FC2ブログ
< >
2015. 01. 20  
何故いきなり肉の話題か。人生予期しない展開になるものです。
今日クライアントさんからJamon Serrano Iberico Bellotoというものをお土産に頂きました。
IMG_2695.jpg
↑娘が2切れほどつまみ食いした後に撮った写真。(娘:美味しい!臭みがない!!)しかし食べ物の写真撮るのって本当に難しいのですね!生ハムだから当然だけど、生々しい・・・。

Ibericoには
--Cebo
--Recebo
--Belloto
というランクがあって、これはBellotoだからね!!と何度も念押しされたのでちゃんと書きとめておいて、あとで調べてみたら、これはハモンイベリコ・デ・ベジョータと呼ばれるもので、イベリコ豚の最高級の生ハムのことだったとわかりました。これの美味しい頂き方は、
常温
切りたて
できるだけ薄く切ること(薄切りの専門家がいるそう)

どんぐり100パーセントで一夏中にうんと太ることができた極めて体格のいいイベリコ豚の生ハムはとろけるような柔らかさ。脂肪の部分は、本当に溶けてしまう。そしてなにより驚いたのがその香り。肉というよりナッツを食べているようなほのかな香ばしい香りがするのです。驚きました。ひからびていて硬い、しょっぱい、というイメージだった生ハム。同じ食べ物ではない。。

色々説明してもらったことが全部このサイトに書いてある!

この生ハムは彼の職場近くのSchillerstraßeで毎週火曜日と金曜日にたつ市場に来るハム専門の屋台Shinken Beckerで買えるそうです。このハム屋さんはスペイン、イタリアなどから輸入した選りすぐりのハム(日本だと一本18万円・・)をトラックの天井からいくつもぶら下げていて、その場でひょいひょいと切って売って量り売りしてくれます。べつにここに限らず、Klein Markthalleなどでもこの手のお店はたくさんみかけます。こんな高いものよう買う人いないでしょ、といったら、そこがリッチな証券マンの多い通りだからかかもしれませんが、ひっきりなしに売れていくそうです。ドイツも大型スーパーが席巻していますが、美味しいものをちょっとだけいただく市場文化はなくならないだろうなと思います。

”ドイツ人は肉とジャガイモしか食べない貧しい食文化の連中”という先入観を持つ人は多いのですが、いや半分は当たっているのですが、これがものすごく奥が深いとわかったのは、実は最近です。大抵のドイツ人は、自分のひいきにする食材に対しては、もうこだわりの限りを尽くす。

肉好きのドイツ人が肉を選ぶときの目はハンターそのもので、牧場の牛と目が合ったときにうまそうだ、などととっさにつぶやくことは私には出来ないのですが、池で憩うカモを見たって、これから焼かれる運命の血の滴った串刺しの豚を見たって、変わらず食欲が湧く彼らには畏敬の念さえ湧きます。

肉には引きっぱなしですが、野菜奉行の私は野菜になら同じ事出来ます。市場に出入りするようになって、リンゴにこれだけのアイデンティティーがあって、それぞれが確固たるファンを獲得していることもわかったし、ジャガイモは普通に3種類以上はあって、どんな料理をしたいかによって買い分けるということも知りました。ある人が絶対にいつも同じ人から野菜を買うし、ある人が絶対にいつも同じ人から肉を買うということも解りました。店によって味が全然違うのです。私もあるおやじから買った野菜のあまりの衝撃に、それからというもの30分待ってでもその人から買うようになりました。

大きなカテゴリーでいうと、ドイツの食文化は本当に質素で、種類が少ないのだけれど、サブカテゴリーにはバラエティがかなりあるのです。細部にこだわるドイツ人らしい。

話が逸れましたが、わざわざ買っていただいたこのありがたい超こだわりイベリコ豚の生ハム。一気に2枚をおやつに食べて水で流し込んでしまった娘の悪行には目を瞑ることにして、あしたから1週間はボール一杯のサラダにこのハム2枚が主菜♫
2015. 01. 11  
昨晩、クライアントさんのお誕生会兼新居お披露目会に行ってきました。彼女の人生にとって重要な人だけに集まってもらう、会わせたい人がいるから絶対来て、とかなり前から言われていました。このためにケンブリッジからかけつけたという恩師の教授はじめ、先生やごく親しい人だけが少数集まったアットホームな会にはラテン語をしゃべる人が何人もいて、彼女が博士論文をラテン語で書いていたとここで知りました。彼女アラビア語が堪能なだけじゃなくてラテン語も堪能だったのか。そういう方々に「これが有名な孝美」と紹介していただいて光栄でした。彼女はロルフィングを自動車工場のようなものと紹介しているそうです。内部のボルト一つの不具合をささっと見つけて治してくれるところだと。ここで紹介するロルフィングとだいぶ印象が違いますが、もう3年以上のつきあいになる彼女がそういう印象をもつなら、これが彼女にとってのロルフィング。

昨日の会はいろいろな意味で面白かったです。本当は普段絶対に拝めないような珍しい面々にラテン語で会話してもらいたかったし専門家達にたくさんインタビューしたかったのですが思いはかなわず、ある方が資格社会ドイツでどう自活して行くかの内部情報を滔々と説明してくださって会は更けて行きました。ちょうどタイムリーな関心だったので、ま、いいか。

たとえば需要や関心はすごく多いのに資格としてきちんと確立していないから困る分野ってありますよね。代替医療と言われる分野もそうだし、スポーツ分野もそうです。

たとえばスポーツ方面で身を立てたいと思ったら。超有名な選手になれれば話は別ですが、日本だとスポーツ方面で身を立てるのは厳しいという一般認識があるので、早々にスポーツをとるか学業をとるかの選択を迫られる。スポーツ万能で頭もいい、という人気者はせいぜい小学生で消滅してしまいます。スポーツ関係にすすむなら学業はいらない、スポーツ選手はオツムが弱いみたいなことになってしまうのは本当に残念なシステムです。スポーツができる人は他の分野も同時にかなり発達しているのが本来で、スポーツでは身を立てられないといういう理由でしぶしぶ既存のルートに収まっていく人が多いのは残念です。

たとえばアスレチックトレーナーという資格は日本ではメジャーではありません。アメリカでは身体能力も頭脳も認める資格として確固とした地位を確立していて、アスレチックトレーナーがロルファーを兼ねることも多く、今ではアメリカの大学でその資格をとって実績をつくってから日本に帰国し活躍する人も増えてきました。以前こちらでご紹介した佐藤耕祐さんもその一人で、彼は最近めでたくロルファーとなり六本木でセッションを始められたそうです。(いま特別価格でモニター募集中だそうなので予約お早めに!締め切っていたらすみません。)

ドイツでもパーソナルトレーナーやコーチングはれっきとした資格で、かなり頭脳が求められます。責任が重いし、医学知識はじめ多方面の知識が求められるから。たとえばヘッセン州で水泳のコーチになりたかったら、まず大学でスポーツ理論や医学、マッサージ、アナトミー、理学療法などを学んだ後に1年かけて実践的なものを学ぶディプロマコースにすすみます。(これは学士と修士の中間のようなもの。)ディプロマをとったあと初めて自分の専門にしたい分野での専門教育を受けて、やっと一人前の肩書き。でもこれでも独立開業はできなくて、チームに雇われるかアプトやDrなど、さらに上の資格を持ち独立開業できる人の下につく。もっともディプロマというのは最近できた資格で、以前何十年もドイツブンデスリーガで選手を支えた有名な理学療法士の頃にはありませんでした。時とともに、資格が増えたり統合されたりします。

ドイツでは独立自営としてみとめられる資格は難関で、他の国では認められる資格が認められないことがあります。たとえばホメオパシー、オステオパシーなどは単独では開業出来ず、これで開業したかったら国家資格であるメディカルドクター(MD)かハイルプラクティカーの資格を取らないといけません。MDよりははるかに簡単にプラクシスを開業できるハイルプラクティカーは人気ですが、以前と違っていまはものすごい難関になってしまいました。

もっともMDよりさらに難しい資格がなんとアポテケのチーフだそうです。ドイツのMDの優秀さについては世界中に異議申し立てをするひとはいないでしょうが、それを超える超難関をくぐりぬけたのがアポテケの奥に座ってるあの人たちだったなんて。どおりで以前から厄介なことを聞くたびに奥から引き出されてくる人は何でも知ってると思っていた。以前ここでもご紹介したapotheke am holzwegの店員さんはどの方も生き字引のようで、症状をパパッというとささっとナチュラル系の処方をしてくれるので、はっきりいってドクターにかかる必要ないと思ってました。後で知りましたが、ここは街一番と評判アポテケだそうです。ちなみにそれだけの超難関をくぐり抜けたアポテケのチーフですが、お給料はそれほど高くはない。難関資格で有名な医者弁護士といえば所得でもトップですが、おなじ医療業界でもアポテケ関係やハイルプラクティカーなどは高収入には必ずしも結びつきません。ちなみにPhDを持っているからといって高所得者になるとも限らない。資格≠収入。

資格≠収入とおなじ矛盾がもうひとつあって、それが資格≠実績。MDの中には代替療法を鼻で笑う人もいる一方、専門課程で自然療法を選ぶMDや、コンベンショナルな治療がどうも望む結果に結びつかないと後で自然系や代替療法に鞍替えするMDもいます。日本のように政治により熱心なドクターよりも本業により熱心な誠意のあるドクターが多いのは本当にありがたい。

ここまできて、ではこういった肩書きの全然ない私がどうやってやっていっているかという本質的な問題に踏み込みます。こういう誠意のあるドクターや、自然系の治療を望む一般市民が多いことで、ドイツはいわゆる無資格のセラピストが生きて行ける国でもあります。保険のきかないこういった治療に対してかなり開かれているのです。加えてドイツ人は実は東洋人に対してかなりの信頼を持っている。中医学に絶対的信頼を持っていて鍼治療をする施術者は多いし、経絡のことも詳しい人が多い。中国人の鍼治療などにはMDが通いつめるし、タイマッサージ、瞑想、ヨガ、気功、合気道をはじめ武道などもすごく人気です。ロルフィングもまさにそこに位置します。

実力を正当に評価してもらえる開かれた土壌でセラピストとして真剣勝負したい、という方には、ドイツはお勧めの地かもしれません。
2014. 09. 06  
オーバーウアゼランダーになり、だんだんこの街にもなじんできました。最寄り駅のAltstadt(旧市街)には、前に住んでいたところのような木組みの家が立ち並び、毎週土曜日には広場に市がたちます。以前アドベントのところでご紹介した中世の市場がこれ。あの豚の丸焼きは、一年に一度、たった3日間だけの出店で、しかも焼くのに3時間かかるから3時間待ちなどということもあるそうで、あのときぽっと行ってすぐに買えたのは実は超ラッキーだったとわかりました。遠方からわざわざ来る人もいるアドベントの名物です。
IMG_2431.jpg
IMG_2444.jpg
IMG_2435.jpg
週末の早朝、小さな通りには人が溢れ、午後1時にはもう店じまいしてしまう農家の人たち。最初はもっと働け〜、などと思っていたのですが、もしかしてこれ、野菜に負担をかけないようにしているのかもしれない。

ドイツに来て、有機栽培であるかより生命力があるかどうかで野菜を選ぶようになって、このエネルギーの尺度をもつと有機スーパーより市場に断然軍配があがるのがわかりました。さらに農家によって強さがちがうしもちろん味も全然違うことも。今日初めて買ってみた農家の野菜は、夕方まで常温で台所におきっぱなしだったのに、ネギはまだぴーんと立っていて、サラダ菜はぱりっと瑞々しい。びっくりしました。朝採りだったから?輸送のストレスがなかったから?それとも午前中に買いに行って午後のつよい日差しにやられてなかったから??この元気さは歴代1位。娘でもこの瑞々しさにはびっくりして絶賛し、サラダ一気してました。トマトは味の違いがわかりやすいけれど、サラダ菜でこれだけ唸らせるのにはびっくり。来週は別の店で食べ較べしてみます。いやああれは感動した。市場のほうがスーパーよりうんと高くつくけれど、この生命力を知ってしまうと、くたっとしたスーパーの野菜はもう買えない。。

IMG_2446.jpg
目抜き通りにある、地元民なら誰でも知っているお肉屋さんのクライン。お城ホテル御用達の店。品質には定評があり、品揃えも多く、その場で加工してくれるしとにかく美味しいので大人気です。娘はここのロールキャベツが大好物。ただ高級なので今日は写真とっただけ。

オーバーウアゼルは歩いて10分くらいの範囲で市役所や銀行はじめ、必要なものがほとんど揃ってしまう小さい街で、でもこのコンパクトな街に意外なほど気の利いた店が集中しています。美味しいレストランやカフェも多い。じきにUPします。

IMG_2447_20140906215531d54.jpg
土曜日になると近所が一斉に始める庭の手入れ。午後1時になるとルーエツァイトといって静かにしなければいけないルールがあるので、なんとしてでも午前中に買い物をすませ芝刈りを終えないといけない。ここは昔ながらの時間枠で生活が営まれていて、土曜日は午前中に買い出しと庭の手入れを済ませたら、その後は家仕事、そして日曜はゆったり家ですごす。土曜午後になると目抜き通りは閑散、日曜日は人通りほぼゼロ。なんて窮屈、みんなよくやるよ〜と思ったのは最初だけで、いつのまにかいそいそと同じことをしている自分がいる。そしてそれがもっとも快適で理にかなっていると解る。次は生け垣の剪定。嫌々手伝った娘はいつのまにか真剣になっていて、日本には生息していないイモリの捕獲に成功していた。(これレメディにしたらどういう効能があるんだろう。)いずれはここに、ちょっとマニアックな植物を植える予定♫









2014. 03. 02  
あっという間に3月になってしまいました。思いのほか暖かい冬を過ごし、本当にこれで春?とやっぱり半分疑いつつも、行事の上では今日は冬に別れを告げるファッシング。今年2014年はイースターが遅いので、人々が思いっきり羽目をはずすRosenmontag(バラの月曜日)も今年は遅くて明日です。

イースターから逆算して46日前にあたる3月4日(Fastnacht)から敬虔なカトリックは断食に入るので(この間肉食のドイツ人が肉を断つ)、断食前の明日は誰もがクレイジーになることを許される特別な日。今では一体どれくらいのカトリック教徒がこの習慣を守っているかはわかりませんが、とにかく普段自分を抑えて真面目に生きてるドイツ人は、羽目を外せるこういうイベントをなにより大事にしていると感じます。

ちなみに女性が羽目を外す事のできる日は木曜のWeiberfastnacht (女性のカーニバル)で、フランクフルトは先週でした。この日女性はハサミで男性のネクタイを切って、キスしてもいいことになっている。何も知らず退社後のデートや会合のためにおしゃれして行った男性はエラい目に会う日です。もっともお互い事前に情報が行き渡るので、夫もこの日は切られてもいいネクタイしかしていきませんが。

今日から3日間はパレードがフランクフルト市内と近郊で行われます。
今日がレーマー
明日がシャガールのステンドグラスのある教会で有名なマインツ
あさってがここから近いHeddernheim.

街には仮装してなんだかウキウキした感じの人たちが溢れるこの3日間。いつも動物にしか化けない娘は今年もキツネに変身し、毎年衣装を変える友達が今年も可愛いお姫様になるのを手伝い、連れ立って出かけて行きました。幼稚園の頃から悪巧みの巧妙さで幼稚園の先生方を唸らせていた幼なじみのこの2人はそれぞれお年頃になり、昔から可愛かった友達が見事に可憐に美しくなっていく傍らで娘は着々と野獣路線を貫き、この落差を気にする風でもない。そして2人は変わらず仲がいい。端から見てもつくづく不思議な関係です・・。

子供と仮装してこのパレードを観に行ってKlaa Paris!と大声で叫んでいたのは、思い返すと10年も前。あの頃一緒に行っていた友人は今はもうこの世にはいなくて、娘はもう私とは行ってくれない。(一緒に出かけるのはお財布目当ての時)
あさって久々にHeddernheimに行ってみようかなと思っています。放り投げられたキャンディ類をまた反射的にかき集めてしまうかも・・。
2013. 08. 25  
5行については、薬膳の本やハーブの本、いろいろなサイトを参考になさってください。分類は人によって若干違うのと、いくつかの食材は複数の行に属するので、混乱があるかもしれません。私は薬膳を参考にしていますが、自分の味覚の方をより重視してます。

酸:春(肝臓ー・胆嚢+)緑色
ライム、レモン
梅干し
梅酢(これを使った時は鹹をうんと少なく)
りんご酢(Apfelessig)
米酢
バルサミコ酢(黒):+ココア(苦)+黒すぐりジャム(Die Fruchtauftrich Schwarze Johannisbeere=甘)がすごく美味しい。
バルサミコ酢(白):レモン、ライム、フェンネルと合う。

苦:夏(心包/三焦ー・小腸+)赤色
アーモンド、クルミ→砕く
生のタマネギ→擦る
シソ
ココア
シナモン
YL社のエッセンシャルオイル:peppermint, lavender,rosemary
(ペパーミントは冷えるので、冷え性の人は使い過ぎに注意)

甘:季節の変わり目(胃ー・脾臓+)黄色
IMG_5862.jpg
フルーツ100パーセントのジャム(Die 100%Fruicht-Süßung Fruchtige )
麦芽糖(Reismalz)
はちみつ(これは是非いろいろ使い分けてください。白い結晶入り、ラベンダー、栗などが私の好み。フランクフルトでは黒い透明蜂蜜が名物)
りんごのすりおろしかApfelmus, Apfelmark

辛:秋(肺ー・大腸+)白色
マスタード(たいていこれ一つで甘、酸、辛全部補える)
こしょう
わさび
香味野菜
スプラウト

鹹:冬(腎臓ー・膀胱+)黒色
醤油(醤油ベースのときには、甘にみりんをつかうと美味しい)
塩(ナチュラル系スーパーではいろいろなフレーバーの塩が棚いっぱいに置いてあります。ヒマラヤザルツシリーズはお勧め)

だし汁
みそ(ほんの少量を隠し味にします。豆乳など極陰素材とのバランスをとるのにいいのですが、味噌と分かるくらい入れてしまうとNG)

それぞれのカテゴリーからピンと来たものをピックアップして混ぜるだけ。やっているうちに勘が冴えて、絶品の組み合わせが生まれたりします。自由に楽しんでみてください。
プロフィール

rolfertakami

Author:rolfertakami
鎌田孝美(Takami Kamata)

http://www.takamirolfing.com

・・・・・・・・
ヨーロッパロルフィング協会に所属する、
ヨーロッパで第2号の日本人ロルファーです。
ホメオパス(RSHom)でもあります。

ロルフィング
ホメオパシー
SE(トラウマ解放ワーク)
エネルギーワーク
を複合したセッションで皆様のお手伝いをしています。

・・・・・・・・

内側に深くしまいこんだこだわりを、抱きとめ、見つめ、解放し、
かわりに内側で眠る可能性に光を与える。
身体が目覚め、失ったものを取り戻していく過程を
みなさまと楽しんでいきたいです。

・・・・・・・・

・ヨーロッパロルフィング協会認定
公式アドバンスロルファー
・同ロルフムーブメントプラクティショナー
・英国登録ホメオパス(RSHom)
・直傳靈氣師範
・全米ヨガアライアンス認定
ヨガインストラクター
・陰ヨガインストラクター
・ソースポイントセラピー施術者
・ソマティックエクスペリエンス施術者

・・・・・・・・

<セッションのお申し込み&お問い合わせ>

rolfertakami@gmail.com


・・・・・・・・・

カテゴリ
Q&A (1)
検索フォーム
カウンター
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
読者登録する


提供:PINGOO!
QRコード
QR