私の(隠した)意図そのもので、私の感じた感覚でもありました。右手と左手の様子はまったくおっしゃる通りで、右は男性性、左は女性性を表します。Fさんは右手が強く、しかもそれをものすごく心理的にホールドしていました。社会的自分である男性サイドを無意識にずっと押し込めていた状態です。翼をふわっと広げた鮮やかな瞬間が印象的でした。

耳を澄ませてみるとそれぞれのパーツが自己主張しているのがわかります。コアセッションの時は耳を澄まさなくても各パーツの声が聞こえていました。身体は生きていてそれぞれのパーツが調和をとって更に魂との共同作業でひとりの私が出来上がっているのですね。すごいことです。これは自分を大切にしなかったら申し訳ないです。(過去を反省)

そう今日は真面目にゴルフしてきました。きっと当たらないよね~と思いながら…ところがセッションの前まではどうにも集中力がなくてボールに集中できず困っていたのですが、(体の変化が早くてザワザワしていたためでしょうか?)そんなことはなくなり集中できました。ただ最初の素振りで「なんじゃこりゃ!誰の身体?」というバランスでしたが、集中して打つと身体のバランスは今までよりも格段によく、肩と首の回転もスムーズで当たれば素晴らしい球が飛んでいました。気持ちいい~♡遠くからグリーンにのる球って本当に気持ちがいいです♪孝美さんのおかげです。ありがとうございます。


ここにきて、調和、という言葉がFさんから出てきて本当に嬉しくなりました。そうなのです。ここからが、ロルフィングがいよいよ他のモダリティと大きく違う「統合」というテーマに入ってくるからです。各パーツがひとつひとつ目覚めたら、あとはこのパーツがどうやって調和していくかを、これからは探っていくのです。それを特別なこととせずに、日常において。自分と向き合い、目覚め、自分の足で立った後、今後は周りと、そして自分と調和することを深く決意されたFさんの今後の変化が、とても楽しみです。
スポンサーサイト
NEXT Entry
マルタ島5
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR