FC2ブログ
< >
2012. 03. 04  
腰が痛む、首が痛む、肩が痛む。
痛みは、意識をそこに集中させます。なんとかその不快症状を取り除きたくて、ありとあらゆることを試みます。治療に通い、レントゲンやMRIで病変や組織の変形を探ります。でも、面白いことに、痛みの箇所と実際のレントゲン画像の解析結果が一致しないというのは、密かに整形外科医の間で知られていることです。

痛みは主観である。
こう言われると頭に来る方は多いのではないでしょうか。実際に痛む、これは気のせいじゃなくて実感で事実だ、なんとかしてくれ、これが素直な反応です。でも痛みの80%以上は感情から来る、こう断言するロルファーは多いです。私もその一人です。

例えば腰痛はサポートの問題と密接に関わっています。邪魔されて自分のやりたいことができない=独り立ちさせてくれ、という意識の反映。でも多くが同時に相反する無意識=独り立ちしたくない、サポートが欲しい、という意識を持っていて、こういう二律背反の葛藤が腰痛を生みます。ちょうど会社で中間管理職にあたる年代の人に腰痛で悩む方が多いのは象徴的です。腰が90度に曲がったお年寄りが全然痛みを感じないのに、画像解析ではなんの問題もなく見える方が、ひどい腰痛で何日も全く動けない状態になるのはどうしてでしょう?画像解析では異常なしなのにも関わらずひどい腰痛になやまされ、手術を繰り返し車椅子生活になり、最後はモルヒネにたよっていた人が、モルヒネの副作用で痙攣をおこし意識不明の重体に陥り、意識を取り戻した時に過去の記憶を全く失ってしまったら、同時に腰痛も消えていた、という実話もあります。

痛みはこだわりの象徴です。身体が、ここに気づいてくれ、と必死で送ってくるサインです。その意味を私たちはほとんど無視するか、顕在意識の解釈で解決しようと試みます。でもほとんどの場合、痛みをひきおこすこだわりは、氷山の水中部分の巨大な潜在意識からきています。
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
ホメオパス(RSHom)でもあります。

ロルフィング
ホメオパシー
SE(トラウマ解放ワーク)
エネルギーワーク
を複合したセッションで皆様のお手伝いをしています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・英国登録ホメオパス(RSHom)
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー施術者
・ソマティックエクスペリエンス施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com


・・・・・・・・・

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR