FC2ブログ
< >
2012. 06. 02  
昨日でパーティ、もといトラウマワークショップ終了。今回は一日24時間全部が授業だった気もします。授業でキーワードをもらって、残りの時間で探索。絶望的に方向感覚のない「地図の読めない女」である私には、オリエンティングの駆け引きがものすごく新鮮だった。私は物事を俯瞰的に見ること(Peripheral vision)が苦手で、迷ってはパニックになる。トラウマ経験者はこの感覚には深く頷くはずです。今回はのっけのMammaMiaで運命的にdisoriented(方向感覚を失うこと)からのスタートとなり、その後もdisorientingを地でやってOrienting Responce(定位反応:まだ自分のデータにないはじめての体験をしたときの反応)を冷静に観察する絶好のチャンスに恵まれました。いつもみんなとすごくいい加減な計画ばかりして、待ち合わせには地図なし、メモなし、連絡先も控えず携帯も使わず、いいかげんな記憶と口約束ですまし、方向も行き先も定かでないのにたまたま通りかかったトラムに果敢に飛び乗り、他の乗客に助けてもらって待ち合わせ場所と目的地に行くとか、帰りの長距離列車では中央駅の電光掲示板にAusfall(運行中止)の文字を発見してのけぞっていたら行き先がばっちり同じだったイゾルデが女神のように現れて結局事なきを得るとか、普段ならプチパニックになる状況で、別の捉え方と可能性を教えてもらいました。何かとても茶目っ気のある神の図らいを感じます。

最後のみんなとの集合写真↓
IMG_5526.jpg

IMG_5523.jpg

1番目の写真に写っている前方左がLael。何故か古代のシャーマンをいつも連想させる彼女は、一瞬でものすごい情報をキャッチするのにただ驚いた。対象を見た瞬間コンマ一秒くらいでボディリーディングを終えている。この道30年選手は多かれ少なかれこうなのだけれど、彼女はさらに深い層をこの眼で見てる。彼女の目はとても不思議な目で、なにか表現のしようのない深さを湛えています。それに彼女のリスニング能力も本当に驚きで、重心のシフトや広がり、呼吸、パルス、フローなどの通常の情報に加えて、中医学の先生が手首でとるようなものすごく微細なレベルの脈拍と脈動を、身体のあらゆる部分で瞬時に感じ取っているように思えた。しかもやってもらって驚いたのが、なにやら私自身が気づくほんの少し前に気づいているようで、まるで脈動の変化のプリムーブメントを読み取っているように思えて本当に不思議でした。日野先生の予備運動を消す動きについて説明したら、それは絶対にない、人間が予備運動を消すことは神経学的に決してできない、と断固否定されました。来年の続くトレーニングまでに、来月初旬の日野先生への弟子入りでにわか稽古する「予備運動なしの動き」で来年もう一度勝負に挑みます。(笑)Laelが日野先生のボディリーディングとセッションしたら面白いだろうなあ~~。

2番目の写真の一番左に写っている黒い服を着たのがアナトミートレインTom Myersの元奥さんのジゼル。頭が切れてセクシーで、愛にあふれたものすごくかっこいい大人の女。

赤い服を着た私の隣にいるのが生物数学博士のミヒャエル。昔のホリーハンター主演のThe Pianoの主題曲を情緒たっぷりにめちゃくちゃ上手に弾く彼からは、私はいつも目が離せない。経歴も性格もまるで違うし接点はロルファーであるということだけなのだけど、何故か彼は私にとって一番安全で気楽な人です。

後方に立つ男性2人は椅子に立っているのではありません(笑)私の後ろに立つクラウスは身長2メートルくらい、足のサイズ48(29センチ)で本業農夫。彼ともロルフィングがなければ絶対に出会えなかった。とにかく単にお互い物珍しい(笑)というのが第一印象だったけれど、話してすごく楽しいのでこれもびっくり。

参加者が役者ぞろいだったのでひとりひとり書きたいくらいなのだけれどきりがない。こういうまったくあさっての方向の人たちをひとつにまとめてしまうのがロルフィングのすごさでLaelの魅力です。今回は本当におもしろかった。神経学と心理学の膨大な背景についてこれからの復習がまたすごい量。。。でも今週いっぱいは妻業と母業に専心して今月末からはパオラ、それに引き続き日野先生の武道のワークショップへの準備が必要、などと言い訳してあとに延ばすのがみえみえです。今回Orientingを本来の意味でなく自分の都合のいいように解釈した私は、今後も真面目に復習・予習などするつもりはなく、行き当たりばったりでやっていくのだろうなと妙に開き直っています。私はトラウマ解放に成功したのだろうか??







2012. 05. 31  
明日はついにこのワークショップの最終日で、途中で抜ける参加者も多いので今日が打ち上げパーティ。実は帰ってきて復習しようとしたらノートもカメラも全部会場においてきていることが分かり、今夜は自分の記憶だけを頼りにするという究極の頭の体操。ここに来てMammaMiaを見てしまってからどうもパーティモードにセットされてしまい、授業の厳かな内容よりその他からのインプットのほうが強烈・・

今朝のフィードバックでどうも周囲のニヤニヤした視線に押され、結局昨日の個人的宿題の研究結果を発表するハメに。題目:「1)頑ななフェミニンサイドが自由になったらどんなふうに感じるか、その方法は2)不都合なプレデターサイドを適切に表現する方法とは3)これらをどう統合するか」複雑な経過は端折って研究結果だけをかいつまんで1)妻をめとる2)マイクをもつ3)バンドを結成する、となりました、私は果たして宿題を適切にやりとげたのでしょうかと報告したところ、目の前に座っていた普段地味なミヒャエルが初めて着てきた赤いTシャツに「Karaoke King 新」のロゴを発見。もしや陰謀か??
IMG_3559.jpg
門外不出だったはずのバンド録音も後で結局みんなに披露されてしまい、私は日本人の面汚しとなりました。。。

今日はパオラと沢山組んでワークできて、贅沢なセッションをたくさんしてもらった。ブレイクスルーになるキーを一度にこんなにもらえるなんて、なんてラッキー。静かに反芻しようとしたらクラニオセイクラルのリスニング(脳脊髄液の満ち引きを感じること)、ソースポイントの退くという感覚、そして日野理論のコネクト、自己否定、相手を動かすから動かされるというベクトルの180度転換、ホメオパシーのセンセーションメソッドとシンボライゼーション、これらがとてつもない渦になってぐるぐる回りはじめ、このSE(Somatic Experiencing)をどうこの中に入れるのか、それとももう当たり前のように鎮座しているのか、なんだか混乱してきました。本当はもっともっと掘り下げたいし、先生に聞きたいことは山ほどあるし、友達とシェアしたいことも山ほどあるのだけど、そろそろお祭りの終了を知らせる鐘の音が。。。合気道歴25年で独学で日本語を学び(かなり知っている)書道も始めたLaelに、私も今年合気道の道場破りします、書道4段です、よく写経してます、などと底の浅さ丸見えの売り込みをしてしまった私は、果たして彼女からものすごく高い評価を得てきた日本の優れた先人の方々の印象を損ねることになっていやしないか、喧騒からはなれ冷静になったいま背筋を冷たいものが走っています。。。
2012. 05. 30  
今日はもっさり鬱蒼とした始まりだったにもかかわらず、仲間や先生達と会ったらやはりみんな同じエネルギーを抱えていたせいかそれぞれパワー炸裂して、アルコールが一切入っていないのに異常なはじけ方をして、歴史的に笑い転げた一日になりました。

最初は待ち合わせてJeff Koonsの期間展示をしているBEYELER美術館へ。
IMG_3546.jpg
一番右がシンガーでヴォイストレーナーでもあるニコル、隣が私のベーシックトレーニングとムーブメントの先生だったパオラ、隣がロルフィングドキュメンタリーにも登場した同じくムーブメントの先生フランス、そして私の隣がヴィヴィアン。(全員が美しく見える距離で撮ってみました)
IMG_3555.jpg
ワークショップにベースギターを持ってきていた(笑)50歳になるフランスがティーネイジャーの娘さんのバンドに何故かレギュラー出演している関係で歌える歌をいくつか披露してくれて、ニコルがうまくみんなを乗せてそれぞれに歌わせ(おかげで私まで子守唄や日本の唱歌を歌うハメに・・)ついでに自分もめちゃくちゃな声量でソウルを歌って、ここでついにみんなネジが外れてしまった。バンド結成となり(バンド名はとても言えない)なだれ込んだ日本食店でラーメンの正しいすすり方=適量をとって素早く口に運んだら、途中で噛み切らないように後はすすって全部口に入れる。この時のポイントは麺が飛び散らないように箸で押さえながら口に送り込むこと。これにより熱さが適温になりアロマが広がる=を教えたら、かつてヨーロッパ人でこれをやった人は一人もいなかったのにみんなものすごく夢中になり、ついにコツを掴んだ時のフランスがこれ。この達成感について目を輝かせて語る彼女は常に学習意欲に燃えるロルファーの一例・・
IMG_3558.jpg
このすすり音をアレンジしたトラウマ克服のための曲を5曲作ってお開きとなりました。

ふざけて帰ってきただけなのに、いま振り返るとなんと、私の宿題に対する答えを全員で取り組んで手伝ってくれていたとわかりました。なんてクール。突飛もないジョークばかりでゲラゲラ笑い転げながら、でもものすごくコアなこともさらっと話しあっていた。シリアスになりすぎず、磁石のように常にそこに引きずり込もうとするトラウマをどうやって扱うかを、今日一日かけて教師も生徒もなく仲間として真剣に体現してきたんだと分かって、ものすごくリッチな一日だったとわかりました。みんなカッコよすぎる。アルコール抜きで完全にイっている私たちの即興曲をパオラが撮りました。この門外不出のレコーディングは伝説になる出来栄えです。

さて残り二日。家族には言えないけれどすでに逆ホームシック。。
2012. 05. 30  
オフの日。昨日3時まで眠れず、今朝は8時までねばったけれど差し込む朝日と鳥のさえずりで余儀なく起きざるを得ず、だらだらヨガをしてだらだら朝食を終えたら、すでにお昼近い。友達と約束したお昼までに買い物をしがてら街を探索、のつもりが身体が動かない。おそらく自分の「不都合な真実」に向き合おうとしているからで、このまま布団をかぶってまた寝てしまいたい気分です。

良くなるというのは具体的にどんなふうになることか。押し込めて封じ込めている不都合な部分を表現する適切な方法とは。会うとみんな超ハイ状態で口が止まらないし、このすばらしい天気のオフを部屋に閉じこもって鬱蒼と過ごすことなど考えられないけれど、とにかくスペースが必要。一人一人は部屋に戻るとたぶん今の私みたいにぐったりげっそりしているはず。。。やっぱり重たい腰を上げて外に出て光を浴びてこよう。
2012. 05. 30  
今日は本当に面白いものをいろいろ見たし体験しました。最近の投稿を読み返したら自分では明確極まりないつもりでいながら完全にイってしまっている文章の羅列でやはり私はいま変なのだと実感しています。

そもそも今回のトレーニングはロルファー且つサイコロジストのPeter LevineのSomatic Experiencing®が基礎になっています。Peter Levineと長く付き合ってきたLaelが、このトラウマヒーリング療法をロルフィングと結びつけ、ロルファー向けにアレンジしているもの。ロルフィングはストラクチュアルワークがベースではあるけれど、次第にSEよりになったりクラニオセイクラルワークよりになったりします。私は明らかにこちらのタイプで、第一世代の超痛いクラシカルロルフィングとはかなり違ったアプローチです。
日本ソマティックエクスピリエンス協会
これについて説明をすると長くなるので詳細は協会に譲ってしまいますが、PTSD(心的外傷後ストレス障害)やパニックアタックに悩んでいる方への強力なツールです。残念ながら日本ではこれを患っていることを公言することは非常に憚られるので、治療法が分からず強い精神安定剤に頼ったり、外出もままならない状態に置かれている人が多いのが実情です。東日本大震災を経験した方が、20年30年後にこの症状に悩む可能性は非常に高く、このツールを存在を紹介することは不可欠だと私は強く思っています。

今日は昨日の続きでOrienting Responseを誘導する練習。定位反応などと日本語に訳すと意味不明だけれど、要するに「おや、これは何?」という反応。自分の気を引くものに対するこの反応を引き出しながら、自分の身体が本来持つリソース(あるいは強さでも自己治癒力でもいい)を拡大していくというもの。ある予期しないショックが自分のキャパを超えてしまってフリーズ状態になった状態がトラウマなので、自分のキャパを採寸し直してトラウマを超えるものに仕立て直す練習と言ってもいいかもしれません。いつもいつも、本当にいつも思うのは、人間には本来自分で自分を癒す力があるということ。ロルファーはセラピストという言い回しに根源的な抵抗があり、私も自分がだれかを治療するなどとは昔も今も思っていません。治療者は常に本人です。身体は本来自分で自分を癒す力がある。ただ余りにもそれを封じてしまっていて本人は気づかない。私の追求しているものは自分自身も含め、本人がそこに気づくきっかけなのです。

今日の午前中最初のトレーニングが、2人1組で自分の過去最高に幸せだった瞬間、全方向、一点の陰りもなく幸せだった瞬間を思い起こしてその身体感覚を味わってから、人生で最も怒った出来事を思い出してトラウマのイエローラインまで踏み込み、そのときの身体感覚で自分のパートナーにどうしてほしいかを言うというもの。これが本当に面白かった。目は魂を映すもの。過去世退行すると、今と全然違った人種で別の性別でも、目を見るとそれが自分だと必ずわかるように、目には魂が住んでいる。私のパートナー役のあまりに正直に感情を写した目に感動しました。彼はいつも穏やかなので、これは密かに衝撃だった。やっぱり普段シャッター閉めてるんだ、と。私も一瞬にして涙が溢れ出し、身体が硬直したり揺れだしたり、剥き出しになった私はパートナー曰くものすごくもろくなった。これの前段階で日野武道でもやる正面向かい合わせ、要するに面と向かってじっと見つめ合うということ、これをやってパートナーとしっかりコネクトしたのが私にとってはなにより大きかった。これは単独では絶対できない。家族でも恋人でもないけれど全信頼を置けて100%安全な存在として、傍らでずっと支えてくれる存在、この存在のあるなしは生存に関わる大きな問題になりうる。ところでこのペアリングは、誰とでもできるのだろうか。。。私にとって、今のクラスで彼より安全な人はおそらくいないので、ここは大きな謎のままです。

実はこの2日間で、大昔の変な記憶が生々しく蘇ってきて奇妙に思っていたところでした。本当にその時には何の強い感情も残していなかったどうでもいい記憶が次々と現れてくる。私はどちらかというとおめでたい人間で、他の横綱級トラウマ経験者達に比べれば私の小さなトラウマ体験など全く語るに値しない戯言だと思っていたけれど、身体は私の認識とは全然別の反応をするので驚きでした。実はトラウマはその事件の大きさに比例するのではなく本人の捉え方による。同じ誘拐体験をうけた児童達が数十年後トラウマの後遺症に悩む人とそうでない人に分かれた事実がこれを裏付けます。私たち日本人は、自分自身の感覚を抑圧して信じないようにする訓練をあまりにもしてきているので、トラウマ否認に陥りがち。身体の超硬いマッチョな欧米人よりも華奢な日本人の方が凄まじく力が抜けない状態を保持しているのをいつも面白く思ってきたけれど、このメンタリティは大きく関わっていると思います。

続く午後の初めてのテーブルワークで、クライアントになった私は自分の体の不自由さにまず衝撃をうけた。左は私たちがキャラクターノットと呼ぶ慢性的コリが負の電流を撒き散らしていて、もう全くあちこちがショート状態。そして自由だったはずの右側を終えたらものすごい攻撃的な怒りの感情がこみ上げてこれにもショック。でも全部終えると予想を全然していなかった平和な結果になっていてこれにもびっくり。マジックはなにもつかっていないのだけれど、そして普段はロルフィングはマジックではないといろいろ苦労して説明しているのだけど、実感はマジックなんだよなー、とまたしても思うのでした。

明日は中日で休日。ワークショップ中の休日は大抵不評だけど、今回に関しては全身全霊で待ちわびていた人が本当に多いとわかります。私も個人的な宿題をもらったので、それを一日かけて探検するチャンス。夕飯を共にしながら、ワインも手伝って完全に飛んでここには決して書けないような内輪話をしまくった先生達と明日は川辺のデートです。明日のオフもまたものすごく楽しみ。

ところでロルファーは遠くから見ても、面識がなくても、この人ロルファーだとすぐわかる。一言でいうと、存在感。それがいわゆる影響力があるという一般的な意味でなく、「今ここに、自分と共にいる」という意味での存在感。常に身体と対話をしているからこういうたたずまいになっていくのでしょうが、これはとても尊い感覚で、本当は大声でこの大切さを言って回りたい気分です。そしてロルファーが数人集まると会話のマニアックさと熱意がまた異常な雰囲気を醸し出す。世間一般の関心とかけ離れているところに情熱と人生をかけている私たちはたしかに変人なのだけど、これが楽しくてなにものにも変えられない。。
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
ホメオパス(RSHom)でもあります。

ロルフィング
ホメオパシー
SE(トラウマ解放ワーク)
エネルギーワーク
を複合したセッションで皆様のお手伝いをしています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・英国登録ホメオパス(RSHom)
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー施術者
・ソマティックエクスペリエンス施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com


・・・・・・・・・

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR