< >
2012. 10. 11  
クラシカルロルフィングでは、セッション8で上半身か下半身かを選び、セッション9では8でやらなかった方・・というガイドラインがありましたが、今は変わりました。セッション8以降は完全に個々への対応になります。私はムーブメントをセッションに多く取り入れ、セッション9では特に対角線の動き(Contralaterality)を身体に覚えてもらうことが多いです。

対角線の動き、というのは、実は人間を猿と大きく引き離す大きな特徴です。猿、ゴリラ、チンパンジーは同じサイドの手足が同調して歩きますが(いわゆるナンバ歩き)人間は逆です。つまり右足を出すときには右肩を引いて、左肩を出します。モデル歩きはこれを強調したもので、ダンサーの動きがかっこ良く見えるのはこのツイストを強調しているからです。対角線の動きはロルフィングセッション全体を通して自然に実現していくものですが、難しいと言われるねじれの解放(とくに脊柱側彎症)とともに、私は必ず10シリーズで一度は取り入れるようにしています。

身体の対角線のつながりが明確になると、足は足からでなく胸郭からつら下がって動くような感じになります。バレエダンサーの足の運びはまさにこれです。以下のFさんの言葉を借りれば、みぞおちにボルトを埋め込んで、この軸を安定させることが大事。足は足だけで動いていないというのは、筋膜のつながりでいえば当然なのですが、感覚で言うとこのボルトを埋め込む感じがとてもわかりやすい。日野先生の「骨盤なんか考えちゃいけない、胸骨だ」というのは、この辺りのことを言っておられると思います。

ところで最近は面白い歩き方をする方が多いですね。余計なお世話と思いつつ、歩き方セッションを一回勧めたい方がすごく多い。。ご自分の歩き方を一度チェックなさってみてください。

以下、セッション9を終えたFさんの様子です。

『調和していく身体』

歩いてみると足が軽いです。踵に羽が生えたようです。どうやら右足と左足の筋力で地面を蹴って歩いていたのが、右足と左足がお互いに歩調を合わせてと言うか身体全体でリズミカルに歩を運べるようになったのでどんどん前に軽々と進んでいるようです。

肩のラインが更に開いたので、歩く時に更に肩で風を切って偉そうに歩いています^^;そして左足が歩を進めるお手伝いを右腕というかテンポよくスッスッと前に出る右肩がしていて右足も左肩がしていて筋力は同じなのに足が軽々と上がってどんどん進みます。最近は歩く時に腰がスッスッと前に出て偉そうに歩いているのですが、セッション後は肩と腰が繋がったようで肩と共に腰が更に簡単に前に出るようになり、足だけで足の筋力だけで歩いていた身体がそれぞれのパーツ全ての調和のもとにリズミカルに歩くようになった感じです。それで負担が足だけにかからなくなって軽くなったようです。更に歩く時の重心は下の方、足の方にあったのですが(足で頑張って地面を蹴っていました)腰に移っています。重心は腰にあった方がバランスがいいです。一番重い頭がフラフラしません。バランスがいいと一定方向にぶれずに力が出されて力強くどんどん前に進めます。横にぶれていた余計な力が前に進む為に全て使われる様になりどんどん進めます。これが無駄のない動きなのでしょうか?足が軽くなりテンポよく前に前にずんずん進むと気持ちも軽くなり嬉しい気分になります。

これにはミゾオチに今日のセッションで埋め込んでいただいたボルトが関係しているのでしょうか?機械の人間のように大きくてしっかりしたボルトがミゾオチに入っていて身体の各パーツをつないでいる感じがしています。まだ今日はワイヤー程度の繋がりですがワイヤーがどんどん太くなりしっかりした鉄骨で身体の各パーツをつなぐ予定のボルトが埋め込まれています。

身体それぞれのパーツはそれぞれが独自に充実していて本当にお互いを認め合って一つの身体として調和が取れるのかどうか?かなり心配だったのですが、何の問題も無く合奏や合唱、ダンスなどでみんなが一つの作品を作り上げぴったり息が合った時の喜びを知っているかのように一つの身体という作品を作り上げています。正に調和です。身体のパーツが繋がり調和し安定して魂をお迎えする最善の状態を作っている感じです。このハーモニーは今後更に磨かれていくと感じています。

今日はゴルフの練習に行ってきました。素振りの段階では素晴らしい身体のバランスです。クラブがビシッっと振られとても気持ちがよかったのですが、いざボールを打ってみると当たらないのです;;身体自身は油をさしてもらったかのように気持ち良く軽く動くのですが、この動きが気持ち良すぎて昨日までとどこが違うのが?全く分からず、どうしてボールにジャストミートしないのか?全く分からなくなり、自分はどうやってスイングしていたのか?さえも分からなくなってしまいました。明日から少しずつ丁寧に練習し、新しい上半身と下半身の繋がりと重心、身体全体のタイミングに慣れていきたいと思っています。

今までの身体はギシギシと軋むのを無理やり使っていた感じですが、油を差してもらいスッスッと気持ちよく動けるようになりました。テンポ良く歩けるのが本当に楽しいです。ありがとうございます。

昨夜柔軟体操の後でどうにも右肩の違和感があり喉を圧迫するので鏡を見てみました。右鎖骨が中央に寄り過ぎていて周囲を圧迫していました。ちょっと傷みもあったのですが、明日の朝までには動くだろうと寝た所、朝にはきちんと左右対称の位置に戻っていました。少し感じると言えば痛みを感じますが、右腕が強すぎるのでしょうか?しかし一晩でこんなに動くとはびっくりしました。

右肩と左腰のセッションが上手にできたのは、その動きをバスケのディフェンスで使うからだと思います。私の利き足は左足なので、右腕と右足を前に左足を後ろにディフェンスポジションをとります。重心は左腰にあります。そこから下がる時に最も速く下がれる方法として重心の移動を行い重心が移動された身体が倒れないように足が出るのですが重心の移動のきっかけは腕というか肩です。右腕を後ろに振ることによって右肩を落とし左腰にある重心を後ろに倒して瞬時に動きます。丁度その動きに似ていたような気がします。ダンサーはこの重心移動が両方とも必要でしょうがバスケは片方でいいので片方しかできないのだと思います。

注)バスケの動きについてとても面白いことを教えていただいたので、これは別の項で。

9の後はすごく動く方が多いです。対角線の動きは狙ってすぐできるものでなく、10セッション全体を通して自然に身体が体得していくものですが、対角線に伸びるラインを強調した後は身体がとてもダイナミックな動き方を探し始めます。右の鎖骨が中心に行き過ぎた感覚があったのは、苦手だった右足~左肩へのつながりを強調したところ、このラインが主張をはじめたからでしょうね。今回の狙いはまさにこのラインに目覚めてもらうことでした。もっともっと目覚めてほしいラインなので、しばらく楽しんでみてください。

今日のゴルフは散々でしたがお天気がよくて青空が気持ち良くて、落ち込まない私は明日へ向かって「明日はどう変わるかなー?^^」と脳天気にしています。楽しい毎日を孝美さんにいただきました。ありがとうございます。

セッション9の後は動くのですね。ということは今まで1週間くらいで身体の変化に慣れてそれなりにゴルフができていたのがもう少し時間がかかるということですね。わかりました。ゴルフでは右足から左肩への動きがスイングの動きになりますので重要になります。左打ちに変えようかと思ったくらいです。でもその必要はなさそうで嬉しいです。身体と会話しながら楽しく過ごしたいと思います。ありがとうございます。


Fさんは次回の最終回に向け、もうすでにしっかり独り立ちされ、これから新たな方向に歩んでいく用意ができたことが、文面からも伝わってきます。

ところで、Fさんからとても素敵なプレゼントをいただきました。株を分けていただいたセントポーリアの鉢植えとそマルタ十字のロゴの入ったゴゾ島の天然塩!超パワーグッズ。IMG_4211.jpg

このセントポーリア、いただいてからずっと私のそばにいるのですが、小さいのにとても力強くて、限りなく優しい。
まるで両手を広げて私に語りかけてくれているみたい。もしかして、パワーフラワー??と伺ったら、確かに願いを込めてくださったそうです。本当に嬉しいプレゼントでした。
スポンサーサイト
NEXT Entry
空間感覚〜気配で動く
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR