< >
2012. 10. 15  
統合セッションである8〜10にかけては、いままで妨げてきたものを取り払って新しくなったパーツが、それぞれどう調和していけるかを探っていきます。つまり7までは「何がが妨げているか」を見てきましたが、ここからは「どこに可能性があるか」を身体が探していくのです。

ゴルフのスイングには軸の安定(core stability)が必要不可欠です。よく使う言葉ですが、具体的にこれがどこにあり、どう安定させるかをきちんと言える人は多くないでしょう。Fさんはみぞおちにボルトを埋め込む、という感覚でつかんだようですが、これをもう少し詳しく説明します。

身体を動かす時の軸の中心は、へそとかハラと思っている方が多いでしょうが、実際はもうすこし上で、第2の脳とも言われる太陽神経叢(横隔膜直下、いわゆるみぞおち)部分です。剣状突起(胸骨の一番下の骨)と胸椎10〜12番の間にある親指ほどの大きさのものです。

つまりとてもピンポイントで小さいのです。通常ピラティスなどでいうコアというと腹直筋や脊柱起立筋群全部を含めてしまいますが、厳密に言うとコアには内側(inner core)と外側(outer core)があって、inner coreは骨盤底から横隔膜の間で、多裂筋と腹横筋まで。多関節筋(腹直筋や 外腹斜筋、脊柱起立筋群)までを含めるのはouter coreになります。ピラティスなどでコアを鍛えたつもりが密かに腰痛などに苦しんだりするのは、本来動きの発火点であるinner coreの安定をさせず、outer coreである腹直筋や脊柱起立筋群を動きの発火点にしてしまっているからです。

ねじりの中心、つまり動作の中心軸は、ピンポイントで小さい。みぞおちにボルトを埋め込む、という感覚を強調するのは、ここを知っていただきたいからです。すべての動作を、このボルトをしっかりしめてから行うと、中心軸がとれて、けがのない動きにつながるのです。

セッション9ではFさんに、対角線の動きを身体に覚えさせながら、このボルトの感覚をつかんでもらいました。みぞおちにボルトをしめると、これは「私」の安定につながります。すべての動作の主役であり、発火点である私は、「存在するもの」(being)です。ここが存在してはじめて、骨盤、肩、手足という表現形態(doing)が動きはじめるのです。突然メタないい方になりましたがここはとても大事なところなのであきらめず説明します。内側の自分とつながることなしに、手足だけをむやみに動かしてないでしょうか。あなたのその動きは、内側からの指令に基づくものでしょうか。今の行動が自分にとってどういうことだかを告げる内側の声に、耳を傾けているでしょうか。

コアである私がぶれると、安定を欠いた軸は外側をやたらと大きく動かしたりします。一見ダイナミックに見えますが、これは統合を欠いた動きで、本来の順序と逆になっていて、いずれ内側に緊張を生み出します。ゆがみ、痛みの発生です。つまり、自己の確立=軸の安定=調和した動きなのです。

ロルフィングセッション中にこのような理屈を説明することはありませんのでご安心ください(笑)。身体は賢いので、ただ触れ、ちょっとした言葉かけをすることで気づいてくれます。実際にFさんにはこのようなことはいっさい説明しませんでしたが、Fさんの身体はその後も進化をつづけ、1週間たった様子を教えてくださいました。

今日も歩く練習を少ししました。やっぱり歩くのは気持ちがいいです。スッスッと前に出る足、リズミカルに自然に歩が進むのは気持ちが明るく前向きになります。楽しかったです。

ゴルフのレッスンがありました。いつもなのですが、どんなに崩れて酷い打ち方当たり方になっていてもコーチはすぐに元に戻してくれます。ちゃんと当たる様になってハッピーです。でもレッスン後はまた当たったり当たらなかったりになるので練習が必要ですが…^^;足腰のバランスがとても良くて右足への重心移動の時の左肩が下がるくせが大分よくなったと褒められました。今までわかっていてもなかなか直せなかったくせなのですが、身体のバランスが良いとアンバランスを直す為に動かしていた部分(左肩)を動かさなくてすむのですね。スイングがぶれなくなってきちんと球に当たることが増えました。そしてスイングの後でフラフラして足を踏み出してしまうことがあったのですが。これも大分なくなりました。バランスの良い身体は素晴らしいです。重心がしっかりと腰に来たからですね。孝美さんのおかげです。ありがとうございます。楽しく練習ができます。


そうです。コアが安定すると、むやみにdoer(動作をする肩や足腰)を動かさなくてすむようになるのです。

見失ってきた強い自分、軸のしっかりした杉の木のような自分を取り戻して、動作の主体である「私」がコアにいられるようになると、あとのパーツは自然に調和に向かいます。Fさんは卒業間近です。
スポンサーサイト
NEXT Entry
痛みとの付き合い方
NEW Topics

タロット講座のお知らせ〜タロットで何を読むか
Somatic Experiencing Advanced II その3〜 エネルギーは完全無欠のコンフュギレーション
Somatic Experiencing Advance II  その2〜 トラウマは人生のテーマ
Somatic Experiencing Advance II  その1〜SEとホメオパシーとロルフィングの違い
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
英国スクールオブホメオパシー
アドバンスプラクティショナーコースに在籍し
現在臨床を行っています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー認定施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com
+49(0)6171 279 0088

・・・・・・・・・
2017年冬 東京セッション
12月27日(水)〜1月3日(水)


2017年 直傳靈氣講習会(フランクフルト):

前期10月20日(金)14:30〜18:30
  10月21日(土)9:30〜12:30
       14:00〜17:00 
後期10月20日(日)9:30〜16:00
        
      
直傳靈氣交流会(フランクフルト)
10月23日(月)16:00〜18:00

ホメオパシーについて語る会
10月18日(水)14:00-17:00
内容
ホメオパシーとの付き合い方:
ーファーストエイド
ーミニコンサルテーション
Abby Takarabe, Peggy Bideホメオパスを
聖地スワジランド、オーストラリアから
講師にお招きします。

参加費用:
50ユーロ

タロット講座

10月23日(月)
13:00−16:00

講師:大塚英文さん
受講料:60ユーロ


参加お申し込みを受け付けております。
.................

Profile:

Takami Kamata

Certified Advanced Rolfer®
Certified Rolf Movement®Practitioner
Jikiden Reiki® Shihan
Registered Yoga Teacher
SourcePoint Therapy® Practitioner

Contact me at:

rolfertakami@gmail.com


........

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR